フェルスタッペン、レース中に無線トラブルも走りに支障なし
フォーミュラカーの真の魅力は体験しなきゃ分からない! TFC潜入リポート
大苦戦ビニャーレス「誰も答えを持ち合わせていない」
ホンダF1、3連勝。田辺豊治テクニカルディレクター「ものすごい緊張感」
37min

F1第7戦フランスGPを勝ったレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、2度目のピットストップ以降に発生した無線トラブルは、追い上げにあまり影響しなかったと語った。

2021年5月からスタートした『トムス・フォーミュラ・カレッジ』。その先行体験会に参加し、夢のフォーミュラカーをドライブしたmotorsport.com編集部員は、フォーミュラカーのどこにすごさを感じたのか?

ヤマハのマーベリック・ビニャーレスはMotoGP第8戦ドイツGPで最下位の19位とキャリア最悪の週末を過ごした。彼は「誰も答えを持ち合わせていない」と途方に暮れている姿を見せた。

1時間

F1フランスGPの決勝終了後に会見に応じたホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、優勝した喜びを語ると共に、ものすごい緊張感の中で戦っていることを明かした。

トップニュース

F1 ボッタス、声を荒げた無線にも後悔はナシ?「自分の考えを伝えただけ」 レッドブル2台に“カモ”にされ4位のボッタス、声を荒げた無線にも後悔はナシ?「自分の考えを伝えただけ」
1時間
F1 ハミルトン、勝つためには1ストップしかなかった レッドブルに勝つためには1ストップに”固執”するしかなかった……2位敗北のハミルトン「それでも良いレースだった」
5時間
MotoGP 優勝マルケス「記憶がよぎって集中するのが大変だった」 復活優勝マルケス「これまでの記憶がよぎって集中するのが大変だった」パルクフェルメでは涙も
5時間
F1 角田裕毅フランスGPは13位「タイヤが完全に終わってしまった」 角田裕毅のF1フランスGPは13位「タイヤが完全に終わってしまった」……ポイント獲得のために、予選の改善が急務
8時間
F1 F1フランス決勝:フェルスタッペンが劇的勝利。 角田裕毅は13位 F1フランス決勝:フェルスタッペン、追い上げ”ミッション遂行”。スペインの雪辱果たす劇的勝利
12時間
F1 【F1動画】2021年F1第7戦フランスGP決勝ハイライト 【F1動画】2021年F1第7戦フランスGP決勝ハイライト
12時間
F1 F1フランスGP決勝速報:フェルスタッペン、今季3勝目……角田は13位 F1フランスGP決勝速報:頭脳戦を制したレッドブル1-3位……フェルスタッペン、バクーでの置き土産を取り返す今季3勝目……角田は13位
13時間
MotoGP MotoGPドイツ決勝:マルク・マルケス、涙の復活優勝! MotoGPドイツ決勝:マルク・マルケス、涙の復活優勝……ザクセンリンクの”王”が帰還果たす
14時間
F1 レッドブル代表、もしフランスGPで優勝できれば…… レッドブル・ホンダのホーナー代表、もしF1フランスGPで優勝できれば「どんなコースでもメルセデスに勝てるはず」
16時間
Moto2 Moto2ドイツ決勝:ガードナー、独走優勝でランク首位固める Moto2ドイツ決勝:ガードナー、独走優勝でランク首位固める。小椋藍は上位走行も最終ラップ転倒リタイア
16時間
F1 熾烈なF1タイトル争い、ハミルトン「レッドブルの方が少し前に出たかも」 熾烈なF1タイトル争い、レッドブル・ホンダが先行か? ハミルトン「彼らの方が少し前に出たかも」
16時間

フェルスタッペン、レース中に無線トラブルも走りに支障なし「あとは走り切るだけだった」

F1第7戦フランスGPを勝ったレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、2度目のピットストップ以降に発生した無線トラブルは、追い上げにあまり影響しなかったと語った。

フォーミュラカーの真の魅力は体験しなきゃ分からない! トムスの”フォーミュラ・カレッジ”に潜入

2021年5月からスタートした『トムス・フォーミュラ・カレッジ』。その先行体験会に参加し、夢のフォーミュラカーをドライブしたmotorsport.com編集部員は、フォーミュラカーのどこにすごさを感じたのか?

まさかの最後尾19位……苦境にあえぐビニャーレス「誰も答えを持ち合わせていない」

ヤマハのマーベリック・ビニャーレスはMotoGP第8戦ドイツGPで最下位の19位とキャリア最悪の週末を過ごした。彼は「誰も答えを持ち合わせていない」と途方に暮れている姿を見せた。

ホンダF1、3連勝。田辺豊治テクニカルディレクター「戦略の成否は最後まで分からない……ものすごい緊張感」

F1フランスGPの決勝終了後に会見に応じたホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、優勝した喜びを語ると共に、ものすごい緊張感の中で戦っていることを明かした。

レッドブル2台に“カモ”にされ4位のボッタス、声を荒げた無線にも後悔はナシ?「自分の考えを伝えただけ」

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1フランスGPでチームの1ストップ作戦を批判した怒りの無線メッセージが「行き過ぎではなかった」と考えている。

レッドブルに勝つためには1ストップに”固執”するしかなかった……2位敗北のハミルトン「それでも良いレースだった」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1フランスGPでレッドブルを倒すためには、1ストップ作戦に固執するしかなかったと語る。

復活優勝マルケス「これまでの記憶がよぎって集中するのが大変だった」パルクフェルメでは涙も

MotoGP第8戦ドイツGPで、581日ぶりの勝利を記録したマルク・マルケス。彼はレース終盤には厳しい時期の記憶が頭をよぎり、集中することが難しかったと語った。

角田裕毅のF1フランスGPは13位「タイヤが完全に終わってしまった」……ポイント獲得のために、予選の改善が急務

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1フランスGP決勝でアルファロメオ勢をアンダーカットするために早々にピットインしたものの、最後にはタイヤの寿命が尽きてしまったため、厳しいレースになったと語った。

F1フランス決勝:フェルスタッペン、追い上げ”ミッション遂行”。スペインの雪辱果たす劇的勝利

F1第7戦フランスGPの決勝レースが行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝した。角田裕毅は13位でフィニッシュした。

【F1動画】2021年F1第7戦フランスGP決勝ハイライト

2021年F1世界選手権第7戦フランスGP(ポール・リカール)の決勝レースを、ハイライト動画でプレイバック(DAZN提供)。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが好レースを披露。

F1フランスGP決勝速報:頭脳戦を制したレッドブル1-3位……フェルスタッペン、バクーでの置き土産を取り返す今季3勝目……角田は13位

F1フランスGPの決勝レースは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが今季3勝目を挙げた。

MotoGPドイツ決勝:マルク・マルケス、涙の復活優勝……ザクセンリンクの”王”が帰還果たす

MotoGP第8戦ドイツGPの決勝レースが行なわれた。優勝はレプソル・ホンダのマルク・マルケスだった。

レッドブル・ホンダのホーナー代表、もしF1フランスGPで優勝できれば「どんなコースでもメルセデスに勝てるはず」

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、フランスGPでメルセデスを打ち負かすことができれば、今後どんなサーキットでも勝つことができると信じている。

Moto2ドイツ決勝:ガードナー、独走優勝でランク首位固める。小椋藍は上位走行も最終ラップ転倒リタイア

MotoGP第8戦ドイツGPのMoto2決勝レースが行なわれた。優勝はRed Bull KTM Ajoのレミー・ガードナーだった

熾烈なF1タイトル争い、レッドブル・ホンダが先行か? ハミルトン「彼らの方が少し前に出たかも」

ルイス・ハミルトンは、メルセデスとレッドブルが繰り広げている2021年のF1タイトル争いにおいて、スペインGPの時と比べるとレッドブルが一歩前に出たかもしれないと語った。

F3ポールリカール・レース3:父に5度の2輪王者を持つ、ドゥーハンがキャリア初優勝! 岩佐は7位入賞

F1第7戦フランスGPと同時開催されているFIA F3の第2ラウンド、ポール・リカール戦のレース2が行なわれ、ジャック・ドゥーハン(トライデント)がフレデリック・ベスティ(ARTグランプリ)とのバトルを制し、キャリア初優勝を遂げた。岩佐歩夢(ハイテック)は、7位入賞を果たした。

Moto3ドイツ決勝:鳥羽海渡、2位表彰台獲得! ペドロ・アコスタ今季4勝目挙げる

MotoGP第8戦ドイツGPのMoto3クラス決勝レースが行なわれた。優勝はペドロ・アコスタ。鳥羽海渡が2位表彰台を獲得した。

予選7番手も苦しんだルクレール「問題はマシンではなく自分にあった」……サインツはクリーンな予選に安堵

フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1第7戦フランスGPの予選を7番手で終えたが、ペースに苦しんだ予選中Q1、Q2を「悲惨だった」と語り、苦しんだ原因はマシンではなく自分自身にあると考えている。

前戦優勝のセルジオ・ペレス、F1フランスGP予選では4番手「ミスで理想的なアタックできず……でも僕の”長所”は決勝」

レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは、F1フランスGPの予選Q3でミスがあり、フロントロウを逃したことを悔やみつつも、決勝での巻き返しを誓った。

ラウル・フェルナンデスはMoto2残留? KTM上層部が最高峰クラス昇格の噂否定

KTMは2022年にMotoGPクラスへ昇格するのではないかと噂されているラウル・フェルナンデスに関して、本人が「Moto2にもう1年とどまりたい」と希望していることを明かし、最高峰クラスでの起用を否定した。

【トップインタビュー】高橋国光が海を渡り受けた“衝撃”「日本は全てにおいて遅れていた」

半世紀以上に渡ってモータースポーツ界の最前線に身を置いてきた高橋国光氏にmotorsport.comがインタビュー。2輪ライダー時代の知られざるエピソードなどを伺った。

ホンダがモータースポーツに挑む理由:ホンダ・モータースポーツ部長に訊く3

ホンダといえばモータースポーツのイメージが強いメーカーである。今のホンダにとって、F1やスーパーGT、MotoGPなど、モータースポーツに挑む意味とは何なのだろうか?

ニッポンのファンが選ぶ”美しい”F1マシンベスト10

あなたが好きなF1マシンはどれ? ニッポンのF1ファンが選ぶ”美しい”F1マシントップ10。

HRD Sakura連載「テストベンチは面白い!」第4回:エンジン作りに”ゴール”はない

ホンダのスーパーGTとスーパーフォーミュラのラージプロジェクトリーダーを務める佐伯昌浩氏は、「テストベンチは面白い」と常々語っていた。そこで、我々はホンダの開発拠点HRD Sakuraを訪問。話を訊いた。

メルセデスF1、痛恨の”マジックボタン”ミスを避けるためにフランスGPに向け小変更を加える?

メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1アゼルバイジャンGPで”マジックボタン”を押してしまったことで、目の前まで迫っていた勝利の可能性を手放してしまうことになった。チームはこの再発を防ぐため、ステアリングに修正を加えたようだ。

【F1メカ解説】ロングストレートと低速区間併せ持つアゼルバイジャン。“最適解”求めた各チームの解決策とは

“フレキシブルウイング騒動”巻き起こる中行なわれたF1アゼルバイジャンGPでは、渦中のレッドブルが高いパフォーマンスを見せた一方で、メルセデスは苦難の週末を過ごした。各チームはリヤウイングやその他パーツに関してどのようなアプローチをしていたのだろうか?

【F1メカ解説】アゼルバイジャンGPピットレーン直送便:超高速&超低速が混在……各チームはどう対処してきたか?

モナコと同じ市街地コースを舞台に行なわれるアゼルバイジャンGP。しかし2km以上に及ぶ全開走行区間が存在するなど、その特性は大きく異なる。そんな特性に合わせるべく、各チームが空気抵抗削減を考慮したデザインを多数投入してきた。

F1アゼルバイジャンGP、フレキシブルウイングの監視に小さなシールを活用。ウイング変形の実態把握へ

FIAは、F1アゼルバイジャンGPでフレキシブルウイングの実態把握に役立てるため、各マシンのリヤウイングに小さなシールを貼るように指示を出した。

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。