スバル、2022年も井口卓人&山内英輝コンビでスーパーGT参戦。GT300連覇を目指す

スバル/STIは1月14日、東京オートサロンでモータースポーツ活動体制を発表。スーパーGTのGT300クラスには、引き続き井口卓人&山内英輝コンビを起用する。

スバル、2022年も井口卓人&山内英輝コンビでスーパーGT参戦。GT300連覇を目指す

 スバル/STIは1月14日、東京オートサロンで2022年のモータースポーツ活動体制を発表した。

 2021年、スバルは新型BRZをベースにしたマシンでスーパーGTのGT300クラスに参戦。2009年にR&Dスポーツと提携して13年目にして、悲願のチャンピオンを獲得した。

 ディフェンディングチャンピオンとして戦う2022年もチーム体制は変わらず。チーム総監督は小澤正弘、ドライバーには井口卓人と山内英輝を起用する。井口と山内のコンビは8年目に突入。鉄板コンビで連覇を狙う。

 また、ニュルブルク24時間レースの参戦体制も発表された。ここ2年はコロナ禍の影響もあって参戦できていないが、今年も参戦する方向で準備を進めているという。

 ドライバーは佐々木孝太、カルロ・ヴァン・ダム、ティム・シュリック、マセール・ラッセーを起用。例年通り、全国のディーラーから選抜されたメカニックとともに、伝統の24時間レースに挑む。

 
Read Also:

シェア
コメント
【ギャラリー】世界初公開! TOYOTA GAZOO Racing『GR GT3 Concept』
前の記事

【ギャラリー】世界初公開! TOYOTA GAZOO Racing『GR GT3 Concept』

次の記事

【ギャラリー】TEAM KUNIMITSU『#100 STANLEY NSX-GT P-01』|東京オートサロン2022

【ギャラリー】TEAM KUNIMITSU『#100 STANLEY NSX-GT P-01』|東京オートサロン2022
コメントを読み込む