Moto2カタルニア決勝:レミー・ガードナー、絶好調の2連勝! 小椋藍は終盤に転倒リタイア 

MotoGP第7戦カタルニアGPのMoto2クラス決勝が行なわれた。優勝はレミー・ガードナーだった。

Moto2カタルニア決勝:レミー・ガードナー、絶好調の2連勝! 小椋藍は終盤に転倒リタイア 

 2021年のMotoGP第7戦カタルニアGPのMoto2クラス決勝が行なわれた。優勝はレミー・ガードナー(Red Bull KTM Ajo)で、2連勝となった。

 Moto2クラスの22周で争われる決勝レースは、ポールポジションのレミー・ガードナーがホールショットを奪って先行。予選上位のラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)、ボー・ベンスナイダー(Pertamina Mandalika SAG Team)と、順当な並びが続いた。

 ガードナーは1周目から非常に良いペースで後続を引き離していく。2番手フェルナンデス、3番手ベンスナイダーはそれぞれコンマ4秒ほどの間隔が空いており、序盤から激しいバトルという展開にはならなかった。

 先頭を行くガードナー、2番手フェルナンデスのギャップはその後、0.3〜0.4秒で推移。なかなか攻めきれない展開だ。

 3番手を走るベンスナイダーは若干ペースが遅く、徐々に先頭争いから後退。レース半分の11周目の段階で1秒以上の差を付けられてしまった。

 トップ争いに動きがあったのは、12周目。前周にわずかに差を縮めていたフェルナンデスが、ホームストレートでスリップストリームも利用しつつ、ターン1でガードナーをオーバテイク。トップが入れ替わった。

 残り7周、ジャビ・ビエルヘ(Petronas Sprinta Racing)がターン1でベンスナイダーをパス。3番手に浮上した。

 先頭を走るフェルナンデスとガードナーはテールトゥノーズの状態でひたすらランデブー走行。どちらがミスを犯すかという我慢比べの様相を呈していた。

 再び動きがあったのは残り3周という時点。ターン1でインからガードナーが仕掛け、フェルナンデスをオーバーテイク。ここでトップに立つと一気にフェルナンデスを引き離しにかかった。

 トップのガードナーはラスト3周でフェルナンデスに対し1.8秒の差を築いてトップチェッカー。前戦イタリアGPから2連勝を達成した。2位はフェルナンデス、3位はビエルへだ。

 IDEMITSU Honda Team Asiaの小椋藍は、レース終盤に7番手周辺を走行。しかし残り3周という段階で転倒を喫してしまい、ここでリタイアとなった。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Australia レミー ガードナー 22         25
2 Spain ラウル フェルナンデス 22 1.872       20
3 Spain シャビ ビエルへ 22 2.866       16
4 Italy マルコ ベッツェッキ 22 3.207       13
5 Spain アウグスト フェルナンデス 22 3.899       11
6 Netherlands ボー ベンスナイダー 22 4.541       10
7 United Kingdom サム ロウズ 22 4.875       9
8 Germany マルセル シュロッター 22 15.973       8
9 Thailand ソムキャット チャントラ 22 17.515       7
10 United States Joe Roberts 22 19.838       6

シェア
コメント
Moto2カタルニア予選:昇格決まったガードナー、僚友フェルナンデス下しPP。小椋藍は3列目7番手
前の記事

Moto2カタルニア予選:昇格決まったガードナー、僚友フェルナンデス下しPP。小椋藍は3列目7番手

次の記事

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:成長続く小椋、転倒リタイアでも「“今季ベスト”のレースだった」と手応え

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:成長続く小椋、転倒リタイアでも「“今季ベスト”のレースだった」と手応え
コメントを読み込む