ローラ復活! 往年のコンストラクターが新オーナーの下再始動。ル・マン24時間レースへの復帰目指す

イギリスの名門レーシングマシンコンストラクター、ローラが新オーナーの下で再始動。今後2年以内にグリッドにマシンを並べることを目指していると分かった。

ローラ復活! 往年のコンストラクターが新オーナーの下再始動。ル・マン24時間レースへの復帰目指す
Listen to this article

 アメリカ・ニューヨークで再生可能エネルギー関連の投資会社を営むイギリス人のティル・ベヒトルスハイマーは、名門コンストラクターのローラを復活させることを目指している。

 1958年にエリック・ブロードレイによって創業されたローラは、これまでフォーミュラカーからプロトタイプマシンまで、多岐に渡るレーシングマシンを手掛けてきた。彼らの作ったマシンは、インディ500で3度の優勝、CART/チャンプカーでは計181勝を挙げている。

 1997年に「マスターカード・ローラ」としてF1に参戦し、決勝レースを1回も走ることなくプロジェクトが失敗に終わった後も、1998年からローラを引き継いだマーティン・ビーレイによってマシン製造が続けられてきた。

Read Also:

 しかし2012年5月に経営破綻。それ以降ローラはモータースポーツ界から姿を消していた。

 それから10年後、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のGTデイトナクラスにドライバーとして出場しているベヒトルスハイマーは、ローラ・テクニカルセンターを始めローラ関連の版権を買い上げ、ローラを再始動。2024年に新たなマシンをグリッドに並べることを目指しているという。

「我々が現在注視している主要プロジェクトでは、2024年からサーキットにマシンを走らせることを目標としている」

 ベヒトルスハイマーはmotorsport.comに対してそう語った。

「もう少し現実的だと2025年だが、もっと早い段階でローラをサーキットに戻す機会はある」

 ベヒトルスハイマーは、現在ローラが取り組んでいるそのプロジェクトについては具体的に公開する準備は整っていないとしながらも、「スポーツカーとシングルシーターの両方のパドックで対話が進められている」と認めている。

Till Bechtolsheimer, Lola Cars

Till Bechtolsheimer, Lola Cars

Photo by: Lola

 ベヒトルスハイマーは、新生ローラもブロードレイやビーレイの時代と同様に、主要メーカーと協力しながら自社マシンを製造することになると説明している。

「エンジニアリング・ソリューションを顧客に提供する有力なチームとして、ローラを復活させたいと私は思っている」と彼は言う。

「それが、サーキットで走らせる競技パッケージを購入する顧客であれ、OEMに完全パッケージを提供する顧客、サードパーティにパズルの小さなピースを提供する顧客であれ、だ」

「それが全てローラが常に行なってきたことであり、今後も続けていくべきことだのだ」

 ベヒトルスハイマーは、ル・マン24時間レースへのエントリーに強い関心を持っていることを認めている。

 ローラがル・マン・ハイパーカーやLMDhのプロジェクトに関わる機会は限られているとした上で、2025年から2029年までの次世代レギュレーションサイクル以降に、LMP2プロトタイプの製造ライセンスを持つシャシーマニュファクチャラー入札に名乗りを上げることを目指していると彼は明らかにした。

「5年後にシャシー入札が再開された時に信頼できる入札となるよう、大規模なプロジェクトの中でローラが狭い分野に関わり、スポーツカーレースの下位カテゴリーに集中してその能力を高めることは、悪いことだとは思わない」

 新生ローラの発足に向けてベヒトルスハイマーは、2018年に82歳で亡くなったビーレイの遺族から、風洞設備や実際の走行状態を再現する7ポストリグを持つローラ・テクニカルセンターに加えて、ローラブランドと400以上のデザイン知的財産権(IP)を購入した。

Blundell took famous Le Mans pole in 1990 with Lola-built Nissan

Blundell took famous Le Mans pole in 1990 with Lola-built Nissan

Photo by: Motorsport Images

 ローラの名称とデザインIPは、2012年の経営破綻以降ビーレイ一族が所有していた。マーティン・ビーレイの娘のひとりであるアマンダ・ビーレイは、ベヒトルスハイマーによる再建について次のように語っている。

「長い歴史を持つイギリスモータースポーツの象徴として、ローラ・ブランドが実業家兼レーシングドライバーの所有となったことを私たち家族はとても嬉しく思っている」

「ローラが再びモータースポーツの世界に戻り、特にル・マンへ復帰することを父は喜んでいることでしょう」

 新生ローラには、代表としてマイケル・ウィルソンが就任。彼はメルセデスのドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)プログラムに関わり、F1パワーユニット施設に務めた経験を持っている。ローラへはアドバンスド・エンジンリサーチ(AER)から加わることとなった。

 ベヒトルスハイマーは、ローラ再建の第一歩として2012年以降も使用されてきたテクノロジーセンターに風洞設備の改良を挙げている。

 
Read Also:

シェア
コメント

【PR】DAZN、BMW Mシリーズとコラボしたスペシャルムービー公開。楢﨑智亜とサッシャが”究極のパフォーマンス”を語る

“ちっちゃい”EVスポーツカーが衝撃の速さ! F1マシンが記録したグッドウッドのコースレコードを更新

最新ニュース

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

F1 F1

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会 ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る

Indy IndyCar

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る

フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で

フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で

Auto Automotive

フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で

ただのステッカーじゃありません! ル・マン仕様NASCARカップカー、ヘッドライトを初搭載。性能はGT3より上?

ただのステッカーじゃありません! ル・マン仕様NASCARカップカー、ヘッドライトを初搭載。性能はGT3より上?

LM24 Le Mans

ただのステッカーじゃありません! ル・マン仕様NASCARカップカー、ヘッドライトを初搭載。性能はGT3より上? ただのステッカーじゃありません! ル・マン仕様NASCARカップカー、ヘッドライトを初搭載。性能はGT3より上?