Moto3アメリカズ予選:ランク首位アコスタ、15番手と沈む。タイトル争うフォッジア2番手、差を縮めるチャンス大

MotoGP第15戦アメリカズGPのMoto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはジャウマ・マシアだった。

Moto3アメリカズ予選:ランク首位アコスタ、15番手と沈む。タイトル争うフォッジア2番手、差を縮めるチャンス大

 MotoGP第15戦アメリカズGPのMoto3クラス予選がサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行なわれた。ポールポジションを獲得したのは、Red Bull KTM Ajoのジャウマ・マシアだった。

 初日は雨に見舞われたアメリカズGPだったが、2日目の天候は天気予報に反して晴れ。Moto3クラスの予選セッションもドライコンディションで行なわれることになった。気温は27℃、路面温度は36℃だ。

 なおFP1でセルジオ・ガルシア(Solunion GASGAS Aspar Team)が転倒し、腎臓に出血が認められたため、アメリカズGPを欠場することとなった。彼はランキング3番手につけタイトル争いの真っ只中にいたため、痛い欠場だと言えよう。

 日本人ライダーはQ1からの出走に鳥羽海渡(CIP Green Power)、山中琉聖(CarXpert PruestelGP)、國井勇輝(Honda Team Asia)の3人。Q2へ直接進出したのが鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)と佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)だった。

 予選Q2への進出を狙う日本勢3人だが、セッション前半のアタックではQ2進出圏内の4番手以内に誰も入ることができず、山中が最上位5番手で折り返しとなった。

 山中は上位集団の後ろでアタックを続けることでタイムを上げようとしたが、これは功を奏さず、Q2進出圏内に食い込むことはできなかった。

 日本勢が苦戦する中、ロレンソ・フェロン(SIC58 Squadra Corse)が暫定トップタイムを更新。Petronas Sprinta Racingのジョン・マクフィーとダリン・ビンダー、リカルド・ロッシ(BOE Owlride)らがQ2進出圏内に並んだ。

 上位3名はピットで静観していたが、最後のアタックではアルベルト・スッラ(Rivacold Snipers Team)が自己ベストを更新し、4番手に浮上。Q2進出はフェロン、マクフィー、ビンダー、スッラとなった。日本勢は山中が9番手、國井が10番手、鳥羽が12番手でQ1敗退となった。

 続くQ2では鈴木がまず4番手タイムをマーク。トップには2分16秒182をマークしたジェレミー・アルコバ(Indonesian Racing Gresini Moto3)が立ち、ランク2番手のデニス・フォッジア(Leopard Racing)が続いた。

 その後フォッジアは最速ペースでアタックを続け、アルコバをわずかに上回る2分16秒179をマークしてトップに立った。

 ランク首位のペドロ・アコスタを擁するRed Bull KTM Ajo勢は、後半のアタックでは2台揃ってコースイン。アタックを続けていったが、アコスタは自己ベストを更新する事はできなかった。

 一方でアコスタのチームメイトのジャウマ・マシアは2分15秒台のタイムを記録し、フォッジアからトップの座を奪取。フォッジアは最後のアタックで最終セクターを最速ペースで通過したが、1周のタイムをまとめきることができなかった。そのため、最終的にポールポジションはマシアが獲得した。2番手はフォッジア、3番手はアルコバだった。

 ランキング首位のアコスタは、結局15番手で予選を終了。フォッジアにとってはポイント差を縮める大きなチャンスが到来したと言えそうだ。

 日本勢は鈴木が最終的に6番手、佐々木が14番手で予選を終えた。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain ジャウマ マシア 6 2'15.986     145.947
2 Italy デニス フォッジア 7 2'16.179 0.193 0.193 145.740
3 Spain Jeremy Alcoba 6 2'16.182 0.196 0.003 145.737
4 Spain Izan Guevara 6 2'16.311 0.325 0.129 145.599
5 Spain Xavier Artigas 7 2'16.334 0.348 0.023 145.574
6 Japan 鈴木 竜生 6 2'16.356 0.370 0.022 145.551
7 Czech Republic フィリップ サラック 6 2'16.445 0.459 0.089 145.456
8 Italy アンドレア ミーニョ 6 2'16.506 0.520 0.061 145.391
9 Turkey Deniz Öncü 7 2'16.510 0.524 0.004 145.387
10 United Kingdom ジョン マクフィー 7 2'16.592 0.606 0.082 145.299
11 Italy ロマーノ フェナティ 6 2'16.613 0.627 0.021 145.277
12 Italy Stefano Nepa 6 2'16.642 0.656 0.029 145.246
13 Italy ニッコロ アントネッリ 6 2'16.701 0.715 0.059 145.184
14 Japan 佐々木 歩夢 7 2'16.712 0.726 0.011 145.172
15 Spain Pedro Acosta 6 2'16.766 0.780 0.054 145.115
16 France Lorenzo Fellon 6 2'16.861 0.875 0.095 145.014
17 South Africa ダレン ビンダー 6 2'17.092 1.106 0.231 144.769
18 Italy Alberto Surra 6 2'17.407 1.421 0.315 144.438

シェア
コメント
Moto3のガルシア、初日の転倒によりアメリカズGP欠場。タイトル争い3番手も、ここで脱落濃厚に

前の記事

Moto3のガルシア、初日の転倒によりアメリカズGP欠場。タイトル争い3番手も、ここで脱落濃厚に

次の記事

Moto3アメリカズ決勝:赤旗中断により混乱のレース。ゲバラ初優勝果たす。アコスタ、ポイント差詰められる

Moto3アメリカズ決勝:赤旗中断により混乱のレース。ゲバラ初優勝果たす。アコスタ、ポイント差詰められる
コメントを読み込む