レースレポート
IMSA Daytona 24 Hours

”新時代”最初の一歩! アキュラの60号車がデイトナ24時間を制す。キャデラックと激戦

IMSA開幕戦デイトナ24時間レースは、メイヤー・シャンク・レーシングの60号車アキュラARX-06がGTPクラスを制した。

#60 Meyer Shank Racing w/ Curb Agajanian Acura ARX-06: Tom Blomqvist, Colin Braun, Helio Castroneves, Simon Pagenaud celebrating their victory

 

 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の開幕戦、第61回デイトナ24時間レースは、メイヤー・シャンク・レーシングのアキュラARX-06(トム・ブロンクビスト/コリン・ブラウン/エリオ・カストロネベス/シモン・パジェノー組)が新生GTPクラスを制した。

 FIA世界耐久選手権(WEC)のハイパーカークラスにも参戦が可能なLMDh車両のデビュー戦となった今回のデイトナ24時間。ポルシェやアキュラ、BMW、キャデラックがLMDh車両を投入した。

 速さだけではなく、耐久戦や信頼性が問われる耐久レース。決勝レースの早い段階で25号車BMW MハイブリッドV8や7号車ポルシェ963がトラブルを抱えて上位戦線から離脱する中、ポールポジションからスタートした60号車がレースを引っ張っていった。

 60号車はレース折り返しの時点で総合首位に立っていたが、ピットでエンジンカバーを開けて作業を実施。この時、同じアキュラARX-06を走らせるウェイン・テイラー・レーシングの10号車もピットイン。この2台はオイルシステムのトラブルに見舞われたようだ。

 しかし、5番手でレースに復帰した60号車の速さは健在。パジェノーの走りでトップ争いに舞い戻ると、キャデラックの01号車V-LMDhを追いかけた。

 キャデラックはチップ・ガナッシ・レーシングが走らせる01号車、02号車が一時ワンツー体制を築くなど順調にレースを進めていたが、アクション・エクスプレス・レーシングの31号車にはギヤボックストラブルが発生。ガレージで修復作業を行なった結果、16周遅れとなった。

 その後トラブルなく走っていたポルシェの6号車がコースオフ。ボディにダメージを負ってしまい、カウルの交換で3周遅れに。これでリードラップに残っているのはキャデラックの2台、アキュラ60号車のみとなった。

 しばらくアンダーグリーンでレースが進んだものの、20時間が経過したところでこのレース9度目のコーションが出され、トップ3が接近。リスタート後にパジェノーがトップに踊り出ることに成功した。

 ポルシェの6号車がコース上にストップするなど、コーションが続いたことで周回遅れになっていたアキュラの10号車もリードラップに復帰。優勝候補に再び加わると2番手まで浮上、チームこそ違えどアキュラ勢のワンツーとなった。

 レース終盤にもトラブルが相次ぎ、最後のリスタートはレース残り30分というところ。キャデラックの2台が3番手を争う中で、60号車はリードを広げていった。

 そのまま快走を続けた60号車は、783周を走ってトップチェッカー。10号車とのワンツーフィニッシュを決めた。3位にはキャデラック01号車が入った。

 4位に02号車、5位にギヤボックストラブルに見舞われたキャデラック31号車が続いた。BMWは24号車が15周遅れの6位、ポルシェは7号車が34周遅れの総合14位が最上位となった。

 
関連ニュース:
順位 クラス ナンバー ドライバー 周回数 タイム 前車との差 ポイント
1 GTP 60 United Kingdom Tom Blomqvist
United States Colin Braun
Brazil エリオ カストロネベス
France シモン パジェノー
783 24:01'19.952      
2 GTP 10 United States Ricky Taylor
Portugal Filipe Albuquerque
Switzerland ルイ デレトラ
New Zealand ブレンドン ハートレー
783 24:01'24.142 4.190 4.190  
3 GTP 01 France セバスチャン ブルデー
Netherlands Renger van der Zande
New Zealand スコット ディクソン
783 24:01'29.582 9.630 5.440  

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 エイトケン、今後はスポーツカーレースに専念。ウイリアムズF1を離れることを認める「僕は幸運なドライバーのひとりだ」
次の記事 デイトナ制したMSRアキュラ、トラブル抱えながら”薄氷の勝利”。ブローも覚悟「フィニッシュできてラッキー」

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本