フェラーリ、既に来季マシン開発に“90%から95%”移行済み
MotoGP、7月のフィンランドGPが中止。代替戦はレッドブルリンク
MotoGPフランスFP1:ミラー、2連勝に向けトップタイム
レッドブルが使っているのは”羽ばたき”リヤウイング?

フェラーリのF1スポーティングディレクターであるローレン・メキーズは、チームが2022年マシンの開発に「90%から95%移行した」と語っており、今季マクラーレンを倒すために来季向けの開発を妥協することはないと語った。

MotoGPは今年7月に予定されていたフィンランドGPの開催を断念。代替としてレッドブルリンクでスティリアGPが行なわれることになった。

2時間

レッドブルは、スペインGPで現時点では”合法”なリヤウイングを使っているのではないかと指摘されたが、そのリヤウイングはただ後方に傾くだけではなく、フラップや翼端板が”振動する”モノであるようだ。

トップニュース

Taikyu S耐スープラはなぜ3つのクラスに分散しているのか? S耐スープラはなぜ3つのクラスに分散しているのか? カスタマーサービス、そしてモノ作りへの熱意
2時間
MotoGP ミラー、フランスGPに“やる気”たっぷり! 昨季のリベンジ? ジャック・ミラー、フランスGPに“やる気”たっぷり! 昨年トップ争いもトラブルでリタイア
3時間
F1 PU開発は甘くない? メルセデス代表が語る PU開発は甘くない? メルセデス代表、スタッフ引き抜いたレッドブルに「15人程度の人員では不十分」
7時間
MotoGP マルケス「フィードバックには気をつけないと……」 マルケス、復帰後の作業に変化「エンジニアへのフィードバックには気をつけないと……」
7時間
F1 F1トラックリミット規則改善を目指した議論は続く F1トラックリミット規則改善を目指した議論は続く。新たなワーキンググループも立ち上げ
8時間
Moto3 マルケス、ミル&クアルタラロが超ド級ルーキーにアドバイス マルケス、ミル&クアルタラロが超ド級ルーキーのペドロ・アコスタにアドバイス「一歩一歩進んで」
11時間
F1 マクラーレン「今後もアップグレードを続ける」 マクラーレン、”フェラーリとのランク3位争いに勝つため”「今後もアップグレードを続ける」
12時間
MotoGP ロッシこそ現代MotoGPライダーの“先駆け”? ロッシこそ現代GPライダーの“先駆け”。26年目のレジェンド「レースで感じる感覚が、現役を続ける理由」
1d
MotoGP “未来の王者”と注目集めるペドロ・アコスタは何者なのか Moto3デビュー2ヵ月で3連勝。“未来の王者”と注目集めるペドロ・アコスタは何者なのか? 
1d
F1 度々浮上する”フレキシブルウイング”問題 【F1メカ解説】度々浮上する”フレキシブルウイング”問題。FIAとF1チームの終わりなき戦い
1d
Dakar ダカールラリー、2022年大会の概要を発表。3年連続サウジアラビアで開催 ダカールラリー、2022年大会の概要を発表。3年連続サウジアラビアで開催も「8割近くは新ルート」
1d

フェラーリ、既に来季マシン開発に“90%から95%”移行済み。今季の3位争いより将来の躍進を優先

フェラーリのF1スポーティングディレクターであるローレン・メキーズは、チームが2022年マシンの開発に「90%から95%移行した」と語っており、今季マクラーレンを倒すために来季向けの開発を妥協することはないと語った。

MotoGP、7月のフィンランドGPが中止。代替戦追加でレッドブルリンクは2連戦に

MotoGPは今年7月に予定されていたフィンランドGPの開催を断念。代替としてレッドブルリンクでスティリアGPが行なわれることになった。

MotoGPフランスFP1:ミラー、2連勝に向けトップタイムで好発進。母国戦ザルコ2番手

MotoGP第5戦フランスGPのフリー走行1回目が行なわれた。トップタイムはドゥカティのジャック・ミラーだ。

【F1メカ解説】レッドブルが使っているのは”フレキシブル”ではなく”羽ばたき"リヤウイング?

レッドブルは、スペインGPで現時点では”合法”なリヤウイングを使っているのではないかと指摘されたが、そのリヤウイングはただ後方に傾くだけではなく、フラップや翼端板が”振動する”モノであるようだ。

S耐スープラはなぜ3つのクラスに分散しているのか? カスタマーサービス、そしてモノ作りへの熱意

2021年のスーパー耐久では、トヨタGRスープラがST-Z、ST-Q、ST-1という3つのクラスで走っている。同じ車両でありながら、なぜここまで分散しているのか? その背景には“モノ作りへの情熱”があった。

ジャック・ミラー、フランスGPに“やる気”たっぷり! 昨年トップ争いもトラブルでリタイア

ドゥカティのジャック・ミラーは、2021年のフランスGPに向けて「メカニカルトラブルで優勝を奪われた2020年のリベンジ」と意気込みを顕にしている。

PU開発は甘くない? メルセデス代表、スタッフ引き抜いたレッドブルに「15人程度の人員では不十分」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、レッドブルが2025年に向けて競争力のあるパワーユニットを製造するためには、“15人のスタッフとガラガラのファクトリー”では不十分だと語った。

マルケス、復帰後の作業に変化「エンジニアへのフィードバックには気をつけないと……」

マルク・マルケスはMotoGPへの復帰を果たしたものの、現在はフィードバックが以前と同じ様に正確ではないため、エンジニアとの作業には気をつける必要があると語った。

F1トラックリミット規則改善を目指した議論は続く。新たなワーキンググループも立ち上げ

今季なにかと話題となっているF1のトラックリミット規則の改善を求めて、新たなワーキンググループが立ち上げられているようだ。

マルケス、ミル&クアルタラロが超ド級ルーキーのペドロ・アコスタにアドバイス「一歩一歩進んで」

ロードレース世界選手権Moto3クラスで、注目を集めている新人ライダーのペドロ・アコスタ。MotoGPクラスの実力者達が、彼にエールとアドバイスを送った。

マクラーレン、”フェラーリとのランク3位争いに勝つため”「今後もアップグレードを続ける」

マクラーレンのチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、2022年向けの開発に全てのリソースを振り分けるという”誘惑”があるものの、フェラーリとのランキング3位を賭けた戦いに勝つために、2021年用マシンの開発を今後も続けていくと語る。

ロッシこそ現代GPライダーの“先駆け”。26年目のレジェンド「レースで感じる感覚が、現役を続ける理由」

今季で世界選手権での26年目を迎えているバレンティーノ・ロッシ。彼は自分が現代のMotoGPライダーの先駆けとなったと自負しており、今日の多くのライダーにとっての教訓になったと語った。

Moto3デビュー2ヵ月で3連勝。“未来の王者”と注目集めるペドロ・アコスタは何者なのか? 

2021年シーズンにMoto3デビューを果たし、一気に頭角を表したペドロ・アコスタ。既にチャンピオン候補と目されているが、彼は目の前のレースに集中しており、急激な注目にもペースを乱す様子を見せていない。

【F1メカ解説】度々浮上する”フレキシブルウイング”問題。FIAとF1チームの終わりなき戦い

F1チームは、重箱の隅をつつくような開発を行ない、なんとかライバルよりも優位に立とうとするもの。そんな中でフレキシブルウイングが登場、度々注目の的になった。そして今回もレッドブルがフレキシブルなリヤウイングを使っているとの疑惑がある。

ダカールラリー、2022年大会の概要を発表。3年連続サウジアラビアで開催も「8割近くは新ルート」

2022年のダカールラリーは、3年連続ですべてサウジアラビアで開催されるが、主催者のASOは80~85%が新たなルートで開催され、ルブアルハリ砂漠での走行も行なわれると明かした。

アプリリアとグレシーニ、来季関係継続の可能性は? エスパルガロは“4台最新マシン供給”を要望

アレイシ・エスパルガロは、2022年シーズン以降もグレシーニ・レーシングがアプリリアのサテライトチームへ留まってくれるなら素晴らしいと考えている。

メルセデス代表の”FIAへの無線”はF1の新たな試み。ハース代表は「彼は注目されたかったんだ!」

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、メルセデスのトト・ウルフ代表がF1スペインGPのレース中に無線で青旗について不満を伝えたのは、”注目”を得たかったからだと語った。

ドヴィツィオーゾ、アプリリアで2度目のテスト完了。でも“ワイルドカード”参戦の予定はナシ?

アンドレア・ドヴィツィオーゾはアプリリアでの2回目のテストを実施。しかし噂される今シーズンのMotoGPワイルドカード参戦について、現時点で予定はないと語った。

渡航制限に頭を悩ませるF1。アゼルバイジャンGPとトルコGPの日程入れ替えは実行不可能

F1はイギリスとトルコ間の渡航制限に頭を悩ませているが、F1アゼルバイジャンGPの主催者は、トルコGPとの日程入れ替えの可能性を否定した。

”伝説のライダー”シュワンツ、苦戦が続くロッシを語る「彼にはまだ戦う力が残っているはず」

2輪レース界のレジェンドであるケビン・シュワンツは、バレンティーノ・ロッシについて「彼にはまだ戦う力が残っている」としながらも、今シーズンの序盤に苦しんでいることについて”懸念”を抱いていると語った。

【トップインタビュー】高橋国光が海を渡り受けた“衝撃”「日本は全てにおいて遅れていた」

半世紀以上に渡ってモータースポーツ界の最前線に身を置いてきた高橋国光氏にmotorsport.comがインタビュー。2輪ライダー時代の知られざるエピソードなどを伺った。

ホンダがモータースポーツに挑む理由:ホンダ・モータースポーツ部長に訊く3

ホンダといえばモータースポーツのイメージが強いメーカーである。今のホンダにとって、F1やスーパーGT、MotoGPなど、モータースポーツに挑む意味とは何なのだろうか?

ニッポンのファンが選ぶ”美しい”F1マシンベスト10

あなたが好きなF1マシンはどれ? ニッポンのF1ファンが選ぶ”美しい”F1マシントップ10。

HRD Sakura連載「テストベンチは面白い!」第4回:エンジン作りに”ゴール”はない

ホンダのスーパーGTとスーパーフォーミュラのラージプロジェクトリーダーを務める佐伯昌浩氏は、「テストベンチは面白い」と常々語っていた。そこで、我々はホンダの開発拠点HRD Sakuraを訪問。話を訊いた。

【F1メカ解説】”走り慣れた”バルセロナに登場した、各チームのアップデート

カタルニア・サーキットで始まった、F1スペインGP。そこに持ち込まれた各チームのマシンのディテールを観察!

【F1メカ解説】ポルトガルGPに持ち込まれた、各チームの最新アップデート:ピットレーン直送便

アルガルヴェ・サーキットで始まった、2021年のF1第3戦ポルトガルGP。各チームは今回のレースにも、様々なアップデートパーツを持ち込んできた。

【F1メカ解説】”不安定”だったメルセデスW12に改善の兆し……チームは何をやったのか?

シーズン開幕前テストで遅れを取ったメルセデス。しかし時が経つに連れ、その戦闘力を取り戻しつつある。彼らは一体何をやってきたのか? またメルセデス以外のチームも、アップデートを行ない、戦闘力を向上させている。

【F1メカ解説:2021年開幕戦バーレーン】初戦で見えてきた、各チームの”秘密”兵器

開幕戦の舞台バーレーン・インターナショナル・サーキットに集った20台のF1マシン。木曜日のパドック/ピットレーンでは、各チームが新シーズンに向けて手塩にかけて育ててきたデバイスを確認することができた。

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。