小椋藍、日本GP優勝の勢いでタイへ! 「いつもどおり全力をキープしていく」

MotoGPは3連戦の締めくくりとなる第17戦タイGPを今週末に控えている。日本GPで母国戦勝利を挙げた小椋藍は、アジア戦を良い形でスタートできたと、タイGPに向けてもやる気十分だ。

小椋藍、日本GP優勝の勢いでタイへ! 「いつもどおり全力をキープしていく」
Listen to this article

 MotoGPは9月30日から第17戦タイGPが開幕。前戦日本GPで勝利した小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)は、連戦のタイに向けてもやる気十分だ。

 今季のMotoGPは9月中旬からアラゴン-日本-タイの3連戦。25日にはアジアパシフィックラウンドの初戦となる日本GPがモビリティリゾートもてぎで開催された。

 3年ぶりの開催となった日本GPでは、小椋が2006年以来となる日本人ライダーによる母国優勝を達成。会場が大盛りあがりとなったことは記憶に新しい。

Read Also:

 そこからMotoGPは休む間もなくタイへ移動。30日にはチャーン・インターナショナル・サーキットで初日のフリー走行が早くも開始となるが、小椋は母国戦優勝の勢いを保ってタイ戦へ挑んでいる。

「先週末日本で僕らはアジアラウンドの初戦をスタートさせました。アジア戦をこうして勝利で始められたことを嬉しく思っています」

 小椋はチームのプレビューにそうコメントした。

「今、僕達はタイへ場所を移していますが、チームにとっても僕にとっても素晴らしい週末になると思います。いつもどおり全力をキープしようと思っています」

「見てくれる人たちが楽しめるレースになるように頑張りますし、そのことに集中しています。チャーンでは久しく走っていませんが、ここに戻ってくるのを楽しみにしています」

 なおタイGPは小椋のチームメイトであるソムキアット・チャントラにとっての母国戦となる。チャントラも今シーズンは初優勝を収め、着実に力をつけてきている。

 彼は母国戦に向け、次のようにコメントを寄せた。

「今週末は僕の母国戦で、最後にここブリーラムで走ったのは2019年だから、待ちわびた瞬間だ」

「母国戦を良い形で迎えられていると思う。バイクに対する自信も良くなっているし、良いセットアップもある。チャーンは僕の大好きなコースのひとつだし、タイのファンのみんなの前でベストを尽くすことを約束する」

 
Read Also:

シェア
コメント
Honda Team Asiaが2023年Moto2及びMoto3参戦体制発表。小椋藍は来季もMoto2に継続参戦
前の記事

Honda Team Asiaが2023年Moto2及びMoto3参戦体制発表。小椋藍は来季もMoto2に継続参戦

次の記事

Moto2タイGP予選|チャントラ、3年ぶり母国戦で初ポール獲得の快挙! 小椋藍が3番手フロントロウ確保

Moto2タイGP予選|チャントラ、3年ぶり母国戦で初ポール獲得の快挙! 小椋藍が3番手フロントロウ確保