パワー・オブ・フェルスタッペン……チャンピオンをもたらしたマインドセット
COTA、問題となっていたバンプ解消へ。修復・再舗装工事が進行中
ヒュンダイ、ラリー1規定の新マシンでモンテカルロ初日から大失速
オジェと激戦のローブ「モンテカルロでリードしていることに驚いた」
13 時間

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、2021年の最終戦の最終ラップでルイス・ハミルトン(メルセデス)を下し、チャンピオン決定後のクールダウンラップで初めて涙を流した。

13 時間

サーキット・オブ・ジ・アメリカズは、近年問題となっていたバンプに対応するため、大規模な修復工事を進めている。

14 時間

ヒュンダイは、2022年の世界ラリー選手権モンテカルロの初日からラリー1規定の新型マシンに問題が発生しており、ドライバーがドライブ中にめまいや胸の痛みを覚えるなどの症状が出ている。チームは2日目の夜に調査と改善を行なうとしている。

トップニュース

Misc ル・マン・バーチャル・シリーズ最終戦”24時間レース”が今週末配信 賞金総額約2800万円! ル・マン・バーチャル・シリーズ最終戦”24時間レース”が今週末配信
7 d
F1 ウイリアムズ、エンジニアリング・ディレクターの離脱を発表 ウイリアムズF1、エンジニアリング・ディレクターのチーム離脱を発表。組織変更の一環
15 時間
MotoGP KTM&テック3、1月27日にチーム発表会を実施 KTM&テック3、1月27日にチーム発表会を実施。ドゥカティは2月7日に延期
15 時間
F1 マクラーレンCEO、FIAとF1の”強力な”統治体制構築を期待 マクラーレンCEO、FIAとF1の“強力な”統治体制構築を期待「今はチームの力が強すぎる」
18 時間
F1 F1オーストラリアGP、アルバート・パーク・サーキットの改修工事を完了 F1オーストラリアGP、3年ぶりの開催に向けてアルバート・パーク・サーキットのレイアウト変更を完了
21 時間
F1 F1でジョコビッチ問題は起こらない! オーストラリアGP主催者が自信 F1で”ジョコビッチ問題”は起こらない! オーストラリアGP主催者は、スムーズな開催に自信
22 時間
WRC ラリー・モンテカルロ2日目:ローブが難路面制し首位奪還 ラリー・モンテカルロ2日目:ローブが好走見せ総合トップ浮上。オジェ僅差の2番手に続く
22 時間
F1 レッドブル&メルセデス、F1パワーユニット責任者の”5月移籍完了”で合意 レッドブル&メルセデス、F1パワーユニット責任者の”5月移籍完了”で合意
22 時間
SF 野尻智紀、15年越し“全日本王者”までの歩み:後編 野尻智紀、15年越し“全日本王者”までの歩み:後編 ようやく迎えた成熟の時。王座獲得の地もてぎで流した“悔し涙”の理由
1 d
F1 F1、新規則導入でトップと最後尾のギャップは半減する? F1、新規則導入でトップと最後尾のギャップは半減する? 「1年経てば差が縮まるはず」とFIA
1 d
F1 ペレス、F1チーム移籍について「皆が過小評価してしまう」 F1チームの移籍は想像以上の難しさ……ペレス「ドライバーですら過小評価してしまう」
1 d

F1分析|パワー・オブ・フェルスタッペン……チャンピオン獲得をもたらした”超冷静な”マインドセット

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、2021年の最終戦の最終ラップでルイス・ハミルトン(メルセデス)を下し、チャンピオン決定後のクールダウンラップで初めて涙を流した。

COTA、問題となっていたバンプ解消へ。サーキットの修復・再舗装工事が進行中

サーキット・オブ・ジ・アメリカズは、近年問題となっていたバンプに対応するため、大規模な修復工事を進めている。

ヒュンダイ、ラリー1規定の新マシンでモンテカルロ初日から大失速……ドライバーがめまいや胸の痛みを訴える

ヒュンダイは、2022年の世界ラリー選手権モンテカルロの初日からラリー1規定の新型マシンに問題が発生しており、ドライバーがドライブ中にめまいや胸の痛みを覚えるなどの症状が出ている。チームは2日目の夜に調査と改善を行なうとしている。

新時代迎えるもレジェンド強し! オジェと激戦のローブ「モンテカルロでリードしていることに驚いた」

セバスチャン・ローブは、WRC復帰戦となったラリー・モンテカルロを、新規定のマシンでリードしていることに驚いていると明かした。

ウイリアムズF1、エンジニアリング・ディレクターのチーム離脱を発表。組織変更の一環

組織改革を断行中のウイリアムズは、エンジニアリング・ディレクターのアダム・カーターがチームを離脱したことを発表した。

KTM&テック3、1月27日にチーム発表会を実施。ドゥカティは2月7日に延期

MotoGPの2022年シーズンの開幕が迫りつつある中、各チームのチーム発表イベントの予定が続々と明かされている。KTMはテック3とともに1月27日に発表を行う予定だ。

マクラーレンCEO、FIAとF1の“強力な”統治体制構築を期待「今はチームの力が強すぎる」

マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、昨年のアブダビGPでのセーフティカーを巡る論争を受け、F1チームをFIAのレース運営から遠ざけるための改革が必要であると訴えた。

F1オーストラリアGP、3年ぶりの開催に向けてアルバート・パーク・サーキットのレイアウト変更を完了 Australian GP
ビデオ・インサイド

F1オーストラリアGP、3年ぶりの開催に向けてアルバート・パーク・サーキットのレイアウト変更を完了

F1の2022年シーズンの第3戦に予定されているオーストラリアGPは、3年ぶりの開催に向けて舞台となるアルバート・パーク・サーキットにレイアウト変更を施した。

F1で”ジョコビッチ問題”は起こらない! オーストラリアGP主催者は、スムーズな開催に自信

F1オーストラリアGPのオーガナイザーは、ノバク・ジョコビッチの入国問題が話題となった、テニスの全豪オープンのような事態にはならないと語った。

ラリー・モンテカルロ2日目:ローブが好走見せ総合トップ浮上。オジェ僅差の2番手に続く

2022年世界ラリー選手権(WRC)の開幕戦ラリー・モンテカルロの競技2日目が行われた。2日目を終えてトップに立っているのはセバスチャン・ローブだ。

レッドブル&メルセデス、F1パワーユニット責任者の”5月移籍完了”で合意

レッドブルは、新たに立ち上げる同グループのパワーユニット部門”レッドブル・パワートレインズ”のテクニカルディレクターとなる予定のベン・ホジキンソンが5月に組織に加わることで、メルセデスと合意に達したことを明らかにした

野尻智紀、15年越し“全日本王者”までの歩み:後編 ようやく迎えた成熟の時。王座獲得の地もてぎで流した“悔し涙”の理由

2021年のスーパーフォーミュラ王者に輝いた野尻智紀。彼が2006年以来の“全日本王者”となるまでの歩みを聞いた。今回はその後編だ。

F1、新規則導入でトップと最後尾のギャップは半減する? 「1年経てば差が縮まるはず」とFIA

FIAは、F1に新たに導入された空力規則と予算制限によって、1年後には各チーム間の格差が以前と比べて半減すると考えている。

F1チームの移籍は想像以上の難しさ……ペレス「ドライバーですら過小評価してしまう」

セルジオ・ペレスは2021年にレーシングポイントからレッドブルへ移籍したが、この”チームを変更する”という行為の難しさは過小評価されていると主張した。

”政治とお金”だらけのF1から離れる喜び。ライコネン「全く理解できないことがたくさんあった」

F1を引退したキミ・ライコネンは、F1におけるお金と政治の影響について不満を示し、それらから離れられて嬉しいと語った。

トヨタのラトバラ代表、新型車両の僅差を予想「新時代に最も早く慣れたドライバーが結果を残す」

トヨタWRTのヤリ-マティ・ラトバラ代表は、各チームの新型マシンに大きな違いはないと考えているようだ。

ウイリアムズ育成のサージェント、一時は資金難も実力でキャリアの危機脱す「この1年で僕は変わった」

ウイリアムズF1の育成ドライバーであるローガン・サージェントは、2020年に資金難でレースキャリアが危うくなったにも関わらず、「まだここで好きなことができているのはラッキーだ」と語った。

2022年のF1スプリントレース実施断念の可能性も? コストをめぐる議論が難航

マクラーレンCEOのザク・ブラウンによると、コストをめぐる議論が膠着していることから、2022年のスプリントレース計画を断念せざるを得なくなる危険性があるという。

アルボン、ウイリアムズでの初日は“珍事件”もありドタバタ? 組織の巨大さにもビックリ

アレクサンダー・アルボンは、ウイリアムズでの初仕事について振り返り、車のキーを失くすなど、少し慌ただしい1日だったと語った。

新人で2度表彰台獲得のバスティアニーニ、今季はバイク大幅アップグレード。「期待は大きい」と意気込む

グレシーニ・レーシングのエネア・バスティアニーニは、2022年シーズンに一気に2年分アップデートされたマシンを走らせるが、そのポテンシャルに驚いている様子だ。

【トップインタビュー】高橋国光が海を渡り受けた“衝撃”「日本は全てにおいて遅れていた」

半世紀以上に渡ってモータースポーツ界の最前線に身を置いてきた高橋国光氏にmotorsport.comがインタビュー。2輪ライダー時代の知られざるエピソードなどを伺った。

ホンダがモータースポーツに挑む理由:ホンダ・モータースポーツ部長に訊く3

ホンダといえばモータースポーツのイメージが強いメーカーである。今のホンダにとって、F1やスーパーGT、MotoGPなど、モータースポーツに挑む意味とは何なのだろうか?

ニッポンのファンが選ぶ”美しい”F1マシンベスト10

あなたが好きなF1マシンはどれ? ニッポンのF1ファンが選ぶ”美しい”F1マシントップ10。

HRD Sakura連載「テストベンチは面白い!」第4回:エンジン作りに”ゴール”はない

ホンダのスーパーGTとスーパーフォーミュラのラージプロジェクトリーダーを務める佐伯昌浩氏は、「テストベンチは面白い」と常々語っていた。そこで、我々はホンダの開発拠点HRD Sakuraを訪問。話を訊いた。

F1メカ解説|2021年、レッドブル・ホンダRB16B大解剖〜その3

レッドブル・ホンダの2021年用マシンRB16Bを、イラストとクローズアップ写真でチェック。その”開発史”を振り返る。

F1メカ解説|2021年、レッドブル・ホンダRB16B大解剖〜その2

レッドブル・ホンダの2021年用マシンRB16Bを、イラストとクローズアップ写真でチェック。その”開発史”を振り返る。

F1メカ解説|2021年、レッドブル・ホンダRB16B大解剖〜その1

レッドブル・ホンダの2021年用マシンRB16Bを、イラストとクローズアップ写真でチェック。その”開発史”を振り返る。

F1メカ解説|2021年、アルファタウリ・ホンダAT02大解剖

2022年、F1には新しいテクニカルレギュレーションが導入され、マシンの形状が一変することになる。では2021年のF1を戦ったアルファタウリ・ホンダのマシンAT02は、一体どんな開発が施された1台だったのだろうか?

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。