F1
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
3 days
MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
R
オーストリアGP
13 8月
次のセッションまで……
2 days
スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
22 8月
次のセッションまで……
11 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

手術を終えたザナルディ、深刻な状態変わらずもバイタルサインは安定

シェア
コメント
手術を終えたザナルディ、深刻な状態変わらずもバイタルサインは安定
執筆:
2020/06/20 10:40

ハンドバイクのイベント中に交通事故にあったアレックス・ザナルディは、金曜日夜に手術を受けた後、深刻な状況は脱してはいないものの、状態は安定しているという。

 ハンドバイクのイベント中に転倒し、交通事故に遭ったアレックス・ザナルディは、6月19日の夜に手術を受けた。現地時間午前10時に病院から出された声明では、バイタルサインは安定しているという。

Read Also:

 病院が出した声明は以下の通りだ。

「シエナ州で発生した交通事故により、アスリートのアレックス・ザナルディは非常に深刻な状態で、6月19日の18時からサンタマリア アレスコット病院に入院している。その日の夜に神経外科的手術を受けた患者は、その後集中治療室に移送された。患者の血流および代謝のパラメータは安定している」

「患者の神経学的な状態は依然として深刻であり、彼は挿管され、人工呼吸器によるサポートを受けている」

 ザナルディは、アレスコット病院の脳神経外科主任である医師の下、約3時間におよぶ神経外科および顔面、顎に関連する手術を受けた。

Read Also:

ザナルディがハンドバイクのイベント中に事故、病院に搬送されるも“深刻な状態”

前の記事

ザナルディがハンドバイクのイベント中に事故、病院に搬送されるも“深刻な状態”

次の記事

重体のザナルディ、予後は不透明。医師が容態を詳しく説明

重体のザナルディ、予後は不透明。医師が容態を詳しく説明
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , IndyCar , General
ドライバー Alex Zanardi
執筆者 Adam Cooper