Moto2スペイン予選:ガードナーがレコード更新のタイムでPP獲得。小椋藍9番手3列目から決勝へ

MotoGP第4戦スペインGPのMoto2クラス予選が行われた。ポールポジションはレミー・ガードナーが獲得した。

Moto2スペイン予選:ガードナーがレコード更新のタイムでPP獲得。小椋藍9番手3列目から決勝へ

 2021年のMotoGP第4戦スペインGP、そのMoto2クラス予選がヘレス・サーキットで行なわれた。ポールポジションを獲得したのはRed Bull KTM Ajoのレミー・ガードナーだった。

 ガードナーは計測2周目の序盤に1分40秒667をマーク。このタイムはFP3で記録されたレコードタイムをさらに更新するもので、ハイレベルな予選の争いを表すものだったと言える。

 2番手はファビオ・ディ・ギャナントニオ(Federal Oil Gresini Moto2)。そして3番手のマルコ・ベッツェッキ(SKY Racing Team VR46)も2020年のレコードラップを超えるタイムをマークしている。

 また開幕戦から3戦連続でポールポジションを獲得するなど、今シーズン非常に強い走りを見せていたサム・ロウズは5番手。終盤のアタックではセクター3まで最速を刻んでいたものの、最終コーナーでマシンが振られてしまい大きくタイムを更新することができなかった。

 ロウズにはまだ最終アタックでタイム更新のチャンスが残っていた。しかし彼はそのラップのターン2で転倒してしまい、そこで予選を終えた。

 IDEMITSU Honda Team Asiaの小椋藍は、最終的に9番手タイム。決勝レースは3列目から挑む。なお同じMoto2ルーキーのラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)は4番手、アルベルト・アレナス(Inde Aspar Team)は17番手となっている。

 今回NTS RW Racingから代役参戦している羽田大河はQ1からの出走となったが、16番手で予選を終えている。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Australia レミー ガードナー 8 1'40.667     158.172
2 Italy ファビオ ギャナントニオ 8 1'40.738 0.071 0.071 158.061
3 Italy マルコ ベッツェッキ 8 1'40.753 0.086 0.015 158.037
4 Spain ラウル フェルナンデス 8 1'40.808 0.141 0.055 157.951
5 United Kingdom サム ロウズ 7 1'40.833 0.166 0.025 157.912
6 Spain シャビ ビエルへ 8 1'41.038 0.371 0.205 157.592
7 Spain アウグスト フェルナンデス 8 1'41.210 0.543 0.172 157.324

シェア
コメント
Moto2スペイン初日:ロウズ、4連続PPに向け首位発進。小椋21番手、代役参戦の羽田大河は31番手

前の記事

Moto2スペイン初日:ロウズ、4連続PPに向け首位発進。小椋21番手、代役参戦の羽田大河は31番手

次の記事

Moto2スペイン決勝:ディ・ギャナントニオが逃げ切って嬉しい初優勝。小椋藍7位でフィニッシュ

Moto2スペイン決勝:ディ・ギャナントニオが逃げ切って嬉しい初優勝。小椋藍7位でフィニッシュ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto2
イベント Valencia