MotoGP
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
11 9月
イベントは終了しました
18 9月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
イベントは終了しました
R
日本GP
15 10月
イベントは終了しました
16 10月
イベントは終了しました
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
23 10月
イベントは終了しました
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
12 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
19 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

ジャック・ミラーのリタイア、原因は“捨てバイザー”がエアフィルターに詰まった事

シェア
コメント
ジャック・ミラーのリタイア、原因は“捨てバイザー”がエアフィルターに詰まった事
執筆:

エミリア・ロマーニャGPの決勝をリタイアで終えたジャック・ミラーだが、その原因はファビオ・クアルタラロのティアオフシールドがエアフィルターを覆ってしまったことだと判明した。

 MotoGP第8戦エミリア・ロマーニャGPで、ジャック・ミラー(プラマック)はスタートから序盤は好調な走りを見せていたが、8周目にピットインを選択しリタイア。レースをノーポイントで終えた。

Related videos:

 マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)とオープニングラップから競り合っていたミラーだったが、彼は4周目には5番手にまでポジションを落としていた。その際、ミラーはマシンがパワーを失っていることに気が付き、結局はレースを諦めざるを得なかった。

 ミラー本人のSNS投稿によると、このリタイアの原因はファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)のヘルメットのティアオフシールド(捨てバイザー)がマシンのエアフィルターを覆ってしまったことのようだ。

 彼の投稿した写真にはクアルタラロのナンバーである20が記されたティアオフシールドが写されており、2周目にマシンがシールドを吸い込んでしまったと説明されている。

「残念だけど、2周目に僕のマシンはティアオフシールドを吸い込んで、エアフィルターを塞いでしまった。レースは時にとても残酷になることがあるんだ」

 今回ミラーはノーポイントでレースを終えたことで、ランキング3番手から6番手に転落。首位のアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)とのポイント差は20ポイントに拡大している。

 なおティアオフシールドによるトラブルはF1においても発生しており、近年もブレーキダクトに詰まる事によるオーバーヒートなどの問題を引き起こしている。

 

Read Also:

 

突然のペナルティ? クアルタラロ「トラックリミット違反の警告が無かった」と主張

前の記事

突然のペナルティ? クアルタラロ「トラックリミット違反の警告が無かった」と主張

次の記事

「もっと速さが必要」ロッシ、今季で10度目のタイトル獲得は厳しい?

「もっと速さが必要」ロッシ、今季で10度目のタイトル獲得は厳しい?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント エミリア・ロマーニャGP
サブイベント Race
ロケーション ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ
ドライバー ジャック ミラー
執筆者 Oriol Puigdemont