F1
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
FP3 まで
19 時間
:
06
:
47
MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
22 8月
次のセッションまで……
7 days
スーパーフォーミュラ
20 6月
イベントは終了しました

アイオワ・レース1:パジェノーが最後尾から大逆転! 佐藤琢磨は一時首位快走も10位

シェア
コメント
アイオワ・レース1:パジェノーが最後尾から大逆転! 佐藤琢磨は一時首位快走も10位
執筆:
2020/07/18 3:17

インディカー第5戦アイオワのレース1は、チーム・ペンスキーのシモン・パジェノーが優勝を飾った。

 インディカー第5戦、アイオワでのダブルヘッダー1戦目は、最後尾スタートのシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)が展開にも恵まれ、逆転で優勝を飾った。

 ショートオーバルでのダブルヘッダーとなる今回のレース。予選はアタック1周目のタイムでレース1、アタック2周目のタイムでレース2のグリッドを決めるという変則的な形となった。

 レース1はコナー・デイリー(カーリン)がポールポジションを獲得。チーム・ペンスキーのジョセフ・ニューガーデン、ウィル・パワーが続いた。

 スタートではデイリーがトップをキープし一時は2秒ほどまでリードを広げたものの、ペースはニューガーデンの方が上。なんなくオーバーテイクを決めてニューガーデンがトップに立ち、デイリーにはパワーも接近した。

 佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は6番手スタートからポジションキープした。トップから離されずに周回を重ねると、46周を走り終えたところでいち早くピットインし、ハイペースで追い上げを始めた。

 1周20秒弱のショートオーバルでは、通常のピットインで2周遅れとなってしまう。しかし佐藤は、タイヤの性能劣化でペースを落とす他車を続々とオーバーテイクしていった。

 パワーがデイリーを交わし、ペンスキーがワンツー体制に。70周経過を前にニューガーデンとパワーが相次いでピットイン。しかし、コースに復帰した彼らの前に、佐藤が躍り出た。

 全車が最初のピットインを済ませると、佐藤がトップに。その後も、早めにピットインした影響を感じさせず、トップを快走した。

 佐藤は首位をキープしたまま、127周を走ったところでピットイン。しかし右リヤタイヤの交換に時間がかかり、一足先にピットインしていたマクラーレンのパトリシオ・オワード、オリバー・アスキューの2台に先行を許してしまった。

 その後、ペンスキー勢もピットイン。しかし、パワーの左フロントタイヤは固定が不十分だったようで、コーナリング中にホイールが脱落。パワーはなす術なくクラッシュしてしまい、最初のコーションの原因となってしまった。

 この時点で、首位を走っていたのはシモン・パジェノー(ペンスキー)。エンジントラブルで予選を走れず、最後尾スタートながら粘り強くポジションを上げ、ピットイン前のパワーをオーバーテイクしていた。

 パジェノーはコーション中にピット作業を実施。すでにピットを済ませた他のマシンに対して優位に立った。

 156周目にレース再開の態勢が整うが、リスタートが延期に。しかし、無線連絡が遅れたコルトン・ハータ(ハーディング・スタインブレナー)が加速してしまい、リナス・ヴィーケイ(エド・カーペンター)と追突。さらにコーションが長引くことになった。

 結局、レース再開は171周目。タイヤの性能劣化という点で、コーション中にピット作業を行なったマシンがフィニッシュまで走り切るのかどうか、微妙なタイミングでのリスタートとなった。

 タイヤが新しいパジェノーは、佐藤やアスキュー、オワードを相次いでオーバーテイク。首位に立つとリードを広げていった。佐藤はその後もポジションを落とし6番手まで後退した。

 マクラーレンの2台と佐藤は194周を終えたところで最後のピットストップ。フレッシュなタイヤで前を追った。

 3番手のアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポーツ)がタイヤに苦しみペースを落とす中、パジェノーはスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)に追いつかれバトルを展開。しかしパジェノーは意地のディフェンスでポジションを守った。

 結局、パジェノーは首位を譲らずトップチェッカー。ディクソンが2位となった。3位には終盤に猛然と追い上げたルーキーのアスキューが入り、オワードも4位となっている。ロッシは3位をキープできず、ニューガーデンにも抜かれ6位となった。

 佐藤はトラフィックの中でマクラーレン勢のようにポジションを上げていけず10位。それでも4レース連続のトップ10フィニッシュとなった。

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 France シモン パジェノー United States Team Penske 250 1:41'25.293     132.220
2 New Zealand スコット ディクソン United States Chip Ganassi Racing 250 1:41'25.789 0.495 0.495 132.210
3 United States Oliver Askew Arrow McLaren SP 250 1:41'32.506 7.212 6.717 132.064
4 Mexico パトリシオ オワード Arrow McLaren SP 250 1:41'39.283 13.989 6.776 131.917
5 United States ジョセフ ニューガーデン United States Team Penske 250 1:41'42.029 16.735 2.746 131.858
6 United States アレクサンダー ロッシ United States アンドレッティ 250 1:41'44.894 19.600 2.864 131.796
7 United Kingdom ジャック ハーベイ United States マイケル・シャンク・レーシング 250 1:41'45.342 20.048 0.448 131.786
8 United States コナー デイリー United Kingdom カーリン 250 1:41'45.828 20.534 0.486 131.776
9 Sweden マーカス エリクソン United States Chip Ganassi Racing 250 1:41'46.032 20.738 0.203 131.771
10 Japan 佐藤 琢磨 United States Rahal Letterman Lanigan Racing 249 1:41'31.378 1 Lap 1 Lap 131.560
パロウ、2戦連続の表彰台逃すもルーキー最上位に「総合的に素晴らしい連戦になった」

前の記事

パロウ、2戦連続の表彰台逃すもルーキー最上位に「総合的に素晴らしい連戦になった」

次の記事

佐藤琢磨、一時首位快走も10位「苦しいレースだった。明日はもっといい日になるはず」

佐藤琢磨、一時首位快走も10位「苦しいレースだった。明日はもっといい日になるはず」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ IndyCar
イベント アイオワ
執筆者 松本 和己