トップイベント
バーレーン、F1関係者にワクチン接種を実施? F1側は否定
フェラーリF1代表、来季マシン開発のためレースを一部欠場へ
WRCアークティック・ラリー:ヒュンダイのタナクが今季初優勝
フェルスタッペン「決勝が面白くなればスプリントレースは不要」

バーレーン王国は、F1テストとF1開幕戦のために渡航する関係者に新型コロナウイルスのワクチン接種を申し出るようだ。

フェラーリF1のチーム代表であるマッティア・ビノットは、レギュレーションの大きく変わる2022年シーズンへ向けた準備のため、2021年のレースを数戦欠場することを計画しているようだ。

WRC第2戦アークティック・ラリー・フィンランドは、ヒュンダイのオット・タナクが優勝。トヨタはカッレ・ロバンペラが総合2位となった。

レッドブルのマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスは、2021年のF1で試験導入される可能性がある予選スプリントレースについて、必要性を確信できていないという。

トップニュース

F1 今季初開催のF1サウジアラビアGP、今後10年はカレンダーの常連に? 今季初開催のF1サウジアラビアGP、今後10年はカレンダーの常連に?
15時間
F1 サインツJr.、ピレリ18インチタイヤのテストでクラッシュの噂 サインツJr.、ピレリ18インチタイヤのテストでクラッシュの噂。本人は多くを語らず
17時間
F3 コレア、F2事故の後遺症は“一生続く”と告白 コレア、F2事故の後遺症は“一生続く”と告白。それでも彼をレースに駆り立てるものとは?
17時間
FE フォーミュラE第2戦、ペナルティでベルニュが表彰台失う フォーミュラE第2戦、ペナルティ多数。ベルニュは3位表彰台を失い、キャシディは5位から14位に
21時間
FE 「リンが頭上を飛行機のように飛んでいった」とエバンス フォーミュラEで大クラッシュ発生「リンが僕の頭上を飛行機のように飛んでいった」とエバンス
21時間
F1 2020年のF1、411億円の損失を計上 2020年のF1、411億円の損失を計上。新型コロナウイルスの影響
22時間
F1 ペレス「みんながレッドブルのマシンに苦しむ理由が分かった」 ペレスはレッドブルF1の"暴れ牛"を飼い慣らせるか?「みんなが適応に苦しむ理由が分かった」
23時間
FE FEディルイーヤePrixレース2決勝:バードが今季初優勝 フォーミュラEディルイーヤePrixレース2決勝:バードが今季初優勝。キャシディは5位
1d
F1 フェラーリ、新車SF21の直線スピードに自信 フェラーリ、新車SF21の直線スピードに自信。ただし開幕後は22年マシンの開発を最優先?
1d
FE メルセデス&ヴェンチュリ、FEディルイーヤレース2に出走へ メルセデス&ヴェンチュリ、フォーミュラEディルイーヤePrixレース2に出走へ。予選は欠場
1d
FE FEディルイーヤePrixレース2予選:フラインスPP。メルセデス欠場 フォーミュラEディルイーヤePrixレース2予選:メルセデス欠場で波乱の予選はキャシディの僚友フラインスがPP
1d

バーレーン、F1テストのため入国する関係者にワクチン接種を実施? F1側は否定

バーレーン王国は、F1テストとF1開幕戦のために渡航する関係者に新型コロナウイルスのワクチン接種を申し出るようだ。

フェラーリF1代表、今季レースを一部欠場へ。2022年マシン開発に注力

フェラーリF1のチーム代表であるマッティア・ビノットは、レギュレーションの大きく変わる2022年シーズンへ向けた準備のため、2021年のレースを数戦欠場することを計画しているようだ。

WRCアークティック・ラリー:タナクが今季初優勝。トヨタのロバンペラが2位、勝田貴元6位

WRC第2戦アークティック・ラリー・フィンランドは、ヒュンダイのオット・タナクが優勝。トヨタはカッレ・ロバンペラが総合2位となった。

F1に”リスキー”なスプリントレースは必要か? フェルスタッペン「決勝が面白くなれば不要」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスは、2021年のF1で試験導入される可能性がある予選スプリントレースについて、必要性を確信できていないという。

今季初開催のF1サウジアラビアGP、今後10年はカレンダーの常連に?

F1は2021年から新たにサウジアラビアを開催地に加える。そして、F1の開催カレンダー担当によると、少なくとも今後10年は同国で開催を続ける予定だという。

サインツJr.、ピレリ18インチタイヤのテストでクラッシュの噂。本人は多くを語らず

フェラーリF1のカルロス・サインツJr.は、今週前半にヘレス・サーキットで開催されたピレリの18インチタイヤテストに参加した際にクラッシュしたとの噂があるが、本人はこれについて一切のコメントを拒否している。

コレア、F2事故の後遺症は“一生続く”と告白。それでも彼をレースに駆り立てるものとは?

ファン・マヌエル・コレアは、FIA F3参戦への準備を進める上で未だに「痛みを感じる」と明かしたが、フォーミュラカーのコックピットに戻ることで多くの人に希望を与えたいと考えている。

フォーミュラE第2戦、ペナルティ多数。ベルニュは3位表彰台を失い、キャシディは5位から14位に

フォーミュラEの第2戦、ディルイーヤePrixのレース2は多くのドライバーがペナルティを受け、ジャン-エリック・ベルニュが3位表彰台を失った。

フォーミュラEで大クラッシュ発生「リンが僕の頭上を飛行機のように飛んでいった」とエバンス

フォーミュラEディルイーヤePrixのレース2でアレックス・リンが病院に搬送された“飛行機事故”のようなクラッシュについて、ミッチ・エバンスが説明した。

2020年のF1、411億円の損失を計上。新型コロナウイルスの影響

2020年のF1は、新型コロナウイルスの影響により開幕時期が遅れただけでなく、レースの開催数が削減され、レースのほとんどは無観客で行なわれた。その結果、F1は多額の損失を計上したが、その額が明らかになった。

ペレスはレッドブルF1の"暴れ牛"を飼い慣らせるか?「みんなが適応に苦しむ理由が分かった」

セルジオ・ペレスは、レッドブルのF1マシンがこれまでに乗ってきたものとは“全く違う”として、なぜ多くのドライバーが適応に苦しんできたのか理解できたと語った。

フォーミュラEディルイーヤePrixレース2決勝:バードが今季初優勝。キャシディは5位

フォーミュラEディルイーヤePrixレース2の決勝が行なわれ、ジャガーのサム・バードが今季初優勝を記録した。

フェラーリ、新車SF21の直線スピードに自信。ただし開幕後は22年マシンの開発を最優先?

フェラーリは昨年直線スピードの遅さに悩まされたが、2021年マシンのSF21ではそれが解消されていると自信を持っている。

メルセデス&ヴェンチュリ、フォーミュラEディルイーヤePrixレース2に出走へ。予選は欠場

フォーミュラEでメルセデス製パワートレインを使用する4台はディルイーヤePrixレース2予選を欠場したが、決勝への参加をスチュワードから許可された。

フォーミュラEディルイーヤePrixレース2予選:メルセデス欠場で波乱の予選はキャシディの僚友フラインスがPP

2020-2021フォーミュラEディルイーヤePrixレース2の予選が行なわれ、ロビン・フラインスがポールポジションを獲得した。

フェルスタッペン、メルセデスF1移籍の”憶測”は気にせず「今季を良い年にすることに集中」

マックス・フェルスタッペンは、メルセデスF1加入の噂は気にせず、自分自身のことに集中すると語った。

日本ともつながりが深いラリー界のレジェンド、ハンヌ・ミッコラ氏亡くなる。享年78歳

フォードやトヨタ、アウディで活躍したラリー界のレジェンド、ハンヌ・ミッコラ氏が2月26日に亡くなった。

F1の70年の歴史を振り返る……DAZNでF1特別番組の配信がスタート

DAZNが、F1の70年にわたる歴史を振り返る特別編集番組『RACE TO PERFECTION(レース・トゥ・パーフェクション)』の配信をスタートさせた。

グリッケンハウス『007 LMH』シェイクダウンは順調も、WEC開幕戦は出場回避

新車『007 LMH』のシェイクダウンを終えたばかりのグリッケンハウスは、ポルトガルで開催されるWEC開幕戦への出場を取りやめたようだ。

キャシディ、”不運”なフォーミュラEデビュー。予選好アタックも抹消に……「これもレース」

フォーミュラEデビュー戦を迎えたニック・キャシディ。予選ではタイム抹消となる不運な展開もあり、決勝レースも19位で終えた。

【トップインタビュー】高橋国光が海を渡り受けた“衝撃”「日本は全てにおいて遅れていた」

半世紀以上に渡ってモータースポーツ界の最前線に身を置いてきた高橋国光氏にmotorsport.comがインタビュー。2輪ライダー時代の知られざるエピソードなどを伺った。

ホンダがモータースポーツに挑む理由:ホンダ・モータースポーツ部長に訊く3

ホンダといえばモータースポーツのイメージが強いメーカーである。今のホンダにとって、F1やスーパーGT、MotoGPなど、モータースポーツに挑む意味とは何なのだろうか?

ニッポンのファンが選ぶ”美しい”F1マシンベスト10

あなたが好きなF1マシンはどれ? ニッポンのF1ファンが選ぶ”美しい”F1マシントップ10。

HRD Sakura連載「テストベンチは面白い!」第4回:エンジン作りに”ゴール”はない

ホンダのスーパーGTとスーパーフォーミュラのラージプロジェクトリーダーを務める佐伯昌浩氏は、「テストベンチは面白い」と常々語っていた。そこで、我々はホンダの開発拠点HRD Sakuraを訪問。話を訊いた。

メルセデスのマシンがF1最強であるために……W05〜W07開発ヒストリー

現在F1最強の名を欲しいままにしているメルセデス。しかし2013年までは、年に1勝できるかどうかのチームだった。2014年、現行のパワーユニットレギュレーションが施行されると、彼らは一気に登り詰めた。そして、それには十分な理由が存在する。

2021年フロア規則変更……最も大きい影響を受けるのはレッドブルかメルセデスか?

2021年のF1マシンは、昨年のマシンから開発が凍結されているため、勢力図に変化はないのではないかとの見方が強い。しかしながら、どうも一部改訂される規則には、勢力図に大きく影響を及ぼす可能性がありそうだ。

メルセデスは、シーズン後のテストを活用するため、アブダビGPを犠牲にした?

最終戦アブダビGPでレッドブルのマックス・フェルスタッペンに完敗を喫したメルセデス勢。しかし彼らは将来のため、この1戦を犠牲にしたのではないかという疑念が生じている。

”秘密の”フロントウイングを投入したレッドブル。それが意味するモノとは?

レッドブルの2020年シーズン用マシンRB16は、シーズン序盤の段階で、空力的にかなり敏感であることが分かった。チームはこの傾向を解消するため、様々なアップデートを定期的に施している。

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。