アレックス・リンス、右腕の“腕上がり”治療のため手術。ホンダ移籍の来季テストに向け、万全の状態を目指す

2023年からLCRホンダに移籍するアレックス・リンスが、12月2日に右腕の腕上がりの症状を治療するために手術を受けた。

アレックス・リンス、右腕の“腕上がり”治療のため手術。ホンダ移籍の来季テストに向け、万全の状態を目指す
Listen to this article

 来シーズン、スズキからLCRホンダへと移籍するアレックス・リンス。彼は12月2日に右腕の腕上がりの症状の治療のため、手術を受けた。

 スズキのMotoGP撤退により6シーズンにわたって在籍してきたチームから、来年はホンダ陣営のLCRへ移籍するリンス。バレンシアでのポストシーズンテストに参加し、11月末にはバレンティーノ・ロッシ主催のダートレースにも参加していたが、右腕に腕上がりの症状を抱えていた。

 

 腕上がり(アームパンプ、コンパートメント症候群とも)は、ライディングで腕を酷使するライダーに度々発生するもので、血流の増加に伴って筋繊維が膨張した結果、筋区画内部の圧が上昇。その結果痛みに悩まされたり、患部に力が入らなくなるなどの症状が発生するものだ

 特にMotoGPクラスではハイパワーなマシンのライディングを行なうため、この症状に悩まされるライダーが数多くおり、手術を受ける事が多い。

Alex Rins, Team LCR Honda

Alex Rins, Team LCR Honda

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

 リンスはシーズン終盤戦からこの症状に悩まされていたため、手術を検討していたが、最終的に受けることを決めた。この手術はスペイン・マドリードの病院で行なわれ、無事に成功。2023年2月に予定されているプレシーズンテストには万全の状態で挑むことができると見られている。

 なお奇しくも“元”チームメイトのジョアン・ミルも、2022年は腕上がりに苦しめられた。彼も手術も検討しているみられているが、現時点ではミルが手術を受けたという情報は入っていない。

 2023年シーズン、リンスはLCRホンダで中上貴晶のチームメイトとして、ファクトリー待遇でレースに臨むことになる。

 
関連ニュース:

シェア
コメント

スズキ、12月末にレース情報のウェブページやTwitterを閉鎖。今季限りでMotoGPとEWC撤退済み

MotoGPはF1みたいになるな! ライダー“主役”が薄まるMotoGPにマルク・マルケスが警鐘

最新ニュース

ザウバー/アルファロメオの新CEOにボッタス感銘「明確な方向性とヴィジョンがある」

ザウバー/アルファロメオの新CEOにボッタス感銘「明確な方向性とヴィジョンがある」

F1 F1

ザウバー/アルファロメオの新CEOにボッタス感銘「明確な方向性とヴィジョンがある」 ザウバー/アルファロメオの新CEOにボッタス感銘「明確な方向性とヴィジョンがある」

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

F1 F1

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会 ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る

Indy IndyCar

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る

フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で

フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で

Auto Automotive

フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で