インディカー第12戦インディGP2:オワードが僅差のPP。デビュー戦ルンガーが奮闘4番手、佐藤琢磨はQ1敗退

インディカー・シリーズ第12戦の予選がインディアナポリス・モータースピードウェイのロードコースで行なわれ、パトリシオ・オワードが接戦を制しポールポジションを獲得した。

インディカー第12戦インディGP2:オワードが僅差のPP。デビュー戦ルンガーが奮闘4番手、佐藤琢磨はQ1敗退

 インディカー・シリーズ第12戦の予選では、アロー・マクラーレンSPのパトリシオ・オワードが今季3度目となるポールポジションを獲得した。

 2021インディカー・シリーズの舞台は再び聖地インディアナポリス・モータースピードウェイに戻り、同サーキットのロードコースで今季2度目となるレースが開幕した。

 各組上位6台が“ファスト12”に進むことができるQ1、そのグループ1では、通称ブラックタイヤと呼ばれる硬めのプライマリータイヤを履いたジャック・ハーベイ(メイヤー・シャンク・レーシング)がまずトップタイムをマーク。しかし、各車が柔らかめのオルタネイトタイヤ(レッドタイヤ)に交換した後はウィル・パワー(チーム・ペンスキー)がただひとり1分10秒台にタイムをのせ、トップでQ1を通過した。

 一方のグループ2は、ポイントリーダーのアレックス・パロウ(チップ・ガナッシ・レーシング)はじめポイントランキングトップ5が名を連ねる激戦区となった。そんな中でトップタイムを記録したのはアンドレッティ・オートスポートのアレクサンダー・ロッシ。この組ただひとりの1分10秒台をマークした。そして今回がインディカーデビューとなるクリスチャン・ルンガー(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、いきなりの2番手タイムでQ1を突破してみせた。

 パロウやオワードといったタイトルコンテンダーが順当にファスト12へ駒を進める中、ランキング4番手のジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)は7番手で惜しくもQ1敗退。同2番手のスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)はレッドタイヤでのアタック中にスピンを喫してしまい、まさかの13番手タイムに終わった。なお佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)も同組8番手に終わりここで予選を終えている。

 ポールポジションを決するファスト12は非常に僅差のセッションとなった。終盤にロマン・グロージャン(デイル・コイン・レーシング)が1分10秒741でトップに立ち、ルンガーが0.001秒差でそれに続くと、後続のオワードは1分10秒714を記録してトップタイムを更新。パワーも1分10秒721をマークしたがオワードにわずか0.007秒届かず、通算63度目のポールを逃した。ポールポジションのオワードから5番手のコルトン・ハータ(アンドレッティ・オートスポート)までのタイム差は、実に0.048秒だった。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph
1 Mexico パトリシオ オワード United States Schmidt Peterson Motorsports 6 1'10.714     124.167
2 Australia ウィル パワー United States Team Penske 6 1'10.721 0.006 0.006 124.155
3 France ロマン グロージャン United States Dale Coyne Racing 6 1'10.741 0.027 0.020 124.119
4 Denmark クリスチャン ルンガー United States Rahal Letterman Lanigan Racing 6 1'10.743 0.028 0.001 124.116
5 United States コルトン ハータ United States アンドレッティ 6 1'10.763 0.048 0.019 124.082
6 Spain アレックス パロウ United States Chip Ganassi Racing 7 1'10.829 0.114 0.065 123.966
7 United Kingdom ジャック ハーベイ United States メイヤー・シャンク・レーシング 6 1'10.887 0.172 0.058 123.864
8 United States コナー デイリー United States Ed Carpenter Racing 6 1'10.953 0.238 0.065 123.749
9 Netherlands リナス ヴィーケイ United States Ed Carpenter Racing 7 1'11.020 0.306 0.067 123.631
10 United States アレクサンダー ロッシ United States アンドレッティ 6 1'11.024 0.309 0.003 123.626
11 Sweden マーカス エリクソン United States Chip Ganassi Racing 6 1'11.034 0.319 0.010 123.608
12 France シモン パジェノー United States Team Penske 6 1'11.134 0.419 0.100 123.434

シェア
コメント
2022年に”3台体制”検討中のレイホール、インディデビューのルンガー活躍を期待

前の記事

2022年に”3台体制”検討中のレイホール、インディデビューのルンガー活躍を期待

次の記事

今季3度目のポール獲得のオワード、悲願のタイトル獲得へ向けテストで好感触掴む「表彰台の中央は僕らがいて当然の場所」

今季3度目のポール獲得のオワード、悲願のタイトル獲得へ向けテストで好感触掴む「表彰台の中央は僕らがいて当然の場所」
コメントを読み込む