Moto2アラゴン予選:好調ロウズ、今季5度目PP。小椋藍は5番手セカンドロウに並ぶ

MotoGP第13戦アラゴンGPのMoto2クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはサム・ロウズだ。

Moto2アラゴン予選:好調ロウズ、今季5度目PP。小椋藍は5番手セカンドロウに並ぶ

 MotoGP第13戦アラゴンGPのMoto2クラス予選が行なわれ、サム・ロウズ(Elf Marc VDS Racing Team)がポールポジションを獲得した。

 Moto2クラスには小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)が唯一の日本人ライダーとして参戦している。小椋はアラゴンGPの予選組分けを決めるFP3までの総合タイムでは14番手だったため、Q2へ直接進出している。

 予選Q1ではエクトル・ガルソ(Flexbox HP40)、ジョー・ロバーツ(Italtrans Racing Team)、マルセル・シュロッター(Liqui Moly Intact GP)、トーマス・ルティ(Pertamina Mandalika SAG Team)が予選Q2進出となるトップ4に並んだ。

 ポールポジション決するQ2が開始されると、小椋は前半のアタックで一時はトップタイムとなる1分52秒148をマークする速さを見せた。ただサム・ロウズ、さらにQ1突破組のガルソがそれを上回り、小椋はQ2前半を3番手で折り返した。

 セッション後半のアタックでタイムを縮める走りを見せたのは、ランキング2番手のラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)。ただフェルナンデスはセクター3でトラフィックに引っかかってしまい、大幅なタイム更新とはならず、暫定8番手となった。

 またフェルナンデスのチームメイトでポイントリーダーのレミー・ガードナーは、セッション終了直前のアタックで自己ベストを更新。一気に2番手にまで浮上することに成功した。

 アタックが成功していなかったフェルナンデスだったが、最後の最後のアタックで、自己ベストを大きく更新。ガードナーに続く3番手に割って入った。

 ただトップタイムを更新するライダーは現れず、ロウズが今季5度目のポールポジション獲得となった。2番手はガードナー、3番手はフェルナンデスだ。

 小椋は後半のアタックで自己ベストを更新することができず、最終的に5番手で予選を終えた。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 United Kingdom サム ロウズ 6 1'51.778     163.545
2 Australia レミー ガードナー 6 1'52.057 0.279 0.279 163.138
3 Spain ラウル フェルナンデス 7 1'52.084 0.306 0.027 163.099
4 Spain Hector Garzo 8 1'52.107 0.329 0.023 163.065
5 Japan 小椋 藍(Ai Ogura) 8 1'52.148 0.370 0.041 163.006

シェア
コメント
Moto2アラゴン初日:レミー・ガードナー初日首位発進。小椋藍は総合17番手

前の記事

Moto2アラゴン初日:レミー・ガードナー初日首位発進。小椋藍は総合17番手

次の記事

Moto2アラゴン決勝:フェルナンデス、手負いの状態でも独走優勝。小椋藍は8位フィニッシュ

Moto2アラゴン決勝:フェルナンデス、手負いの状態でも独走優勝。小椋藍は8位フィニッシュ
コメントを読み込む