Moto2カタルニア初日:ラウル・フェルナンデス総合トップ。小椋藍は9番手で初日終える

MotoGP第7戦カタルニアGPのMoto2クラス初日フリー走行が行なわれた。総合トップタイムをマークしたのは、ラウル・フェルナンデスだ。

Moto2カタルニア初日:ラウル・フェルナンデス総合トップ。小椋藍は9番手で初日終える

 2021年のMotoGP第7戦カタルニアGPのMoto2クラス初日フリー走行が行なわれた。総合トップタイムを記録したのはRed Bull KTM Ajoのラウル・フェルナンデスだった。(以下総合タイム)

 ルーキーながら既に今シーズン2勝を挙げているラウル・フェルナンデス。彼はFP1から4番手タイムをマークする好調ぶりだった。FP2ではセッション中盤に記録した1分43秒687のタイムが破られること無く、初日を総合首位で終えた。

 2番手タイム(+0.016秒)となったのはElf Marc VDS Racing Teamのアウグスト・フェルナンデス。3番手(+0.166秒)にはチームメイトのサム・ロウズが続いている。

 またラウル・フェルナンデスに6ポイント差を付け、ランキング首位に立っているレミー・ガードナーは、初日を4番手タイム(+0.169秒)で終了。なおガードナーは先日、2022年のMotoGPクラス昇格が発表されたばかりだ。

 IDEMITU Honda Team Asiaの小椋藍は初日9番タイム(+0.617秒)。FP2終盤のアタックで自己ベストを更新した。

 

Read Also:

【フリー走行2回目】

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain ラウル フェルナンデス 19 1'43.687     164.120
2 Australia レミー ガードナー 17 1'43.902 0.215 0.215 163.781
3 United Kingdom サム ロウズ 19 1'43.966 0.279 0.064 163.680

【フリー走行1回目】

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain アウグスト フェルナンデス 19 1'43.703     164.095
2 United Kingdom サム ロウズ 19 1'43.853 0.150 0.150 163.858
3 Australia レミー ガードナー 17 1'43.856 0.153 0.003 163.853

シェア
コメント
〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:初体験のムジェロで6位は「悪くないけど……良くもない」更に上目指す小椋の“贅沢”な悩み
前の記事

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:初体験のムジェロで6位は「悪くないけど……良くもない」更に上目指す小椋の“贅沢”な悩み

次の記事

Moto2カタルニア予選:昇格決まったガードナー、僚友フェルナンデス下しPP。小椋藍は3列目7番手

Moto2カタルニア予選:昇格決まったガードナー、僚友フェルナンデス下しPP。小椋藍は3列目7番手
コメントを読み込む