速報ニュース

治療が続くザナルディ、追加の手術を受けるも状態は安定

ハンドバイクのイベント中に事故に遭い、入院が続いているアレッサンドロ・ザナルディは、ミラノの病院で神経学的手術を受けた。術後の状態は安定していると言われる。

Alex Zanardi, BMW Motorsport

 元F1ドライバーであり、CART王者でもあるアレッサンドロ・ザナルディは、6月末に出場していたハンドバイクのイベントで事故に遭遇し、頭部に深刻な怪我を負った。その後、現在も治療が続けられている。

 一時はリハビリ施設に移送され、回復が目指されていたが、容体が悪化。先週、ミラノのサン・ラッファエレ病院に転院し、集中治療を受けている。

 同病院の声明によれば、ザナルディは追加の手術を受けたという。この手術はピエトロ・モルティニ教授が担当し、成功裏に終わったという。

「臨床および放射線検査により、上記の治療の成果と、患者の現在の臨床状態を確認した。その結果、患者は脳神経外科の集中治療室に入院しているものの、容態は安定しているようだ」

Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 高橋国光、国内レース界発展の象徴は“サーキット増加”と語る「ファンが大勢いる証拠」
次の記事 未来へ、また一歩。水素燃料電池車のカテゴリー『HYRAZEリーグ』が2023年に発足

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本