Moto3サンマリノ予選:フェナティが今季3度目のポール獲得。日本勢は佐々木が最上位13番手

MotoGP第14戦サンマリノGPのMoto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションはロマーノ・フェナティとなった。

Moto3サンマリノ予選:フェナティが今季3度目のポール獲得。日本勢は佐々木が最上位13番手

 ミサノ・サーキットで開催されているMotoGP第14戦サンマリノGP。Moto3クラスの予選が行なわれ、ロマーノ・フェナティ(Sterilgarda Max Racing Team)がポールポジションを獲得した。

 サンマリノGPは初日に降雨があったものの2日目は天候が回復。Moto3クラス予選はドライコンディションで行なわれた。

 日本人ライダーの予選組分けはQ2直接進出となったのが佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)、鳥羽海渡(CIP Green Power)の2名。鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)、國井勇輝(Honda Team Asia)、山中琉聖(CarXpert PruestelGP)の3名がQ1からのスタートだ。

 Q1セッション中盤にアタックが始まると、カルロス・タターイ(Avintia Esponsorama Moto3)が1分42秒697をマークして暫定トップに立った。

 一方、鈴木はセッション折返しが過ぎたころ、ターン13で転倒。まだタイム計測がされていない状況での痛恨の転倒で、ノータイムとなってしまった。

 またジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)、マッテオ・バルテッレ(Bardahl VR46 Riders Academy)が続けて転倒。終盤にイエローフラッグが出てしまったことで、ライダーのアタックにも影響が出てしまった。

 最終的にQ2へとコマを進めたのは、タターイ、バルテッレ、リカルド・ロッシ(BOE Owlride)、山中の4名。鈴木と國井はQ1で敗退となった。

 Q2の走行が始まると、まずはアンドレア・ミーニョ(Rivacold Snipers Team)が1分42秒099で暫定トップに浮上。このタイムにザビエル・アルティナス(Leopard Racing)、デニス・フォッジア(Leopard Racing)らが続いた。佐々木もアタックをかけるものの、8番手で前半を折り返した。 

 終盤のアタックではフォッジアが1分42秒013でミーニョを上回り、これでポールポジション獲得かと思われた。しかし最後のアタックでフェナティが1分41秒756をマーク。唯一の1分41秒台のタイムで今季3度目のポールポジションを獲得した。2番手はフォッジア、3番手はニッコロ・アントネッリ(Avintia VR46)だ。

 日本勢は最終的に佐々木が13番手、山中が16番手、鳥羽が18番手となった。

 
順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Italy ロマーノ フェナティ 7 1'41.756     149.581
2 Italy デニス フォッジア 6 1'42.013 0.257 0.257 149.204
3 Italy ニッコロ アントネッリ 7 1'42.020 0.264 0.007 149.194
4 Italy アンドレア ミーニョ 6 1'42.099 0.343 0.079 149.078
5 Spain ジャウマ マシア 7 1'42.111 0.355 0.012 149.061
6 Spain Xavier Artigas 6 1'42.271 0.515 0.160 148.828
7 Italy Riccardo Rossi 7 1'42.276 0.520 0.005 148.820
8 Elia Bartolini 6 1'42.552 0.796 0.276 148.420
9 Spain Pedro Acosta 7 1'42.558 0.802 0.006 148.411
10 Spain Carlos Tatay 7 1'42.566 0.810 0.008 148.400

Read Also:

シェア
コメント
Moto3サンマリノ初日:フォッジア、FP1&FP2トップと好調。日本勢は鈴木が総合12番手

前の記事

Moto3サンマリノ初日:フォッジア、FP1&FP2トップと好調。日本勢は鈴木が総合12番手

次の記事

Moto3サンマリノ決勝:フォッジアが2連勝でランク2番手浮上。日本勢は佐々木10位が最上位

Moto3サンマリノ決勝:フォッジアが2連勝でランク2番手浮上。日本勢は佐々木10位が最上位
コメントを読み込む