フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ 日付
238 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……
日付

fia-f2 News and Analysis

グリッド
リスト

角田裕毅に先を越される形に……レッドブル育成のヴィップス「F1昇格のチャンスは必ずやってくるはず」

レッドブルジュニアドライバーのユーリ・ヴィップスは、角田裕毅に先を越されてはしまったものの、F1昇格のチャンスが将来的にあると感じており、準備をしながらその時をじっくりと待つ構えだ。

F2サヒール:レース3は周冠宇がポールトゥウィン。佐藤万璃音14位

FiA F2開幕戦のレース3が行なわれ、ユニ-ヴィルトゥオーシの周冠宇が優勝した。佐藤万璃音は14位だった。

F2サヒール:レース2はピアストリが逆転優勝。佐藤万璃音は8位でポイント獲得

FIA F2開幕戦のレース2がバーレーンで行なわれ、オスカー・ピアストリ(プレマ・レーシング)が優勝を果たした。

F2サヒール:レース1はレッドブル育成対決制したローソンがデビュー戦初優勝。佐藤万璃音は15位

FIA F2開幕戦のレース1が行なわれ、ハイテックのリアム・ローソンが優勝した。佐藤万璃音は15位だった。

F2サヒール予選:周冠宇がルンガーを0.003秒差で下しPP。佐藤19番手

FIA F2開幕戦の予選では、ユニ-ヴィルトゥオーシの周冠宇がポールポジションを獲得した。佐藤万璃音は19番手だった。

F2&F3、ハイブリッド&バイオ燃料導入に向け議論開始「しかし今後3年は新車投入はない」

F1への登竜門としての位置付けにあるFIA F2とFIA F3は、将来的にはハイブリッドエンジンやバイオ燃料を導入することについて、検討しなければならないとCEOのブルーノ・ミシェルは語る。

DAZN、2021年もFIA F2&F3を全レース配信へ。F2には佐藤万璃音、F3は岩佐歩夢が参戦

スポーツチャンネルDAZNは2021年のFIA F2&F3の全レース配信を行なうことを明らかにした。

佐藤万璃音、今季もトライデントからFIA F2に参戦決定! チームメイトはビスカール

佐藤万璃音がトライデントとの契約を延長し、2021年もFIA F2に参戦することが決まった。チームメイトは、昨年FIA F3を戦っていたベント・ビスカールが務める。

F2フォーマット大幅変更受け周冠宇「予選で10番手を狙った方が有利なのか……?」

FIA F2に参戦する周冠宇は、2021年シーズンからレースフォーマットが大幅に変更されたことを受け、予選でポールポジションを狙うべきか10番手を狙うべきか迷っていると語った。

周冠宇、F1昇格に向け勝負の年「彼のように有望な中国人は当面現れないだろう」とアルピーヌ

アルピーヌ・アカデミーのミア・シャリズマンは、周冠宇がF1昇格を逃せば、初の中国人F1ドライバーが誕生するチャンスは向こう20年やってこないと考えている。

カンポスからF2昇格のペテコフはフォーミュラ・リージョナル王者。亡き創業者の想い背負う

2020年のフォーミュラ・リージョナル欧州選手権王者であるジャンルカ・ペテコフは、2021年にカンポスからFIA F2に参戦することとなった。

ウイリアムズF1のテストドライバー、ロイ・ニッサニーがDAMSのF2チームに加入

ウイリアムズF1のテストドライバーを務めるロイ・ニッサニーが、今季のFIA F2にDAMSから参戦することが決まった。

元F1ドライバーのロベルト・メリ、MPモータースポーツからFIA F2に復帰か? 

元F1ドライバーのロベルト・メリは、FIA F2に3シーズンぶりの復帰を果たす可能性があるようだ。

【訃報】エイドリアン・カンポス亡くなる。元F1ドライバーで、カンポス・レーシングのオーナー

カンポス・レーシングのオーナーでミナルディの元F1ドライバーであるエイドリアン・カンポスが60歳で亡くなった。

ジュリアーノ・アレジ、今季はSFライツとGT300参戦へ。父ジャンが明かす

ジャン・アレジと後藤久美子の息子であるジュリアーノ・アレジが、2021年に来日し、スーパーフォーミュラ・ライツとスーパーGTのGT300クラスに参戦することになったようだ。

HWAがF2参戦ドライバーを発表。ナニーニはF3とのダブルエントリーで45レースを戦う

HWAは、2021年シーズンのFIA F2でマッテオ・ナニーニとアレッシオ・デレッダを起用することを発表。ナニーニはFIA F3との掛け持ちで参戦することとなった。

2020年ホンダ系ドライバーの大活躍は、相乗効果の賜物?:佐藤琢磨インタビュー

2020年にインディ500で2勝目を挙げた佐藤琢磨。しかし彼だけでなく、ホンダ系ドライバーが大活躍したのが、2020年シーズンだった。佐藤は、それぞれのドライバーの活躍が相乗効果になったと考えている。

角田裕毅はガスリーに匹敵する速さを見せるはず……F2時所属チームオーナー語る

2021年にアルファタウリ・ホンダからF1デビューする角田裕毅について、F2時代の所属チームであるカーリンのオーナーであるトレバー・カーリンは、1年目からチームメイトのピエール・ガスリーを脅かすかもしれないと考えている。

絶対王者か? それとも“二冠王”か? 読者が選ぶ2020年ベストドライバー/ライダー

Twitterにて募集した、2020年のベストドライバー/ライダーの結果を一挙に紹介!

日々進化を続ける角田裕毅。ランキング3位を手繰り寄せた「“緊張”や“焦り”の解消」

角田裕毅は、FIA F2を戦った2020年シーズンにメンタル面で大きく成長したといい、それがランキング3位獲得、そしてF1昇格に繋がったと考えている。

みんなで振り返ろう、2020年のモタスポ。今年もあなたの“1番”をTwitterで募集!

コロナ禍により類を見ない混乱に見舞われた2020年。そんな中でも我々を熱狂させてくれたモータースポーツを、今年も振り返りましょう!

【フォトギャラリー】写真で振り返る角田裕毅“F1ドライバー”への歩み(2017〜2020)

2021年シーズンにアルファタウリ・ホンダからF1デビューすることが決まった角田裕毅。彼がF1への切符を手にするまでの歩みをフォトギャラリー形式で振り返る。

アイロット、来季はF2に参戦せずF1リザーブドライバーに?「F2で証明するものはない」

2020年のFIA F2でランキング2位となったカラム・アイロットは、来季もF2に参戦することはないだろうと語った。

レッドブル代表、ユーリ・ヴィップスの来季F2参戦を認める「間違いなく才能がある」

レッドブルのクリスチャン・ホーナーは、育成ドライバーであるユーリ・ヴィップスが2021年はFIA F2に参戦することになるだろうと認めた。

F2ストーブリーグも本格始動。プレマはシュバルツマン&F3王者ピアストリの布陣に

2021年シーズンに向けたFIA F2のストーブリーグも徐々に動きを見せ始めている。2020年のチャンピオンチームであるプレマは、オスカー・ピアストリとロバート・シュバルツマンを起用することとなった。

自らが果たせなかった“夢の続き”をF1で……佐藤琢磨、角田裕毅に想い託す

2021年シーズンのF1昇格が有力視されている角田裕毅について、佐藤琢磨は「自分たちが成し遂げられなかった“F1での夢”を託したい」とエールを送った。

角田裕毅、いざF1へ「現行ルール下で初の日本人F1ドライバーになれるのは誇り」

角田裕毅は、スーパーライセンスの発給条件を満たしたことについて、「もし来年F1にデビューできれば、現行ルール下で初の日本人F1ドライバーになれる……それは誇りに思えること」と語った。

F1昇格の発表はいつか? 角田裕毅「鈴鹿で、日本のファンの前で走りたい」

2020年のFIA F2でランキング3位になった角田裕毅は、もし来年F1に行けたら、「鈴鹿の日本のファンの前で走りたい」と語った。

F2サクヒール2:シューマッハー戴冠。角田は8番手から追い上げ2位、ランク3位で締め括り

FIA F2最終戦サクヒールのレース2が行なわれ、ユアン・ダルバラが優勝し、角田裕毅が2位と、カーリンが1-2フィニッシュ。年間チャンピオンにはミック・シューマッハーが輝いた。

【動画】2020年FIA F2最終戦サクヒール:レース2ハイライト

2020年FIA F2最終戦サクヒールのレース2をハイライトでお届け。

今季3勝目でランク4位以内を確定……角田裕毅「残り1戦、できる限り戦う」

FIA F2の最終戦サクヒールのレース1で勝利を納め。F1参戦に必要なスーパーライセンスの発給条件を満たした角田裕毅が、レース後の記者会見に応じた。

F2最終戦サクヒールのレース1、最終順位が確定。角田優勝でランキング4位以上確定!

FIA F2の最終戦レース1の決勝順位が確定。角田裕毅の今季3勝目が確定し、F1参戦に必要なスーパーライセンス発給条件を満たす、ドライバーズランキング4位以内を確定させた。

F2サクヒール2:角田裕毅、レース1でトップチェッカーも審議中。優勝確定でランク5位以内が確定

FIA F2最終戦サクヒールのレース1が行なわれ、角田裕毅がトップチェッカーを受けたが、“ターン1でのインシデント”がレース後に審議されるようだ。

【動画】2020年FIA F2最終戦サクヒール:レース1ハイライト

2020年FIA F2最終戦サクヒールのレース1をハイライトでお届け。

角田裕毅、F1昇格に向け勝負のレースはPPから「あとは自分の仕事をするだけ」

FIA F2最終戦レース1をポールポジションからスタートする角田裕毅は、カーリンのマシンの速さに自信を持っており、あとは自分の仕事をするだけだと述べた。

F2サクヒール2:角田裕毅、フリー走行首位! スーパーライセンス確保に向け好発進

2020年FIA F2最終戦サクヒールのフリー走行が行なわれ、カーリンの角田裕毅がトップタイムを記録した。

F2サクヒール2予選:角田裕毅、今季4度目PP! 貴重な4点を手にしランク4番手に

FIA F2最終戦サクヒールの予選が行なわれ、角田裕毅がポールポジションを獲得した。

佐藤琢磨、F1目指す角田裕毅にエール。「岩佐歩夢とレースしてみたい」とも

佐藤琢磨が、来季F1デビューを目指す角田裕毅にエールを送った。そして自身が校長を務めるSRSの2019年卒業生である岩佐歩夢とレースで戦ってみたいとも語った。

3レース制となったF2&F3の新フォーマットが明らかに。レース1&2がリバースグリッド

FIA F2選手権とFIA F3選手権は、2021年シーズンからの新たなレースフォーマットを発表。ふたつのスプリントレースとひとつのフィーチャーレースで構成される3レース制となることが明らかとなった。

ハースF1加入のマゼピン、契約は“複数年”「F2で見せた力を今後も示し続けたい」

2021年からハースF1チームの一員となるニキータ・マゼピンは、F1ドライバーになるという長年の夢が叶ったと語り、F2で見せた能力を証明し続けたいと意気込んだ。

F2王座争うアイロット、来季のF1シートを獲得できず。SNSで発表

カラム・アイロットは、シートを獲得できなかったことから来季F1でレースをすることはないと発表した。

F2サクヒール:角田裕毅、レース2は不運な接触で15位。ランク5番手に後退

FIA F2第11戦ラウンドのレース2は、ロバート・シュバルツマンが優勝した。角田裕毅は15位だった。

【動画】2020年FIA F2第11戦サクヒール:レース2ハイライト

2020年FIA F2第11戦サクヒールのレース2をハイライトでお届け。

【動画】2020年FIA F2第11戦サクヒール:レース1ハイライト

2020年FIA F2第11戦サクヒールのレース1をハイライトでお届け。

F2サクヒール:角田裕毅、逆境跳ね返し圧巻の16台抜き6位。優勝ドルゴビッチ

FIA F2第11戦サクヒールのレース1が行なわれた。優勝したのはフェリペ・ドルゴビッチで、角田裕毅は6位だった。

F2サクヒール予選:角田裕毅、まさかのスピンで最後尾スタートに。アイロットPP

FIA F2第11戦サクヒールの予選では、カラム・アイロットがポールポジションを獲得した。角田裕毅はスピンが響き22番手に終わった。

DAZNでバーレーンGP全セッション生配信……角田裕毅F1へ、負けられないF2も配信

スポーツチャンネルDAZNでは、F1の第15戦バーレーンGPの模様も全セッション生配信。来季F1参戦を目指す角田裕毅が出走するFIA F2の全セッションも視聴することができる。

スーパーライセンス獲得に失敗すれば来季は日本? 角田裕毅、F1に向け勝負のF2終盤戦へ

角田裕毅は、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコから、今季F2でランキング5位以内に入れなければ日本に戻る可能性があると示唆されているようだ。

ショーン・ゲラエル、背骨骨折から3ヵ月ぶりに復帰。FIA F2バーレーン戦に出走

ショーン・ゲラエルは、バーレーンで行なわれるFIA F2の第11戦で5ラウンドぶりの復帰を果たすこととなった。

F2&F3が2021年暫定開催カレンダーを公開。F3は北米初上陸へ

FIA F2とFIA F3が、2021年シーズンの開催カレンダー暫定版を発表。F2はサウジアラビアでの初開催が決まり、F3はアメリカで開催されることになった。

FIA F2&FIA F3、来季から1ラウンド3レース制に。それぞれを別の週末に開催

FIA F2選手権とFIA F3選手権は、コスト削減の一環として2021年にレースフォーマットを大幅に変更することとなった。

カーリン代表、角田裕毅のF1昇格に太鼓判「彼は”F2最速”のドライバーだ!」

トレバー・カーリンは、自らのF2チームで起用している角田裕毅について、ポイントリーダーのミック・シューマッハーよりも速いと考えているようだ。

テオ・プルシェール、HWAからF2の終盤2ラウンドに出走へ。今季F3で王者争い

テオ・プルシェールは、バーレーンで行なわれるFIA F2の終盤2ラウンドにHWAから出走することとなった。

アルファタウリ代表、ホンダF1参戦終了による角田への影響を否定「我々は速さで選ぶ」

アルファタウリのフランツ・トスト代表は、ホンダが2021年を最後にF1から離れることで、角田裕毅の将来に影響を与えるのではないかという憶測を否定。レッドブルは常に純粋なパフォーマンスでドライバーを選んでいると主張した。

「プレッシャーはむしろ力になる」ランク3番手の角田、残る2ラウンドでF2王者目指す

FIA F2選手権に挑戦している角田裕毅は、残る2ラウンドで全力を尽くし、チャンピオンを目指して戦っていくと語った。

ギオット、大惨事を免れる……クラッシュしたマシンの消火開始が遅れた理由は?

F1レースディレクターのマイケル・マシは、ソチ・オートドロームで行なわれたFIA F2のスプリントレースで、コースマーシャルがクラッシュし出火したルカ・ギオットのマシンの消火に向かうのが遅れた理由について説明した。

あわや大惨事。時速250kmでバリアに突っ込んだエイトケン「とても怖かった……」

ジャック・エイトケンは、ソチで行なわれたF2スプリントレースでのクラッシュの原因が、パンクにあることを明らかにした。

【動画】2020年FIA F2ソチ戦レース2ハイライト

2020年FIA F2選手権レース2の模様を、DAZNのハイライト動画でプレイバック。

F2ソチ:大クラッシュ発生でレース2は途中終了。周が初勝利、角田は6位でランク3番手

FIA F2ソチのレース2は事故の影響で途中終了となり、周冠宇が優勝した。角田裕毅は6位だった。