F1
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
フェラーリ代表、ドライバーの関係悪化を否定
フェルスタッペン、ガスリーの2位を喜ぶ
メルセデスとの差は詰まってきている……レッドブル代表、ホンダ前進に手応え
レッドブル代表、戦略担当女史を表彰台に送る
メルセデス、ハミルトン3度目のピットストップは”愚かなミス”と後悔

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、ブラジルGPでの同士討ちが「関係を悪くするかもしれない」と示唆しながらも、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールは基本的に良い関係を築いていると主張した。

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、ブラジルGPで2位表彰台を獲得したトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーの仕事ぶりを「信じられないほど」と語り、メルセデスのルイス・ハミルトンも「本当に素晴らしい」と賞賛した。

ブラジルGPで今季3勝目を挙げたレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、ホンダの前進に手応えを感じ、メルセデスとの差が縮まってきていると認識していると語った。

F1ブラジルGPで優勝を手にしたレッドブルは、コンストラクター代表として戦略担当のハンナ・シュミッツを表彰台に上げた。これは、フェルスタッペン優勝の手助けとなった”勇敢”な指示に相応しい報酬だったと、クリスチャン・ホーナー代表は説明する。

メルセデスF1のテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンは、ブラジルGPでルイス・ハミルトンが行った3度目のピットストップを悔いている。

フェラーリ代表、ドライバーの関係悪化を否定「“修羅場”にはならないはず……」

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、ブラジルGPでの同士討ちが「関係を悪くするかもしれない」と示唆しながらも、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールは基本的に良い関係を築いていると主張した。

「信じられないほど素晴らしい結果」フェルスタッペン、ガスリーの2位を喜ぶ

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、ブラジルGPで2位表彰台を獲得したトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーの仕事ぶりを「信じられないほど」と語り、メルセデスのルイス・ハミルトンも「本当に素晴らしい」と賞賛した。

メルセデスとの差は詰まってきている……レッドブル代表、ホンダの前進に手応え

ブラジルGPで今季3勝目を挙げたレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、ホンダの前進に手応えを感じ、メルセデスとの差が縮まってきていると認識していると語った。

”働くお母さん”の希望に……レッドブル代表、戦略担当女史を表彰台に送る

F1ブラジルGPで優勝を手にしたレッドブルは、コンストラクター代表として戦略担当のハンナ・シュミッツを表彰台に上げた。これは、フェルスタッペン優勝の手助けとなった”勇敢”な指示に相応しい報酬だったと、クリスチャン・ホーナー代表は説明する。

愚かなミスだった……メルセデス、ハミルトン3度目のピットストップを後悔

メルセデスF1のテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンは、ブラジルGPでルイス・ハミルトンが行った3度目のピットストップを悔いている。

トロロッソ代表、初表彰台獲得のガスリーは「”円熟”したドライビングだった」と称賛

トロロッソのフランツ・トスト代表は、F1ブラジルGPでクレバーなドライビングを見せて2位を獲得したピエール・ガスリーを称賛した。

ホンダ本橋エンジニア、トロロッソのガスリーとの表彰台に”感無量”

ホンダのトロロッソ担当F1チーフエンジニアである本橋正充エンジニアは、ホンダがトロロッソと組んで以来ずっとドライバーを務めているピエール・ガスリーがブラジルGPで表彰台を獲得したことについて、感無量だとコメントを寄せた。

フェラーリ代表、同士討ちは“愚か”と失望「チームに謝るべき」

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、F1ブラジルGPで起こったセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールの同士討ちについて「愚かな動き」だとコメントした。

アルボン、接触で表彰台逃し”動揺”。それでも「ハミルトンには怒っていない」

レッドブルのアレクサンダー・アルボンは、F1ブラジルGPでルイス・ハミルトンと接触しスピンを喫したが、ハミルトンを責めていないという。

サインツJr.、DRS使用違反を疑われるも、”幸運な”初表彰台が確定

ルイス・ハミルトンにペナルティが科されたことで3位に繰り上がったマクラーレンのカルロス・サインツJr.。彼もDRSの不正使用の疑いがかけられたが、問題なかったことが確認されたため、3位表彰台が確定した。マクラーレンにとっても5年ぶりの表彰台となった。

ホンダパワー炸裂! 胸を張れる結果に田辺F1TD「ドライバーに力を与えられた」

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、ホンダパワーユニット勢がワンツーフィニッシュを成し遂げたブラジルGPで「ドライバーに力を与えられた」と語った。

【動画】2019年F1第20戦ブラジルGP決勝ハイライト

2019年F1ブラジルGPは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝。トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが2位に入り、ホンダパワーユニット勢によるワンツーフィニッシュとなった。F1の歴史の中でも指折りの乱戦となった決勝レースの模様を、ハイライト動画でお届けする。

歓喜のF1初表彰台。ガスリー「僕の人生で最高の日だ!」

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、ブラジルGPでF1初表彰台を獲得したことを大いに喜び、「人生最高の日」だと語った。

F1ブラジルGP決勝:F1史に残る乱戦。ホンダPU勢が28年ぶりのワンツー!

F1ブラジルGPの決勝が行われ、大波乱の中レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがポールトゥウィンを飾った。2位にはトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが入り、ホンダパワーユニット勢が28年ぶりにワンツーフィニッシュを成し遂げた。

フェラーリ、衝撃の同士討ち。ドライバーふたりはレース後スチュワードに召喚

F1ブラジルGPで同士討ちを演じたフェラーリのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールは、レース後にスチュワードに召喚された。

ハミルトン、アルボンとの接触によりペナルティ。表彰台を逃す「完全に僕のせいだ」

F1ブラジルGPの決勝で3番手フィニッシュを果たしたハミルトンは、レース終盤のアルボンとの接触の責任を問われ、5秒のタイム加算ペナルティを科された。これにより、マクラーレンのカルロス・サインツJr.が自身初の表彰台を手にした。

2019年F1世界選手権第20戦ブラジルGP 決勝ライブテキスト

2019年のF1世界選手権第20戦ブラジルGP決勝レースの模様を、ライブテキストでお届けします。

メルセデス、ポール逃したフェラーリの”変化”に注目「予選はそれほど速くなかった」

メルセデスのテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンは、フェラーリが過去2戦でポールポジションを逃したのは”興味深い”結果だと話した。

リカルド、古巣レッドブルのPPに悔しさなし?「彼らのダウンフォースには脱帽!」

ダニエル・リカルドはブラジルGP予選でのマックス・フェルスタッペン、そしてレッドブル・ホンダの“印象的な”活躍に対して、悔しさよりも嬉しさを感じていると主張した。

サインツJr.、最後尾グリッドから怒涛の追い上げなるか? 「決勝は全開でいく」

トラブルによりブラジルGP決勝をグリッド最後方からスタートすることとなったカルロス・サインツJr.は、出来る限り全開アタックをして追い上げると意気込んだ。

空気が薄い! 冷却と空力にどう対処する?|メキシコGPピットレーン直送便

25日から走行が始まる2019年F1第18戦メキシコGP。日本GPから2週間、標高が高く気圧の低いメキシコ・シティで、各車どんなパフォーマンスを見せるのか? アップデートを中心に、パーツのクローズアップをピットレーンがらお届け。

F1メカ解説:メルセデスが鈴鹿で見せた”反撃”

今シーズン夏休み明け、フェラーリに差をつけられることになったメルセデス。しかし日本GPでアップデートを投入。予選では差をつけられたものの、決勝ではタイヤマネジメントも活かし、勝利を手にした。彼らはどんな改良を施してきたのか?

終盤戦でも、F1の開発は止まらず。各チームが鈴鹿に持ち込んだ空力アップデート

2019年の日本GPを制したのは、メルセデスだった。メルセデスはそれまで、進歩を遂げたフェラーリの前に苦戦続き。しかし鈴鹿に持ち込んだ空力のアップデートが功を奏したか、戦闘力を向上させ、フェラーリを撃破した。ただ今回アップデートを行ったのは、メルセデスだけではなかった……。

F1メカ解説|日本GPピットレーン直送便|各チームが持ち込む”細やかな”改良

日曜日に予選と決勝レースが行われることになった219年のF1日本GP。各チームが持ち込んだアップデートパーツを、ピットレーンから直送!

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。