カワサキ、8耐連覇に向けて視界良好? マシンの出来もチーム雰囲気もヨシ!

鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦している#10 Kawasaki Racing Team Suzuka 8Hは、チームの雰囲気もよく、トップ10トライアルと決勝レースに向けて順調に進んでいる様子だ。

カワサキ、8耐連覇に向けて視界良好? マシンの出来もチーム雰囲気もヨシ!
Listen to this article

 鈴鹿サーキットで3年ぶりに開催されている鈴鹿8時間耐久ロードレース。前回開催された2019年勝者のカワサキは、今年もスーパーバイク世界選手権(WSBK)参戦中のライダーを擁する強力な布陣でレースに挑んでいる。

 カワサキは2022年の鈴鹿8耐参戦にあたり、WSBK6連覇の実績を誇るジョナサン・レイや、前回の8耐で優勝に貢献したレオン・ハスラム、そしてヤマハで多数の8耐優勝経験を持つアレックス・ロウズという豪華メンバーを招集している。

 彼らはいずれもWSBKのレースから連戦で8耐に臨んでいるが、合同テストやフリー走行を通じて上位のタイムを記録し、優勝候補として存在感を示している。

 予選1回目の走行を終えた段階で、彼らライダー3人とチーム監督のギム・ロダは、時間の無い中でも準備が順調に進んでおり、2日目のトップ10トライアル、そして決勝レースに向けて雰囲気良く進んでいると語った。

 なおカワサキは予選2回目ではレイひとりしかタイムを記録しておらず、予選1回目で記録したタイムで余裕のトップ10トライアル進出を果たしている。

 レイは「チームの雰囲気はとてもいい。アレックスも加わりレオンのことはよく知っている仲だ。いいチームワークがあるし、楽しくやっている」と語り、マシンも上々だと話した。

「マシンのセッティングに関しては、互いに似たようなフィードバックになっている。だから仕上がりとしては上々だ」

「スーパーポール(トップ10トライアル)は控えているが、まずは予選トップ5が目標だろう。現状としてはハッピーだね」

 ロウズは「初めてのカワサキのチームからの参戦を楽しんでいる」とし、チームとしていい雰囲気にあると話していた。

 WSBKからの連戦となっているカワサキ。準備時間ではライバルに先を進まれている中、マシンの”出来”についても訊かれることになった。ギム・ロダ監督はマシンの出来については「(ライダーではない)私が?」と冗談めかしつつ、エンジニアたちの仕事ぶりをたたえている。

「今の所、メカニックもエンジニアも頑張ってくれている。スーパーバイクから続けてきての鈴鹿ということで、チームとしても鈴鹿でセットアップに費やせる時間は多くはなかった」

「そんな中でもチームのエンジニアはとても上手くやってくれている。セットアップも進んできているし、日曜日の決勝に向けてさらに仕上げていきたい」

「8時間レースは様々な要素が必要になる難しいモノだ。ミスをする余裕は無いし、ミスをリカバリーする時間も限られている」

「もちろんバイクとライダーという要素も存在する。ただ我々には素晴らしいバイクと強いライダーがいる。この組み合わせでベストなパフォーマンスを見せられると思う」

 
Read Also:

シェア
コメント
ホンダ速い! Team HRCが予選トップでポール争いへ。カワサキ余裕のTOP10トライアル進出|鈴鹿8耐予選
前の記事

ホンダ速い! Team HRCが予選トップでポール争いへ。カワサキ余裕のTOP10トライアル進出|鈴鹿8耐予選

次の記事

#7 YARTヤマハが雨の夜間走行でトップタイム|金曜夜間フリー走行:タイム結果

#7 YARTヤマハが雨の夜間走行でトップタイム|金曜夜間フリー走行:タイム結果