フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
293 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

formula-e News and Analysis

グリッド
リスト

デ・フリーズが今季2勝目。好調モルタラをスタートでズバッと攻略|フォーミュラE第8戦

フォーミュラE第8戦ベルリンePrixの決勝レースでは、ニック・デ・フリーズ(メルセデス)が今季2勝目を飾った。

逆回りでも速かった! モルタラが他を寄せ付けずベルリン2戦連続PP|フォーミュラE第8戦

フォーミュラE第8戦ベルリンePrixの予選では、エドアルド・モルタラ(ヴェンチュリ)がポールポジションを獲得した。

モルタラが自身初のポール・トゥ・ウィン! クリーンな頭脳戦を制す|フォーミュラE第7戦

フォーミュラE第7戦ベルリンePrix レース1の決勝レースが行なわれ、エドアルド・モルタラ(ヴェンチュリ)がポール・トゥ・ウィンで制した。

ヴェンチュリのモルタラが自身初PP。”繰り上がり”進出から這い上がったシムスを下す|フォーミュラE第7戦予選

フォーミュラE第7戦ベルリンePrix レース1の予選は、エドアルド・モルタラ(ヴェンチュリ)がポールポジションを獲得した。

マクラーレン、フォーミュラEへの参戦を正式発表。メルセデスのFEチームを引き継ぐ

マクラーレンは、2022-23シーズンからフォーミュラEに参戦することを正式に発表した。今シーズン限りで同シリーズから撤退するメルセデスのチームを引き継ぐ。

サンパウロ、フォーミュラE開催で合意。かつてインディカーが走った市街地コースを使用か

サンパウロ市は、ブラジルでは初となるフォーミュラEの開催契約を結んだ。早ければ2023年にもレースが開催される見込みだ。

デ・フリーズ、次世代マシンGen3は「技術的にもチャレンジング!」ピットストップ導入の可能性も示唆

メルセデスからフォーミュラEを戦うニック・デ・フリーズは、次世代マシン「Gen3」はテクノロジーの進歩により、従来のGen2よりもチャレンジングなモノになると考えている。

バンドーン感涙、アタックモードで”抜けるモナコ”を制す! ポルシェには悪夢|フォーミュラE第6戦

フォーミュラE第6戦モナコePrixの決勝レースが行なわれ、メルセデスのストフェル・バンドーンが今季初優勝を挙げた。

連勝中の”絶好調”エバンス、モナコでも勢い止まらず! ウェーレイン下しPP|フォーミュラE第6戦予選

フォーミュラE第6戦モナコePrixの予選は、ジャガーのミッチ・エバンスがポールポジションを獲得した。

フォーミュラE、“戦闘機”から着想を得た「Gen3マシン」をフル公開。来シーズンデビューへ

フォーミュラEは、2022-23年シーズンにデビュー予定の新世代マシン「Gen3」を公開した。

【ギャラリー】これがフォーミュラEの”未来”。新世代マシン「Gen3」が公開

フォーミュラEが、2022-23年シーズンから使用する新世代マシン「Gen3」を公開した。

ジャガーのエバンス、ローマ連勝! アタックモード温存作戦がまたもハマる|フォーミュラE第5戦ローマePrix

フォーミュラE第5戦ローマePrixの決勝レースは、ミッチ・エバンス(ジャガーTCSレーシング)が第4戦に続き優勝した。

ベルニュが今季初のポールポジション。デニスとの対決を制す|フォーミュラE第5戦ローマePrix

フォーミュラE第5戦ローマePrixの予選が行なわれ、DSテチータのジャン-エリック・ベルニュが今季初ポールポジションを獲得した。

バンドーン、開幕戦以来今季2度目のポールポジション獲得! フラインス2番手|フォーミュラE第4戦ローマePrix

フォーミュラE第4戦ローマePrixの予選は、メルセデスのストフェル・バンドーンがポールポジションを獲得した。

”公道レース”法案、関係省庁の明確化で提出に大きく前進。山本左近議員「これまでとは違います」

今国会に提出が目指されている「自動車モータースポーツの振興に関する法案」いわゆる公道レース法案は、新型コロナの対策でモータースポーツの関係省庁が明確化されたことで、提出について大きく前進したと、山本左近衆議院議員が語る。

自民党モータースポーツ議連、”公道レース法案”を今国会に提出することを目指すと明かす

自由民主党のモータースポーツ振興議員連盟の総会で、同連盟会長の古屋圭司衆議院議員が、公道レースの実現などを目指した『自動車モータースポーツの振興に関する法律案』が今国会に提出される予定であることを明かした。

女性レーサーが明かした”五輪”の夢。シモーナ・デ・シルベストロ、『氷上のF1』ボブスレー挑戦

シモーナ・デ・シルベストロは、冬季オリンピックに出場するという長年の夢を実現するため、ボブスレーを始めたと明かした。

元F1ドライバーのシャルル・ピックが名門DAMSを買収。2022年はFIA F2で岩佐歩夢がドライブ

FIA F2やフォーミュラEに参戦するDAMSレーシングチームは、元F1ドライバーのシャルル・ピックがチームを引き継ぐことで合意した。

勝利を逃したベンチュリのモルタラ、ライバルのポルシェが採った“プラス1周”作戦への対処の遅れを嘆く

エドアルド・モルタラ(ベンチュリ)は、フォーミュラE第3戦メキシコシティePrix決勝でのリードを勝利に結び付けられなかったのは、チームの作戦が適切ではなかったためだと語る。

2位ロッテラー、僚友ウェーレインによるポルシェのフォーミュラE初優勝を称賛も「僕じゃなくてちょっとガッカリ」

ポルシェからフォーミュラEに参戦するアンドレ・ロッテラーは、チームメイトのパスカル・ウェーレインはメキシコシティePrixでの勝利に値するとしながらも、自身がポルシェに初勝利を届けられなかったことには「がっかりしている」と語った。

ポルシェ、時間ギリギリでの”プラス1周”は計画通り。完璧なレース管理で掴んだFE初勝利

フォーミュラE第3戦で優勝したパスカル・ウェーレイン(ポルシェ)は、当初から他チームよりも周回数が1周多い想定でレースを戦っていたようだ。

ポルシェ、フォーミュラE初勝利をワンツーで飾る。抜群のマネジメントでウェーレイン優勝

フォーミュラE第3戦メキシコシティePrixの決勝レースが行なわれ、ポルシェのパスカル・ウェーレインが優勝した。

フォーミュラE、パワフルなGen3マシンに合ったレイアウトへサーキットを修正か「改善の余地は充分にある」

フォーミュラEのジェイミー・ライグルCEOは、よりパワフルな電動パワートレインが搭載される予定のGen3マシン導入に合わせ、いくつかのサーキットではレイアウトを修正する可能性があると語った。

冬季オリンピックで、F1マシンが注目を集めた日……2006年トリノ五輪開会式

北京で始まった24回目の冬季オリンピック。2006年のトリノオリンピック開会式では、ルカ・バドエルが乗るフェラーリのF1マシンが走行。世界中の視聴者の度肝を抜いた。

ポールからまさかの10位。デ・フリーズ「アタックモード起動も遅れたけど、十分な速さがなかった」

メルセデスのニック・デ・フリーズは、フォーミュラE第2戦ディルイーヤePrixで10位に終わった原因は、ペース不足とアタックモードの起動が遅かったことだと考えている。

フォーミュラE第2戦:モルタラが優勝! 最後はSCフィニッシュ、アタックモードの使い方がカギに

フォーミュラEの第2戦ディルイーヤePrixの決勝レースは、ベンチュリのエドアルド・モルタラが優勝を飾った。

フォーミュラE第2戦:0.005秒差! 開幕戦勝者のデ・フリーズ、僅差の"トーナメント決勝"を制しポール

フォーミュラE第2戦ディルイーヤePrixの予選が行なわれ、ニック・デ・フリーズ(メルセデス)がポールポジションを獲得した。

フォーミュラE開幕戦3位のデニス、スタート出遅れは「想像していた通りのことが起こった」

アンドレッティのジェイク・デニスは、フォーミュラE開幕戦ディルイーヤePrixのスタートでポジションを奪われることを予想していたという。

バンドーン、アタックモードのミスでフォーミュラE開幕戦の勝利を逃し落胆「全責任は自分にある」

メルセデスのストフェル・バンドーンは、フォーミュラEの開幕戦ディルイーヤePrixの決勝レースでアタックモードの起動でミス。その結果チームメイトのニック・デ・フリーズに勝利を奪われ、バンドーンは自身のミスを認めた。

フォーミュラE開幕戦:これが昨季王者の実力! デ・フリーズ優勝、メルセデスがワンツー

フォーミュラEの開幕戦ディルイーヤePrixの決勝レースは、メルセデスのニック・デ・フリーズが優勝を飾った。

フォーミュラE開幕、新フォーマットの予選はバンドーンがポール獲得!|第1戦ディルイーヤ

フォーミュラEのシーズン8開幕戦、ディルイーヤePrixの予選が行なわれ、新フォーマットの予選をストフェル・バンドーン(メルセデス)が勝ち抜いてポールポジションを手にした。

フォーミュラEのマシン習熟には時間が必要? ティクトゥム「完全に慣れるのが、開幕週の目標」

フォーミュラEルーキーのダニエル・ティクトゥムは、バレンシアのテストでマシンの基本を学んだとしながらも、マシンにより慣れることが週末の最大の目標だと語った。

いよいよ開幕のフォーミュラE。SCルールの調整で、レース終盤のバトルに懸念の声

メルセデスのニック・デ・フリーズは、フォーミュラEのセーフティカーに関するルール変更でレース終盤の混乱は避けられるものの、バトルが膠着状態になる可能性があると危惧している。

フォーミュラE、2022-23年シーズンの開催候補地としてインドを発表……同国での世界選手権はF1インドGP以来

フォーミュラEは、Gen3マシンを投入しての2022-23年シーズンの開催地として、インド中南部の都市ハイデラバードを候補地として発表した。

マセラティ、2023年からフォーミュラEに参戦。伝統のブランドが、モータースポーツの最前線に復活

マセラティが、2022-2023シーズンからフォーミュラEに参戦することを明らかにした。同ブランドの名前が、久々にモータースポーツに戻ってくることになった。

フォーミュラE、第4世代マシン『Gen4』では”水素燃料電池”採用の可能性も

第3世代マシンの導入を控えるフォーミュラEは、まもなく第4世代のレギュレーション策定を開始するが、水素燃料電池技術を採用する可能性があるようだ。

フォーミュラE初代CEOアガグ、メルセデスの撤退に「理解できない」

フォーミュラEの共同創設者であるアレハンドロ・アガグは、メルセデスがFEから撤退するのは理解できないと語った。

フォーミュラE、来シーズンの中国開催を断念。シリーズ最多16戦のカレンダーは維持

フォーミュラEが2022年のカレンダーの最新版を発表した。開催予定だった中国でのレースがなくなり、ベルリンとローマがダブルヘッダーイベントとなる。

ポルシェ、F1参戦ならフォーミュラE継続に影響? モータースポーツ部門責任者が認める

ポルシェは、2023-2024年シーズン以降のフォーミュラE参戦ついて、現在検討中のF1参戦が実現するかどうかの影響を大いに受けるだろうと認めた。

ジョビナッツィ、F1シーズン終了前にフォーミュラEを早くもテスト「全く違うカテゴリー」と困惑

今シーズン限りでF1を離れ、2021-2022シーズンのフォーミュラEに参戦することが決まったアントニオ・ジョビナッツィは、F1のシーズン終了を待たずにフォーミュラEマシンをドライブ。その感触について「全く異なるマシンだ」と語った。

第3世代のフォーミュラEマシン『Gen3』のティザー画像公開。”戦闘機”をイメージ

フォーミュラEとFIAは、2022-23年シーズンに導入される第3世代マシンのティザー画像を公開した。

メルセデス、2022年フォーミュラEマシンを発表。チームはGen2最終年の来シーズンがラストイヤー

メルセデスはフォーミュラEの2022年シーズンに向けたマシンを発表。同シーズン限りでFEを撤退するメルセデスにとっては、これが最後のマシンとなる。

3メーカーが撤退選んだフォーミュラE。巻き返しを確信するダ・コスタ「いずれ、F1とは違ったファン層ができる」

DSテチータのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタは、メーカーの撤退はフォーミュラEにとって打撃であることを認めながらも、立ち直ることができるはずだと語った。

フォーミュラE、問題が多かった予選やセーフティカーのルール変更で、より面白くなる?

マヒンドラのオリバー・ローランドは、不人気なグループ予選フォーマットを廃止するというフォーミュラEの決定を支持し、人工的な手段に頼る必要はないと語った。

ダニエル・ティクトゥム、来季はフォーミュラEに挑戦。NIOに加入し、ターベイとタッグ

フォーミュラEを戦うNIO 333は、ダニエル・ティクトゥムの加入を発表。オリバー・ターベイとタッグを組むことを発表した。

日産・e.ダムス、新マシンのカラーリングを公開。鮮やかな赤を基調としたデザインに

フォーミュラEに参戦する日産・e.ダムスは、2021-2022年シーズンを戦うマシンのカラーリングを発表した。

メルセデスのFEコンビがインディカーをテストへ。デ・フリーズはメイヤー・シャンク、バンドーンはアロー・マクラーレンSPから参加

ニック・デ・フリーズとストフェル・バンドーンは、12月初旬にセブリングでインディカーをテストすることとなった。

F1シート失ったジョビナッツィ、フォーミュラEに挑戦。ドラゴン・ペンスキー入りを発表

アントニオ・ジョビナッツィは、アルファロメオのF1シートを失った直後に、フォーミュラEのドラゴン・ペンスキーに加入することを発表した。

フォーミュラE、8年目の2022年は最多の全16戦に。ケープタウン戦がカレンダーから外れる

2022年のフォーミュラEのカレンダーが発表され、ケープタウンでのレースがカレンダーから外れた一方、インドネシアの首都ジャカルタでの初開催が決定した。

フォーミュラE、来季から“ノックアウト予選”へと変更へ。上位は1対1で勝負のユニークな方式に

フォーミュラEは2021-2022シーズンに向け、予選フォーマットを広く見られるノックアウト形式へ変更することを予定している。

ダニエル・ティクトゥム、2022年はインディカー・DTM・フォーミュラEへの転向を検討?

FIA F2に参戦中のダニエル・ティクトゥムは、2022年以降F2を去るとすれば、インディカーやDTM、フォーミュラEなどへの参戦を検討するだろうと語っている。

【フォーミュラE】ルーカス・ディ・グラッシ、2021-2022年シーズンはベンチュリに移籍。モルタラとのコンビに

ルーカス・ディ・グラッシは、フォーミュラEの2021-2022年シーズンにベンチュリから参戦することになった。

日産&ニスモ、『NISMO Festival』の開催見送りを発表。新型コロナ感染拡大で2年連続

日産自動車とニスモは、オフシーズンに毎年開催しているファン感謝イベント「NISMO Festival」の2021年の開催を見送ると発表。昨年から2年連続で開催されないこととなった。

オリバー・ローランド、マヒンドラ・レーシング加入が正式発表。日産・e.ダムスを離れ、”古巣”に復帰

フォーミュラEで優勝経験があるオリバー・ローランドは日産・e.ダムスを離れ、アレックス・リンに代わってマヒンドラ・レーシングに加わった。

日産・e.ダムスにマキシミリアン・ギュンター加入。セバスチャン・ブエミのチームメイトに

フォーミュラEに参戦する日産・e.ダムスは、マキシミリアン・ギュンターを起用し、セバスチャン・ブエミとのコンビで、2022年シーズンを戦うことを発表した。

“世界王者”となったニック・デ・フリーズ。見据える先はフォーミュラEでの栄光? それともF1へのチャレンジ?

今季からFIA世界選手権となったフォーミュラEで王座に輝き、晴れて“ワールドチャンピオン”の肩書きを手にしたニック・デ・フリーズ。彼はフォーミュラEで歴史を築くことを目指すのか、それともF1という千載一遇のチャンスに飛び込むのか?

ダ・コスタ、クラッシュ”してきた”ディ・グラッシを批判「もっとジムで鍛えた方がいいんじゃないか」

DSテチータのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタは、フォーミュラE最終戦ベルリンePrixの2レースをどちらも接触によるリタイアで終えることになったが、原因となったルーカス・ディ・グラッシらに「ジムでのトレーニングを強化すべき」と語った。