フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
147 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

fia-f3 News and Analysis

グリッド
リスト

ヴィクトー・マルタンス、スタート直後の大外刈りで”一本勝ち”!|F3第3戦バルセロナレース2

F3第3戦バルセロナのレース2が行なわれ、ヴィクトー・マルタンス(ARTグランプリ)が勝利した。

首位攻防が審議対象も……ヴィダーレスがレース1優勝|F3第3戦バルセロナ

F3第3戦バルセロナのレース1が行なわれ、デビッド・ヴィダーレス(カンポス)がトップチェッカーを受けた。

タイヤギャンブルに3度のセーフティカー……波乱のレースをスタネックが制す|F3第2戦イモラ

FIA F3選手権の第2戦イモラのレース2が行なわれ、ローマン・スタネック(トライデント)が勝利した。

コラピントがファイナルラップに首位奪還。VARに初勝利届ける|F3イモラレース1

F3第2戦イモラのレース1が行なわれ、VARのフランコ・コラピントが優勝を飾った。

雨上がりの難しい路面の予選でゼイン・マロニー最速|F3イモラ予選

F3の第2ラウンドの予選がイモラで行なわれ、ゼイン・マロニー(トライデント)が最速タイムをマークした。

元F1チームオーナーのジャンカルロ・ミナルディ、FIAのシングルシーター委員長に選出

FIAは、シングルシーター委員会のプレジデントに、元F1チームオーナーのジャンカルロ・ミナルディを選出した。

F3バーレーン:レース2はマルタンスが優勝。ルクレール弟、11台抜きで2位表彰台

FIA F3開幕戦バーレーンのレース2が行なわれ、ヴィクトー・マルタンス(ARTグランプリ)がF3通算2勝目を挙げた。

F3バーレーン:レース1はレッドブル育成のハジャー優勝。ベアマン、チェッカー後のペナルティで勝利逃す

FIA F3開幕戦バーレーンのレース1は、ハイテックのアイザック・ハジャーが勝利を飾った。

ハイテック、スポンサーのロシア企業ウラルカリとの契約即時解除を発表。ハースF1に続く

F2&F3に参戦するハイテック・グランプリは、ロシアによるウクライナ侵攻が続く中で、ロシア化学企業であるウラルカリとのスポンサー契約を即時解除した。

F1等配信するDAZNが価格改定&新プラン開始を正式発表。値上げに踏み切った背景の説明も

DAZNは発足から5周年を迎えるにあたり、初の価格改定を実施することを正式に発表した。

岩佐歩夢、DAMSからF2ポストシーズンテストに参加決定。今季はF3で1勝を記録

岩佐歩夢が、FIA F2のポストシーズンテストにDAMSから参加することが明らかとなった。

岩佐歩夢がFIA F3で心得た『欧州で生き抜く術』。理想のマシンで走るために必要な“適応力”と“説得力”

2021年にFIA F3にステップアップした岩佐歩夢。3台体制のチームでは自らの理想のセットアップでレースを戦うことは難しかったもの、その経験を経て学んだこと、成長できたことは大いにあったようだ。

DAZN、2022年のF1、FIA F2、FIA F3配信継続を正式発表

スポーツチャンネルDAZNは、2022年もF1、FIA F2、FIA F3の3カテゴリーのライブ配信を、引き続き継続することを正式に発表した。

岩佐歩夢、FIA F3を戦う中でレッドブルから受けた“アドバイス”。角田裕毅と真逆のアプローチで成長を実感

FIA F3の2021年シーズンを戦った岩佐歩夢は、シーズン途中にレースウィークへのアプローチを変更したことが功を奏するなど、様々な面で成長することができたと感じている。

ニコ・ヒュルケンベルグ、バーバーで開催のテストでインディカー初ドライブへ

元F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルグや、FIA F3で活躍したローガン・サージェントが、来週バーバー・モータースポーツ・パークで行なわれるテストに参加し、初めてインディカーに乗る機会を得るようだ。

F2&F3は“複雑”な3レース制から2レース制に回帰へ。ドライバー達もこの変更を支持

FIA F2とFIA F3のドライバー達は、1大会3レース制が廃止され、来季から1大会2レース制に戻ることに概ね賛同しているようだ。

F3ソチ:ドゥーハンが逃げ切り4勝目、チームタイトル獲得に貢献。岩佐歩夢、9ポジションアップの9位

FIA F3第7戦ソチのレース3が行なわれ、トライデントのジャック・ドゥーハンが今季4勝目を挙げた。

F3:荒天が続くソチ、レース2の中止が決定。岩佐歩夢、3番手スタートも雨で流れる

FIA F3選手権はソチ・オートドロームが悪天候に見舞われていることを受け、レース2の開催中止を決定した。

F3ソチ:急きょ日程変更のレース1、ハウガーが戴冠! 岩佐歩夢は8ポジションアップで10位

F3最終戦ソチのレース1が行なわれ、チャロウズのローガン・サージェントが優勝。プレマのデニス・ハウガーがドライバーチャンピオンを獲得した。

土曜日に雨予報のF1ロシアGP。サポートレースのF3レース1を金曜日に前倒しで実施

F1第15戦ロシアGPは、土曜日に終日激しい雨に襲われる予報となっており、FIAは天候を考慮してFIA F3のレース1を金曜日の夕方に開催を前倒しした。

F3ソチ予選:ノバラク最速タイムも抹消、逆転チャンピオン目指すドゥーハンPP。岩佐歩夢は18番手

F3最終戦の予選がソチ・オートドロームで行なわれ、トライデントのジャック・ドゥーハンがトップタイムをマークした。

F3ザントフールト:レース3はランキング首位のハウガーが完勝。岩佐は序盤でつまずき11位フィニッシュ

FIA F3のザントフールト・レース3が行なわれ、デニス・ハウガー(プレマ)が優勝。岩佐歩夢(ハイテック)は、レース序盤で後退し11位でレースを終えた。

F3ザントフールト:レース2はマルタンス初優勝。岩佐&ポイントリーダーのハウガーはリタイア

FIA F3のザントフールト・レース2が行なわれ、ヴィクトー・マルタンスが優勝。岩佐歩夢はコースオフし、その後リタイアすることになった。

FIA F3最終ラウンド開催地がオースティンからソチに変更。週末にはF2共々3レースずつ実施の強行軍

FIA F3の最終ラウンドが、当初予定されていたアメリカ・オースティンではなく、ロシアのソチに変更されることになった。F1ロシアGPでは、F2とF3がそれぞれ3レースずつ併催されることになった。

F3ザントフールト:岩佐歩夢がレース1で3位表彰台! 好スタート決めたルクレールが優勝

2021年FIA F3ラウンド6のレース1が行なわれ、アーサー・ルクレール(プレマ)が優勝。岩佐歩夢(ハイテックGP)が3位表彰台を獲得した。

F3ザントフールト:予選はランキング首位のハウガーが最速。岩佐歩夢は9番手

2021年FIA F3ラウンド6の予選が、オランダのザントフールト・サーキットで行なわれた。デニス・ハウガー(プレマ)がレース3のポールポジションを獲得した。

F3スパ:レース3はジャック・ドゥーハンが連勝飾る。岩佐歩夢は13位でポイント届かず

F3第5戦スパのレース3が行なわれ、ジャック・ドゥーハン(トライデント)がレース2に続いてポール・トゥ・ウィンを飾った。

F3スパ:レース2はドゥーハン優勝、岩佐歩夢は11位。ラディオンでクラッシュ発生、SCフィニッシュ

F3第5戦スパのレース2が行なわれ、トライデントのジャック・ドゥーハンが今季2勝目を挙げた。

F3スパ:レース1はコロンボが雨の中独走でF3初優勝。岩佐歩夢は15位でポイントに届かず

F3第5ラウンドのレース1がスパ・フランコルシャンで行なわれ、カンポス・レーシングのロレンゾ・コロンボがF3初優勝を果たした。

ジュニアドライバーの登竜門、マカオGPのFIA F3・GTワールドカップは2021年も開催中止が決定

マカオで例年開催されるマカオGPのFIA F3ワールドカップとFIA GTワールドカップは、新型コロナウイルスによる渡航規制を理由に昨年に続き2年連続で開催中止となった。

F3ブダペスト:ランク首位のハウガー、難コンディションのレース3制す。岩佐歩夢は12位でポイント逃す

FIA F3第4戦ブタペストのレース3が行なわれ、プレマのデニス・ハウガーが優勝。岩佐歩夢(ハイテック)は12位でポイントを逃した。

F3ブダペスト:レース2はマッテオ・ナニーニが初優勝。レース1勝者の岩佐歩夢は10位入賞

FIA F3第4戦ブタペストのレース2が行なわれ、マッテオ・ナニーニ(HWA)が優勝。岩佐歩夢(ハイテック)は10位入賞を果たした。

岩佐歩夢、FIA F3初優勝! 2番手フィニッシュもトップチェッカーのコロンボにペナルティで繰り上がり

FIA F3ラウンド4のレース1でトップチェッカーのロレンゾ・コロンボにペナルティが言い渡され、岩佐歩夢の繰り上がり優勝が決まった。

【F3動画】岩佐歩夢F3初優勝。ハンガロリンク レース1ハイライト

ハンガロリンクで行われたFIA F3ハンガリーラウンド、レース1の模様をハイライトでお届け(DAZN提供)

F3ブダペスト・レース1:岩佐初表彰台の2位! トップチェッカーのコロンボは審議対象に

FIA F3ラウンド4ブタペストのレース1が行なわれた。岩佐歩夢がFIA F3で初となる2位表彰台を獲得。優勝はロレンゾ・コロンボ(カンポス)だった。

F3ブダペスト予選:ルクレールが最速タイムをマーク。岩佐歩夢は10番手

FIA F3ラウンド4の予選がハンガロリンクで行なわれ、アーサー・ルクレール(プレマ)が最速タイムをマークした。

F2およびF3、新フォーマットは”成功”と評価。2022年に向けて改良点を検討

FIA F2およびFIA F3選手権は、今季から採用している新フォーマットを成功していると評価。イベントの開催間隔が長いことなど、問題点の改良ができないか検討しているようだ。

2021年F1前半最終戦、”低速”ハンガロリンクを制するのは?:DAZN F1ハンガリーGP配信スケジュール

スポーツチャンネルDAZNの、F1ハンガリーGPの配信スケジュールが決定。併催のFIA F3も含め、全セッションが生配信される。

F3シュピールベルク:岩佐歩夢、12ポジションアップの6位入賞。レース3優勝はベスティ

FIA F3ラウンド3のレース3が行なわれ、フレデリック・ベスティ(ARTグランプリ)が優勝した。

F3シュピールベルク:レース2は“ラルフの息子”、ダービッド・シューマッハーが初優勝。岩佐歩夢は追い上げるも14位

FIA F3ラウンド3のレース2が行なわれ、ダービッド・シューマッハーが初優勝を挙げた。29番手スタートの岩佐歩夢は14位だった。

岩佐歩夢、F3オーストリア戦のレース1で19番手から追い上げ9番手フィニッシュも失格に。オレンジボール旗に従わず

岩佐歩夢は、FIA F3ラウンド3のレース1で9番手でフィニッシュしたが、ピットインを促すオレンジボール旗を無視したことにより失格となった。

F3シュピールベルク:12番手スタートのハウガーが乱戦制す。岩佐歩夢は10ポジションアップで9位入賞

FIA F3ラウンド3のレース1が行なわれ、プレマのデニス・ハウガーが優勝した。19番グリッドスタートの岩佐歩夢は9位入賞を果たした。

F3シュピールベルク:予選はハウガーが今季2度目のPP。岩佐歩夢は19番手

FIA F3ラウンド3の予選が行なわれ、デニス・ハウガーがポールポジションを獲得した。岩佐歩夢は19番手だった。

F1オーストリアGP DAZN配信スケジュール:持ち込みタイヤが1段階柔らかく……レッドブル・ホンダの戦闘力に影響するか?

F1オーストリアGPのDAZNの配信スケジュールが決定。今回のグランプリは、併催のFIA F3、Wシリーズなど、合計15セッションがライブ配信される。

F3ポールリカール・レース3:父に5度の2輪王者を持つ、ドゥーハンがキャリア初優勝! 岩佐は7位入賞

F1第7戦フランスGPと同時開催されているFIA F3の第2ラウンド、ポール・リカール戦のレース2が行なわれ、ジャック・ドゥーハン(トライデント)がフレデリック・ベスティ(ARTグランプリ)とのバトルを制し、キャリア初優勝を遂げた。岩佐歩夢(ハイテック)は、7位入賞を果たした。

F3ポールリカール・レース2:ルクレール弟が初優勝! 兄シャルルも祝福。岩佐歩夢ペース上がらず9位

FIA F3の第2ラウンド、ポール・リカール戦のレース2が行なわれ、F1のフェラーリで活躍中のシャルル・ルクレールの実弟、アーサー・ルクレールが優勝した。岩佐歩夢は9位だった。

F3ポールリカール・レース1:岩佐歩夢、3番手入線も5秒加算ペナルティで8位。優勝スモリア

FIA F3のポール・リカール・ラウンドのレース1は、岩佐歩夢が3番手でフィニッシュするものの、痛恨の5秒加算ペナルティを受けて8位。優勝はアレクサンダー・スモリアだった。

F3ポールリカール予選:ベスティが最速タイム。岩佐歩夢は8番手を獲得

2021年のFIA F3第2ラウンドの予選がフランスのポール・リカール・サーキットで行なわれ、フレデリック・ベスティ(ARTグランプリ)が最速。日本人ドライバーの岩佐歩夢は8番手となった。

インディ500連覇&3勝目を目指す佐藤琢磨。角田裕毅や岩佐歩夢ら”後輩”たちと「互いに刺激し合っていきたい」

インディ500での3勝目を目指す佐藤琢磨は、ヨーロッパで戦う”後輩”とも言える角田裕毅や岩佐歩夢について語り、彼らを含めた海外で戦う日本人ドライバーたちと、刺激し合っていきたいと語った。

F3バルセロナ:レース3はレッドブル育成のハウガーが独走V。岩佐歩夢は15位

FIA F3開幕戦バルセロナのレース3が行なわれ、プレマのデニス・ハウガーが優勝した。岩佐歩夢は15位だった。

F3バルセロナ:岩佐歩夢、波乱のレース2を生き残り7位初入賞。優勝はコールドウェル

FIA F3開幕戦バルセロナのレース2はプレマのオリー・コールドウェルが優勝した。岩佐歩夢は7位で初入賞となった。

F3バルセロナ:岩佐歩夢のデビュー戦は19番手スタートから14位。レース1優勝はスモリャル

FIA F3開幕戦バルセロナのレース1はARTグランプリのアレクサンダー・スモリャルが優勝した。岩佐歩夢は14位だった。

F3バルセロナ予選:岩佐歩夢、F3デビュー戦は予選19番手タイム。PPはハウガー

2021年のFIA F3開幕ラウンド予選がスペインのカタルニア・サーキットで行なわれた。ポールポジションを獲得したのは プレマのデニス・ハウガーだ。日本人ドライバーの岩佐歩夢は19番手タイムとなった。

DAZN F1スペインGP配信スケジュール:トータルバランスが求められるコースを制するのは? 岩佐参戦F3も開幕

DAZNのF1スペインGPの配信スケジュールが確定。今回が開幕ラウンドとなる岩佐歩夢も参戦するFIA F3も併催される。この全セッションがライブ配信されることになる。

次代のF1候補生“岩佐歩夢” 第3回:F1を志したのは2年前。その裏にある“本当の目標”

2021年はレッドブルジュニアの一員としてFIA F3に参戦する岩佐歩夢。アルファタウリの角田裕毅に続く次の日本人F1ドライバー候補の筆頭である岩佐は一体どんなドライバーなのか? 彼の知られざる経歴やバックボーン、私生活などを3回に渡る連載で紐解いていく。今回はその第3回。

次代のF1候補生“岩佐歩夢” 第2回:沈着冷静な走りが身上。野生の本能をスパイスとして加えられるか

2021年はレッドブルジュニアの一員としてFIA F3に参戦する岩佐歩夢。アルファタウリの角田裕毅に続く新たな日本人F1ドライバー候補の筆頭である岩佐は一体どんなドライバーなのか? 彼の知られざる経歴やバックボーン、私生活などを3回に渡る連載で紐解いていく。今回はその第2回。

次代のF1候補生“岩佐歩夢” 第1回:レッドブル育成として臨むFIA F3では「優勝狙える」と自信

2021年はレッドブルジュニアの一員としてFIA F3に参戦する岩佐歩夢。アルファタウリの角田裕毅に続く新たな日本人F1ドライバー候補の筆頭である岩佐は一体どんなドライバーなのか? 彼の知られざる経歴やバックボーン、私生活などを3回に渡る連載で紐解いていく。

F2&F3、ハイブリッド&バイオ燃料導入に向け議論開始「しかし今後3年は新車投入はない」

F1への登竜門としての位置付けにあるFIA F2とFIA F3は、将来的にはハイブリッドエンジンやバイオ燃料を導入することについて、検討しなければならないとCEOのブルーノ・ミシェルは語る。

DAZN、2021年もFIA F2&F3を全レース配信へ。F2には佐藤万璃音、F3は岩佐歩夢が参戦

スポーツチャンネルDAZNは2021年のFIA F2&F3の全レース配信を行なうことを明らかにした。

コレア、F2事故の後遺症は“一生続く”と告白。それでも彼をレースに駆り立てるものとは?

ファン・マヌエル・コレアは、FIA F3参戦への準備を進める上で未だに「痛みを感じる」と明かしたが、フォーミュラカーのコックピットに戻ることで多くの人に希望を与えたいと考えている。