MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました

ドゥカティ、バニャイヤのファクトリーチーム入りを発表。ザルコはプラマックへ

ドゥカティはアンドレア・ドヴィツィオーゾの後任として、フランチェスコ・バニャイヤを2021年シーズンのMotoGPで起用する。一方ヨハン・ザルコは、ワークスライダーとしてプラマックに移籍する。

ドゥカティ、バニャイヤのファクトリーチーム入りを発表。ザルコはプラマックへ

 ドゥカティは、来季からMotoGPファクトリーチームにフランチェスコ・バニャイヤを迎え入れることを発表。空いたプラマックのシートには、アビンティアからヨハン・ザルコが移ることとなった。

 ドゥカティのエースとして、2017年シーズンから3年連続でランキング2位を獲得したアンドレア・ドヴィツィオーゾ。彼は今季もタイトル争いに絡んでいるが、8月の時点で既にドゥカティとの契約を延長しないことを発表しており、その後任が誰になるのか注目が集まっていた。

Read Also:

 その候補として挙がっていたのがバニャイヤとザルコだ。一部では、昨年限りで一線から退いたホルヘ・ロレンソが復帰するのではないか……との声もあった。

 最高峰クラス2年目となるバニャイヤは、今季プラマックで非常に力強い走りを見せている。第2戦アンダルシアGPでは表彰台を争いながらも転倒。その影響で3戦を欠場する羽目となったが、復帰戦となったサンマリノGPではいきなり2位表彰台を獲得した。欠場の影響でランキングこそ下位に沈んでいるが、ポテンシャルの高さは十二分に示している。

 これで来季のドゥカティファクトリーチームの布陣は、ジャック・ミラーとバニャイヤという体制に決まった。今季のプラマックのふたりがそのまま昇格する形だ。

 バニャイヤはファクトリーチーム昇格に際し、次のようにコメントした。

「僕は2018年にMoto2のチャンピオンになる前からドゥカティのライダーになることを選んでいたし、彼らもまた僕を選んでくれていた」

「それは賭けだったと思う。僕はその時まで速さを見せていたけど、確固たるもの(結果)は何も持っていなかった。ドゥカティは、他の誰よりも早くそれ(自分の速さ)を信じてくれていたんだ」

「2019年、僕のMotoGPデビューは簡単ではなかった。でもドゥカティは僕(の才能)に疑問を抱くことなく、新人が必要とするあらゆるサポートと自信を与えながら、シーズンを経験させてくれた」

「僕は彼らの話に耳を傾け、彼らを信頼している。そして今では素晴らしいチームとなっている」

「彼らは大きな満足感を得られるような働き方を僕に教えてくれた。それが全ての始まりだったと思う」

「今日、僕は世界で一番幸せな人間だ。夢が叶ったんだ。ドゥカティのファクトリーライダーになることは常に僕が目指してきたことだし、僕はうまくいかない時も自分を信じてくれた人たちと、これまでにも成功を収めてきた」

 昨年KTM、ホンダと渡り歩き、今季はアビンティアからMotoGPを戦っているザルコは、バニャイヤの穴を埋めるような形でプラマックに移籍する。ザルコは今季、ドゥカティの1年落ちマシンである『GP19』をファクトリーの技術サポートを受けながら使用しているが、来季からは現行スペックのマシンが与えられ、フルサポートのワークスライダー待遇となる。なおチームメイトは、現在Moto2参戦中のホルヘ・マルティンとなる。

 これにより、来季はMoto2からエネア・バスティアニーニが昇格し、アビンティアのシートに座るものとみられているが、正式発表は行なわれていない。

 また、去就未定のドヴィツィオーゾは来季に向けた“プランB”がないと語っているが、アプリリア入りの可能性も取り沙汰されている。一方ドヴィツィオーゾと同じく今季限りでドゥカティを去るダニーロ・ペトルッチは、来季からKTMのサテライトチームであるテック3に移籍することが決まっている。

 

Read Also:

シェア
コメント
ドヴィツィオーゾ、転倒巻き添えでノーポイントに「何も言うことはない」

前の記事

ドヴィツィオーゾ、転倒巻き添えでノーポイントに「何も言うことはない」

次の記事

期待はずれ? アレイシ・エスパルガロ、2020シーズンを「楽しめていない」

期待はずれ? アレイシ・エスパルガロ、2020シーズンを「楽しめていない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー フランチェスコ バニャイヤ , ヨハン ザルコ
執筆者 Lewis Duncan