F1サウジアラビアGP予選:メルセデスがワンツー 角田は8番手
F1サウジアラビアGP予選速報:ハミルトンPP獲得。角田7番手
ハミルトン、FP3での進路妨害と黄旗無視によりスチュワードへ召喚
F1サウジアラビアGP FP3:速さを取り戻したレッドブル。角田は4番手
10 min

F1第21戦サウジアラビアGPの予選が行なわれ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジションを獲得。マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は最終アタックでウォールの餌食となった。

2 時間

ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、サウジアラビアGPの予選前最後のフリー走行で2件の規定違反を犯したとしてスチュワードへ召喚された。これにより、彼にはグリッド降格ペナルティが科される可能性が浮上している。

3 時間

F1サウジアラビアGPのフリー走行3回目が行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイム。角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)も4番手に入り、予選への期待が高まった。

トップニュース

F1 FIA、F1サウジアラビアGP予選での過度なスロー走行の取締強化 FIA、F1サウジアラビアGP予選での過度なスロー走行の取締強化……フリー走行ではニアミスが多発
3 時間
F1 F1サウジアラビアGP FP3速報:フェルスタッペンがトップ 角田4番手 F1サウジアラビアGP FP3速報:フェルスタッペンが1番時計! ホンダ勢4台がトップ5入りで角田裕毅は僚友上回る4番手
4 時間
F2 F2ジェッダ:レース1はアームストロングが初優勝、佐藤万璃音はリタイヤ F2ジェッダ レース1:2度のセーフティーカー出動も、アームストロングが初優勝。佐藤万璃音は接触によりリタイヤ
6 時間
F1 ピレリの新兵器“ワンちゃん”はどうタイヤ開発に貢献しているのか 【特集】犬の手も借りたい? ピレリの新兵器“ワンちゃん”はどうF1、そして市販タイヤの開発に貢献しているのか
8 時間
F1 メルセデスF1代表、新スポンサー巡る批判に謝罪 メルセデスF1代表、新スポンサー巡る批判に謝罪。2017年大規模火災に関連疑われる企業に遺族が声
8 時間
F1 高速ジェッダ、パワーの重要度はそれほど高くない? 高速ジェッダ、パワーの重要度はそれほど高くない? レッドブル代表「我々にとっては励みになる」
10 時間
Misc 【特集】レース界で大きな一歩踏み出した水素。一方で課題も 【特集】レース界で大きな一歩踏み出した「夢の燃料」“水素”。一方で残された普及に向けての課題
10 時間
Misc ロッシ主催100km耐久ダートレース、豪華エントリーリスト ロッシ主催100km耐久ダートレース、現役MotoGPライダー多数の超豪華エントリーリストが明らかに
10 時間
F1 ジェッダ市街地コース、高速かつブラインドコーナーは危険な香り ジェッダ市街地コース、トラフィックとブラインドコーナーは危険な香り……ハミルトン&ノリスが指摘
11 時間
F1 カタールGPのタイヤトラブル、ピレリは”過度の縁石使用”が原因だと結論 続発したカタールGPのタイヤトラブル。ピレリは”過度の縁石使用”が原因だと結論
12 時間
F1 突貫工事でF1初開催を迎えたサウジアラビアGP……現地の声を聞く 本当に準備は整った? 突貫工事でF1初開催を迎えたサウジアラビアGP……現地の声を聞く
13 時間

F1サウジアラビアGP予選:メルセデスがワンツー! フェルスタッペンは最終アタックでウォールの餌食に。角田裕毅は8番手

F1第21戦サウジアラビアGPの予選が行なわれ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジションを獲得。マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は最終アタックでウォールの餌食となった。

F1サウジアラビアGP予選速報:ハミルトンPP獲得。フェルスタッペン最終アタック驚速も、最終コーナーでクラッシュ! 角田裕毅8番手

F1第21戦サウジアラビアGPの予選でポールポジションを獲得したのは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)だった。角田裕毅はQ3に進出し、8番手となった。

ハミルトン、F1サウジアラビアGP FP3での進路妨害と黄旗無視によりスチュワードに召喚……黄旗無視は”お咎めなし”に

ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、サウジアラビアGPの予選前最後のフリー走行で2件の規定違反を犯したとしてスチュワードへ召喚された。これにより、彼にはグリッド降格ペナルティが科される可能性が浮上している。

F1サウジアラビアGP FP3:速さを取り戻したレッドブル。そして角田期待の4番手! 課題はソフトタイヤの”ウォームアップ”

F1サウジアラビアGPのフリー走行3回目が行なわれ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップタイム。角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)も4番手に入り、予選への期待が高まった。

FIA、F1サウジアラビアGP予選での過度なスロー走行の取締強化……フリー走行ではニアミスが多発

FIA F1レースディレクターのマイケル・マシは、サウジアラビアGPのフリー走行中に各車が行なった予選想定プログラムでヒヤリハットが多発したことから、他車とのギャップを作るべく極低速で走ることを厳しく取り締まることを発表した。

F1サウジアラビアGP FP3速報:フェルスタッペンが1番時計! ホンダ勢4台がトップ5入りで角田裕毅は僚友上回る4番手

F1サウジアラビアGPのフリー走行3回目が行なわれ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がトップタイム。ルイス・ハミルトン(メルセデス)がそれに続き、角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が4番手タイムを記録した。

F2ジェッダ レース1:2度のセーフティーカー出動も、アームストロングが初優勝。佐藤万璃音は接触によりリタイヤ

FIA F2第7戦ジェッダのレース1が行なわれ、マーカス・アームストロング(DAMS)がトップチェッカーを受けた。佐藤万璃音(トライデント)は他車との接触により、リタイヤを喫した。

【特集】犬の手も借りたい? ピレリの新兵器“ワンちゃん”はどうF1、そして市販タイヤの開発に貢献しているのか

今年、グランプリ週末になるとある不思議な光景を目にすることがある。ピレリのエンジニアであるマーティン・ウォールが、不思議な形をした3輪車を押しながらコースを何キロも歩いているのだ。

メルセデスF1代表、新スポンサー巡る批判に謝罪。2017年大規模火災に関連疑われる企業に遺族が声

メルセデスF1のトト・ウルフ代表は、2017年に発生したタワーマンション火災に断熱材を納入していた企業とのスポンサー契約を結んだことをめぐり、生存者や遺族に謝罪。ただスポンサー契約見直しには至っていない。

高速ジェッダ、パワーの重要度はそれほど高くない? レッドブル代表「我々にとっては励みになる」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、サウジアラビアGPの舞台であるジェッダのコースは、想定よりもエンジンパワーが重視されないコースだと感じたようだ。

【特集】レース界で大きな一歩踏み出した「夢の燃料」“水素”。一方で残された普及に向けての課題

スーパー耐久に水素エンジン車がやってきたことで、水素はレース界を中心に再び注目を集めている。しかし、自動車産業における水素の活用は脱炭素化の流れに即しているとはいえ、その普及に向けては多くの課題・疑問点が見えてくる。

ロッシ主催100km耐久ダートレース、現役MotoGPライダー多数の超豪華エントリーリストが明らかに

バレンティーノ・ロッシが毎年私設のダートコースで開催している耐久レースのエントリーリストが発表。現役MotoGPライダーから殿堂入り選手まで、超豪華ラインアップとなっている。

ジェッダ市街地コース、トラフィックとブラインドコーナーは危険な香り……ハミルトン&ノリスが指摘

メルセデスのルイス・ハミルトンはF1サウジアラビアGPの舞台であるジェッダ市街地サーキットについて、コース上のトラフィックが危険だと考えている。

続発したカタールGPのタイヤトラブル。ピレリは”過度の縁石使用”が原因だと結論

F1にタイヤを供給するピレリは、カタールGPで発生した4件のタイヤトラブルの根本的な原因は、縁石の過度な使用であると結論づけ、ピレリ側の製造上のミスを否定した。

本当に準備は整った? 突貫工事でF1初開催を迎えたサウジアラビアGP……現地の声を聞く

F1を統括する重鎮たちは、F1初開催のサウジアラビアGPの舞台となるジェッダ市街地サーキットの準備状況について、これまで楽観的な姿勢を見せてきた。しかし、レース週末になってもサーキットは未だ”未完成”のように見える。

フランク・ウイリアムズ追悼のため、名車『FW07』がF1サウジアラビアGPで特別走行へ

F1は、サウジアラビアGPでフランク・ウィリアムズを追悼する計画の概要を発表した。

角田裕毅、サウジアラビア初日はハードタイヤで8番手「とても力強いペースだと思う」

F1サウジアラビアGPの初日、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、フリー走行2回目でハードタイヤながらも8番手タイムを記録。本人もマシンのペースには、手応えを感じているようだ。

フェラーリのルクレール、サウジアラビアFP2終盤に大クラッシュでマシンを大破「チームに申し訳ない」

フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1サウジアラビアGPのフリー走行2回目で大クラッシュ。マシンを大破させた。それを修復するスタッフに感謝するためにも、土曜日に最大限の結果を残したいと誓った。

岩佐歩夢がFIA F3で心得た『欧州で生き抜く術』。理想のマシンで走るために必要な“適応力”と“説得力”

2021年にFIA F3にステップアップした岩佐歩夢。3台体制のチームでは自らの理想のセットアップでレースを戦うことは難しかったもの、その経験を経て学んだこと、成長できたことは大いにあったようだ。

F1サウジアラビア初日、メルセデス勢の後塵拝したフェルスタッペン「タイヤを機能させるのに苦戦した」

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはF1サウジアラビアGP初日を終え、FP2ではタイヤを機能させるのに苦戦したと語った。

【トップインタビュー】高橋国光が海を渡り受けた“衝撃”「日本は全てにおいて遅れていた」

半世紀以上に渡ってモータースポーツ界の最前線に身を置いてきた高橋国光氏にmotorsport.comがインタビュー。2輪ライダー時代の知られざるエピソードなどを伺った。

ホンダがモータースポーツに挑む理由:ホンダ・モータースポーツ部長に訊く3

ホンダといえばモータースポーツのイメージが強いメーカーである。今のホンダにとって、F1やスーパーGT、MotoGPなど、モータースポーツに挑む意味とは何なのだろうか?

ニッポンのファンが選ぶ”美しい”F1マシンベスト10

あなたが好きなF1マシンはどれ? ニッポンのF1ファンが選ぶ”美しい”F1マシントップ10。

HRD Sakura連載「テストベンチは面白い!」第4回:エンジン作りに”ゴール”はない

ホンダのスーパーGTとスーパーフォーミュラのラージプロジェクトリーダーを務める佐伯昌浩氏は、「テストベンチは面白い」と常々語っていた。そこで、我々はホンダの開発拠点HRD Sakuraを訪問。話を訊いた。

F1メカ解説|ピットレーン直送便:大ダウンフォース&冷却が必要なカタール……各チームはどう対処する?

F1初開催となったカタールGP。ロサイル・インターナショナル・サーキットに持ち込まれたマシンのディテールを一挙チェック!

F1メカ解説|メルセデス、新仕様ウイングをフリー走行でテスト。低ダウンフォースのレースで実戦投入?

今季のタイトルを争うメルセデスとレッドブルは、コース上でのホイール・トゥ・ホイールの戦いと同様に、マシン開発の面でも激しい切磋琢磨を続けている。

F1メカ解説|トルコGP木曜日ピットレーン直送便。特別カラーのおかげで、レッドブルRB16Bの細部が見えた!?

2年連続の開催となったF1トルコGP。このレースは今シーズンの16戦目ということになるが、シーズン終盤になっても各チームがアップデートを持ち込んでいる。

F1メカ解説|メルセデスとレッドブル、激戦のタイトル争い……ライバルに打ち勝つための”空力”セッティング

今シーズン、激しいタイトル争いを繰り広げるレッドブルとメルセデス。争いが激化していくにつれ、両チームのセッティングを細かく変更し、ライバルに対する優位性を生み出そうとしている。

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。