Moto2オランダ予選:フェルナンデスが今季4度目PP獲得。小椋藍が6番手2列目を確保

MotoGP第9戦オランダGPのMoto2クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはラウル・フェルナンデスだった。

Moto2オランダ予選:フェルナンデスが今季4度目PP獲得。小椋藍が6番手2列目を確保

 TTサーキット・アッセンで行なわれているMotoGP第9戦オランダGP。Moto2クラスの予選が行なわれ、ラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)が今季4度目のポールポジションを獲得した。

 オランダGPは初日悪天候に見舞われたものの、2日目は天候が回復し、午前中からドライコンディションでの走行となった。上空に雲こそかかったが、午後も天候は保たれ気温25℃、路面温度37℃のコンディションで予選が実施された。

 ラウル・フェルナンデスはQ2前半から速さを発揮し、トップタイムでセッションを折り返した。後半のアタックではチームメイトのレミー・ガードナーにトップタイムを奪われてしまう場面もあったが、即座に自己ベストを更新。トップタイムを奪い返した。

 ラウル・フェルナンデスの記録した1分36秒356は、レコードタイム(1分36秒346/2015年ヨハン・ザルコ)まであと0.010秒と迫る高水準のタイムだった。

 2番手となったのはガードナー。現在はRed Bull KTM Ajoのチームメイト同士でのチャンピオンシップ争いとなっているが、オランダGPでも彼らの戦いは続きそうだ。3番手にはサム・ロウズ(Elf Marc VDS Racing Team)が続いている。

 なおセッション終盤にはアウグスト・フェルナンデス(Elf Marc VDS Racing Team)が3番手タイムを記録していたものの、このタイムは違反があり抹消されてしまったため、8番手に留まった。

 また、日本人ライダーの小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)が6番手タイムをマーク。2列目から決勝に挑むことになった。

 

Read Also:

順位 ライダー タイム 平均速度
1 Spain ラウル フェルナンデス 1'36.356   169.695
2 Australia レミー ガードナー 1'36.542 0.186 169.368
3 United Kingdom サム ロウズ 1'36.686 0.330 169.116
4 Spain アロン カネット 1'36.765 0.409 168.978
5 Spain Hector Garzo 1'36.802 0.446 168.913
6 Japan 小椋 藍(Ai Ogura) 1'36.804 0.448 168.910
7 Spain ホルヘ ナヴァッロ 1'36.816 0.460 168.889
8 Spain アウグスト フェルナンデス 1'36.884 0.528 168.770
9 Italy ロレンソ ダラ・ポルタ 1'36.951 0.595 168.654
10 Italy トニー アルボリーノ 1'37.007 0.651 168.556

シェア
コメント
Moto2オランダ初日:アウグスト・フェルナンデス総合トップ。KTM Ajoのレミー&ラウル争い続く

前の記事

Moto2オランダ初日:アウグスト・フェルナンデス総合トップ。KTM Ajoのレミー&ラウル争い続く

次の記事

Moto2オランダ決勝:ラウル・フェルナンデス、今季3勝目。小椋藍は上位争い経験も6位フィニッシュ

Moto2オランダ決勝:ラウル・フェルナンデス、今季3勝目。小椋藍は上位争い経験も6位フィニッシュ
コメントを読み込む