F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
51 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
58 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
72 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
86 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
107 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
121 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
142 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
156 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
163 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
177 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
191 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
219 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
226 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
247 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
261 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
275 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
282 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
296 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
310 days
ラティフィ、ロズベルグと同じ『6番』を使用
アゼルバイジャンGP、4年間で約560億円の経済効果
FIA会長、F1開催数増加への批判に反論
岩佐歩夢、SRSスカラシップ獲得すぐ海外へ
ガスリー、激動の2019年を振り返る

2020年にウイリアムズからF1デビューを果たすニコラス・ラティフィ。彼はカーナンバーに2016年のF1王者であるニコ・ロズベルグと同じ「6」を選択したようだ。

F1アゼルバイジャンGPの主催者は、F1レースを4年間にわたって開催したことで、約5億ドルの経済効果があったと語った。

FIAのジャン・トッド会長は、F1の開催カレンダーの拡大にF1で働く人たちは不満を言うべきではなく、このスポーツに参加できることを幸運だと感じるべきだと語る。

2019年の鈴鹿サーキット・レーシングスクール-フォーミュラでスカラシップを獲得した岩佐歩夢は、2020年にいきなりフランスF4に参戦することになった。SRS-Fヴァイス・プリンシパルの中野信治に、その経緯、期待について訊いた。

トロロッソ改めアルファタウリ・ホンダから2020年のF1に参戦するピエール・ガスリーは、最高と最低の瞬間を経験した2019年シーズンは、ハリウッド映画のようだったと語った。

F1デビューのラティフィ、ロズベルグと同じ『6番』をカーナンバーに選択

2020年にウイリアムズからF1デビューを果たすニコラス・ラティフィ。彼はカーナンバーに2016年のF1王者であるニコ・ロズベルグと同じ「6」を選択したようだ。

まさに“F1特需”! アゼルバイジャンGP、4年間で約560億円の経済効果生む

F1アゼルバイジャンGPの主催者は、F1レースを4年間にわたって開催したことで、約5億ドルの経済効果があったと語った。

FIA会長、F1開催数増加への批判に反論「我々は幸せな仕事に就いている」

FIAのジャン・トッド会長は、F1の開催カレンダーの拡大にF1で働く人たちは不満を言うべきではなく、このスポーツに参加できることを幸運だと感じるべきだと語る。

岩佐歩夢、SRSスカラシップ獲得すぐ海外へ……中野信治「1秒でも早く行くべき」

2019年の鈴鹿サーキット・レーシングスクール-フォーミュラでスカラシップを獲得した岩佐歩夢は、2020年にいきなりフランスF4に参戦することになった。SRS-Fヴァイス・プリンシパルの中野信治に、その経緯、期待について訊いた。

ハリウッド映画のようだった……ガスリー、激動の2019年を振り返る

トロロッソ改めアルファタウリ・ホンダから2020年のF1に参戦するピエール・ガスリーは、最高と最低の瞬間を経験した2019年シーズンは、ハリウッド映画のようだったと語った。

ウイリアムズ、ティクトゥムの貢献に期待「素晴らしい才能を活用できる」

ウイリアムズは、開発ドライバーに起用したダニエル・ティクトゥムの可能性を最大限に活用できると確信しているようだ。

”混乱期”にあるルノー。F1活動の継続は”2021年改革”の行方次第?

F1のレギュレーションが2021年に変更され、新たなコンコルド協定が結ばれることで、ルノーのF1活動にポジティブな影響を与えるかもしれない。

フェラーリ兄弟コンビ誕生なるか? ルクレールの弟アーサーがFDA加入

フェラーリ・ドライバー・アカデミーは、シャルル・ルクレールの弟であるアーサーを新たに加入させることを発表した。

新世代の“波”にハミルトンは耐えられるのか? レッドブル代表「バトルが楽しみ」

レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンを始めとする“新世代の波”に、ルイス・ハミルトンが対抗できるかが楽しみだと語った。

成長力はAクラス? ペレス、レーシングポイントの“可能性”に期待大

セルジオ・ペレスは、2018年にチームが危機を迎えていたことから、2021年には他のどのチームよりも成長する余地があると考えている。

輝きを取り戻せるか。ウイリアムズ、2020年シーズンに向け”健全”な予算を確保

ウイリアムズは、分配金とスポンサーの減少にも関わらず、2020年に向けて健全な予算が用意できていると主張した。

サウジアラビアに建設中の新サーキット。2023年F1開催を目指す?

サウジアラビアのキッディヤに建設中の新しいサーキットは、2023年からF1グランプリを開催する準備が出来ているという。サーキットの代表が、1月17日(金)に行われたイベントでそう語った。

メルセデスF1、7年連続ダブルタイトル獲得へ……2020年の新車発表日程が決定

メルセデスF1チームが、2020年用マシンの発表&シェイクダウンテストの日程を明らかにした。

“レッドブル1強”の時代をもう1度……フェルスタッペン、チームに全幅の信頼

マックス・フェルスタッペンは、レッドブルがF1を席巻していた時代を再現したいと言い、チームにはそれを達成するための“勝者のメンタリティ”があると語った。

F1商業部門のトップが離脱へ? 家族との生活を優先

F1のオーナー企業であるリバティ・メディアは、F1の商業部門を取り仕切るショーン・ブラッチズの退任を決断したようだ。ブラッチズは早ければ来週にも、F1から離脱することになりそうだ。

“伝統的”なデザインに。F1ベトナムGP、竣工したピットビルを公開

2020年4月に初開催が予定されているF1ベトナムGP。建設が進むサーキットから、既に竣工したピットビルの写真が公開された。

前に進み続けないと! 2020年のマクラーレン、CEOは“堅実な”予想示す

マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、2020年シーズンに2019年と同じような“大きな前進”を果たせるとは予想していないようだ。

ハミルトンはもっと、もっと強くなる? 「今年別レベルになる」とSNSで決意表明

これまで通算6度のF1世界チャンピオンに輝いているルイス・ハミルトンは、これまでとは”別のレベル”で働くことを目指すため、F1で”マシン”になると語る。

「安直な言い訳はしない」クビサ、ウイリアムズでの大苦戦を振り返る

2019年にF1に復帰したロバート・クビサは、ウイリアムズでの苦戦をタイヤのせいにするのは安直だと語った。

”伝説の”シーズンに? レッドブル代表「誰かが手品みたいなことをしなければ」

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、2020年シーズンについて、いずれかのチームが”手品のようなこと”を実現しない限り、レッドブル・ホンダ、メルセデス、フェラーリの3チームによる、激しい争いになるだろうと語る。

タイトル争いには破れたが、方向性は間違っていなかった? フェラーリSF90開発記

シーズン開幕前のテストで速さを見せたのは、フェラーリだった。しかし、シーズンが始まると失速。タイトル争いでもメルセデスに敵わず、レッドブル・ホンダにも脅かされるシーンが多々あった。そのフェラーリSF90の開発を振り返る。

レッドブル+ホンダのパートナーシップ1年目、その開発を振り返る

2019年シーズンに3勝を挙げたレッドブル・ホンダ。シーズン前半こそ苦戦したものの、徐々にRB15の戦闘力を向上させ、オーストリア、ドイツ、ブラジルで勝利。メルセデスとフェラーリを苦しめた。そのマシン開発を振り返る。

躍進のマクラーレン……トップ3の”直後”を手にした、2019年の開発とは?

2019年シーズンのF1も、少しでもパフォーマンスを向上させるため、各チームが様々なアップデートを施してきた。今季躍進を遂げたマクラーレンがどんな開発を行ったのか? イラストと写真で振り返ってみよう。

トロロッソ・ホンダ、2年目の”飛躍”。STR14をどうアップデートしたのか?

ホンダとの提携2年目を迎えたトロロッソは、2度の表彰台を獲得。シーズンを通じて空力性能の改善に集中し、チーム史上最高タイとなるランキング6位を手にした。

最新アプリ登場!
今すぐダウンロード

Motorsport.comアプリは、お気に入りのレースシリーズのすべての情報を提供し、最高のコンテンツと結果、特別な機能、統計などに直接アクセスすることができます。