モンスターエナジー『ロッシ缶』が日本再上陸。10月12日から全国で発売

アサヒ飲料株式会社は10月12日(火)から、MotoGPのレジェンドライダーであるバレンティーノ・ロッシとコラボレーションしたモンスターエナジーを発売する。

モンスターエナジー『ロッシ缶』が日本再上陸。10月12日から全国で発売

 10月12日(火)、アサヒ飲料株式会社はエナジードリンクの「モンスターエナジー」のバレンティーノ・ロッシとのコラボレーション商品である『モンスター ロッシ』(350mL/希望小売税込み価格205円)を全国で発売する。

 『モンスター ロッシ』は、MotoGPで9度のタイトル獲得を誇るレジェンドライダーであるバレンティーノ・ロッシとコラボレーションした柑橘系フレーバーの特別エディション。ロッシのイメージカラーである黄色をベースにした缶に、トレードマークである月と太陽をモチーフにしたラベルがあしらわれている。

 ヨーロッパでは定番商品となっている本商品だが、日本では2017年6月に数量限定で販売されている。日本での再発売を望む声が多かった通称“ロッシ缶”が、今回は通年販売として再上陸を果たすことになった。

 そのバレンティーノ・ロッシは、長年MotoGPでの現役を続けてきたが、2021年シーズン限りでの現役引退を発表。さらに10月3日に開催予定だったMotoGP日本GPが新型コロナウイルスの影響で中止となったことで、日本のファンが彼の最後の走りを生で観戦する機会は失われてしまった。

 10月22日からは、彼の地元であるミサノで、MotoGエミリア・ロマーニャGPが開催される。日本でロッシの走る姿を直接拝むことは叶わなくなってしまったが、ロッシ缶を片手に、残り少なくなったロッシのレースをじっくり観戦してみてはどうだろうか。

 

Read Also:

シェア
コメント
マルティン、ショートカットへのペナルティに不満「アンフェアで無意味だった」

前の記事

マルティン、ショートカットへのペナルティに不満「アンフェアで無意味だった」

次の記事

マルケス、7月に事故死したウーゴ・ミリャン・ガルシアの家族へアラゴンGPのトロフィーを寄贈

マルケス、7月に事故死したウーゴ・ミリャン・ガルシアの家族へアラゴンGPのトロフィーを寄贈
コメントを読み込む