F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
”公道レース”関連法案の成立はいつ?
WRC日本は記載されず。JAF国際スポーツカレンダー登録一覧
ボッタス、トヨタを駆る! 母国フィンランドでヤリスWRCをテスト
テーマは”モタスポ好きの聖地”。J SPORTS、2019年モータースポーツを圧倒的ボリュームで放送
華麗なテクニックに”感銘”。Mスポーツ、ボッタスのラリー再挑戦を期待

自由民主党のモータースポーツ議員連盟が中心となってまとめられた「自動車モータースポーツの振興に関する法案」。しかしその存在が明らかになってから4年が経った今も、まだ成立していない。現状ではどうなっているのか? モータースポーツ議員連盟会長の古屋圭司議員に話を訊いた。

JAFが2020年のFIA国際スポーツカレンダー登録申請一覧を発表。2020年からの開催が目指されているWRC日本ラウンドは、この申請一覧に記載されなかった。

スポーツ専門テレビ局のJ SPORTSは、今年のテーマを「モタスポ好きの聖地」と制定。圧倒的な量と質でモータースポーツコンテンツを発信していくことを明らかにした。

トヨタ加入のオジェ、タナク離脱の理由は「本人じゃないから分からない」

セバスチャン・オジェは、オット・タナクがトヨタを離れた原因について関心がなく、推測をすることはないと語った。

ヒュンダイに移籍のタナク、トヨタは“円満離脱”?「来年はライバルだね」

2020年からヒュンダイに移籍するオット・タナクは、交渉が決裂したトヨタに対して不信感はなかったと語った。

トヨタのWRC体制一新でシートを失ったクリス・ミーク、このまま引退か?

2020年のWRCにおけるトヨタのシートを失ったクリス・ミークは、ラリーの第一線から退く可能性が高そうだ。

TOTALが明かす、WECとWRCの燃料&オイル”裏事情”。2030年の市販ガソリンも開発中?

motorsport.comは、トタルのコンペティションディレクターであるロマン・オブリーにインタビューを行なった。

トヨタが2020年のWRCドライバーラインアップ発表。帝王オジェら加入で体制一新

トヨタはWRC(世界ラリー選手権)のドライバーラインアップを一新し、セバスチャン・オジェ、エルフィン・エバンス、カレ・ロヴァンペラの布陣で2020年シーズンを戦う。

トヨタ豊田社長、今季限りでWRCチームを離れる3人のドライバーに「ありがとう」

トヨタ自動車の豊田章男社長が、2020年のTOYOTA Gazoo Racing WRTのドライバーライナップ発表に際してコメントを発表。今季限りでチームを離れることになった3人のドライバーに対して、感謝の想いを語った。

「世界タイトルを取り戻したい」トヨタWRC加入の“帝王”オジェ、2020年へ意気込み

WRC2020年シーズンをトヨタで戦うことになったセバスチャン・オジェ、エルフィン・エバンス、カレ・ロヴァンペラの3名が、来季に向けた意気込みを語った。

ラッピ、シトロエンのWRC撤退にショック「残されたチャンスはMスポーツだけ」

エサペッカ・ラッピは、シトロエンがWRC(世界ラリー選手権)から撤退するというニュースにショックを受けており、残るMスポーツのシートを手にするべく、最大限の努力をすると誓う。

オジェ、シトロエン発表の撤退理由に驚き「他のドライバーたちに失礼だ」

今季限りでのWRC撤退を発表したシトロエン。その理由は、セバスチャン・オジェがチームを離れることになったからだと明かしているが、当のオジェも、シトロエンを離れることを認めた。

シトロエン、今季限りでWRC撤退! 「オジェの離脱が原因」と説明

シトロエンは、今季限りでWRC(世界ラリー選手権)から撤退することを明らかにした。同社曰く、その理由は2020年シーズンに起用できる、一流のドライバーがいないからだという。

WRC王者タナク来日! トヨタのドライバーが集結しヤリスの進化を称賛

トヨタのWRC2019年シーズンを報告するイベントが行なわれ、今季限りでチームを離脱するオット・タナクをはじめ、各ドライバーやチーム関係者が集結。成功裏に終わったシーズンを振り返った。

スバルに2022年WRC復帰の噂。XVハイブリッドがベース車両に?

2022年、WRCは大幅なレギュレーション変更が予定されている。このタイミングで、スバルがWRCに復帰するという噂が持ち上がっている。

ヒュンダイ、参戦6年目で悲願のタイトル。「驚くべきことを成し遂げた」とヌービル

2019年のWRCでマニュファクチャラーズタイトルを獲得したヒュンダイモータースポーツの面々が、6年目のタイトルに喜びの言葉を寄せた。

トヨタ豊田社長、WRCチームに感謝「全タイトル獲得は、1年後に日本で」

トヨタ自動車の豊田章男社長が、最終戦ラリー・オーストラリアが中止となったことで、シーズンの幕引きとなった今季のWRCについてコメントを発表。全タイトルを獲得するという目標は、来年のラリージャパンで叶えたいと語った。

セントラルラリーを駆け抜けたヤリスWRC。PRだけじゃない、トヨタの”目的”は?

セントラルラリー愛知・岐阜に、勝田貴元のドライブで参戦したヤリスWRC。トヨタがこのマシンを投入したのは、PRだけが目的ではないようだ。

ラリージャパンの試金石。セントラルラリーのコースにドライバーから称賛の声

WRCラリージャパンのテストイベントとして開催されたセントラルラリー愛知・岐阜。参戦したドライバーからは、コースに対して称賛の声が挙がった。

魅力的なステージの連続……テストイベントに見た、新生ラリージャパンへの期待

2020年に開催される予定のWRC”ラリージャパン”のテストイベントとして行われた、セントラルラリー愛知・岐阜。ひと昔前では考えられなかったような、民家の前を駆け抜けるコースレイアウトなど、本開催に向け十分期待を抱かせる内容だった。

WRC最終戦ラリー豪州の開催中止が正式決定「ラリーを開催するのは適切ではない」

ラリー・オーストラリアの主催者は、今週末に開催が予定されていたWRCの最終戦について、周辺地域の山火事の状況を考慮し、中止を決定したことを明らかにした。

ラリー豪州中止決定の遅れに、サービスパークで苛立ちの声「信じられない状況」

中止が決まったWRC最終戦ラリー・オーストラリア。ただ中止が決定されるのが遅れたことについて、サービスパークでは苛立ちの声が上がっていた。

WRC最終戦ラリー豪州、山火事により開催中止。ヒュンダイがタイトルを手に

ラリー・オーストラリアは、山火事が急速に広がり、イベントのメイン会場であるコフス・ハーバーに危機が迫ったため、開催が中止されることになった。

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。