キャデラックがLMDh参入決定! 2023年からIMSAとル・マン24時間レースに参戦へ

キャデラックは、2023年からダラーラのシャシーを使用したLMDhマシンを開発し、WECとIMSAに参戦することを発表した。

キャデラックがLMDh参入決定! 2023年からIMSAとル・マン24時間レースに参戦へ

 キャデラックはLMDh規定の車両を開発し、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に参戦。ル・マン24時間レースへの参戦を目指すことを発表した。

 LMDh車両は、次世代LMP2マシンをベースに使用するが、キャデラックはダラーラ社のシャシーを使用。ゼネラルモーターズ(GM)が開発した新型エンジンを搭載する予定だという。

 キャデラックは、ポルシェ、アウディ、アキュラ、BMWに続き、LMDh規定での車両製作を発表した5番目のメーカーとなる。

 キャデラックは、現在IMSAのDPiクラスに参戦しているチップ・ガナッシ・レーシングとアクション・エクスプレス・レーシングの2社と提携。2023年1月に開催されるロレックス・デイトナ24時間レースでのデビューを目指しており、同年には「ル・マン24時間レースへの参加を目標」としている。

 2017年から、IMSAのDPiクラスにDPi-V.Rで参戦しているキャデラック。プロトタイプカーでの活動継続に関する発表はここ数カ月の間に何度も延期されてきた。

 しかし今月初め、GMのスポーツカープログラムのマネージャーであるローラ・クラウザーは、キャデラックブランドとしてル・マン24時間レースに復帰することを示唆した。キャデラックは2002年にノーススターLMPで総合8位となって以来、ル・マンに参戦していない。

 キャデラックのグローバル・バイス・プレジデントを務めるローリー・ハーベイは、「2023年からLMDhクラスで国際的なモータースポーツのトップレベルで戦えることに興奮している」と述べている。

「モータースポーツ同様、キャデラックも代替推進力による未来への移行を進めている。LMDh規定のハイブリッド性は、オールエレクトリックの未来への技術移転の橋渡しとなる」

「キャデラックは、これまでの成功を引き継ぎ、サーキットで学んだことや技術を量産車に移していくことに興奮している」

「チャンピオンシップを獲得したキャデラックDPi-V.Rで大きな成功を収めた我々は、次世代のキャデラックLMDhでその記録を未来につなげることを楽しみにしている」

Read Also:

 

シェア
コメント
ランボルギーニも2024年にLMDh参入を検討。「VWグループのプラットフォームを利用するのが最適」

前の記事

ランボルギーニも2024年にLMDh参入を検討。「VWグループのプラットフォームを利用するのが最適」

次の記事

LMDh参入のキャデラック、ル・マン24時間復帰にパートナーチームも期待。AXR「新しい挑戦になる」

LMDh参入のキャデラック、ル・マン24時間復帰にパートナーチームも期待。AXR「新しい挑戦になる」
コメントを読み込む