Moto2王者ガードナー、僚友フェルナンデスの“俺が事実上の王者“発言を「デタラメ」と一蹴

Moto2王者となったレミー・ガードナーは、チームメイトだったラウル・フェルナンデスが、タイトル争いにおいて”チームから邪魔されていた”と主張していることを「デタラメだ」と一蹴した。

Moto2王者ガードナー、僚友フェルナンデスの“俺が事実上の王者“発言を「デタラメ」と一蹴

 2021年のロードレース世界選手権Moto2クラスはRedBull KTM Ajoのレミー・ガードナーとラウル・フェルナンデスによる、チームメイト同士のタイトル争いとなったが、最終的にガードナーが4ポイント差で栄冠を手にした。

 しかしその後、フェルナンデスはタイトル争いにおいて“チームが障害になっていた“と語り、自身が事実上のチャンピオンだと主張し、物議を醸した。彼は次のように語っていた。

「僕がチャンピオンになれなかったことは分かりきったことだ。でも頭の中では、僕が多くの犠牲を払って何かを成し遂げたという自負がある」

「問題は僕のチーム全体にあった。チームと言ったけど、それはメカニック陣を指している。こうしたチーム(KTM Ajo)に出会えたのはとても幸運だったけど、僕のチームは経験が浅く、僕を導く方法は誰も知らなかった」

「それこそが、僕らが今チャンピオンの栄冠を逃した理由だ。でもこれまでの勝利数やポールポジション獲得回数、ファステストラップといった結果が、僕こそ実際の最強のライダーだと証明している」

「レミーはよりポイントを稼ぎ、チャンピオンになった。でも僕らにスピードがあり、流れに逆らって泳ぐ魚のようだったことを思うと、正直に言って僕が事実上のチャンピオンだと感じている」

 motorsport.comはフェルナンデスの前出の発言について、ガードナーに見解を求めたが、彼はそれを「デタラメだ」と一蹴した。

「誰がチャンピオンだって?」と、ガードナーは口を開いた。

「彼は彼の考えたいように思うことはできる。でもチームは僕らふたりを公平に扱っていたと思うし、より優れていたライダーがコース上で勝っていたと思う」

「よく分からないね。僕に訊かれてもデタラメだとしか言えない」

 なおガードナーとフェルナンデスは、2022年シーズンには両者ともテック3からMotoGPクラスへと昇格する。

 11月18~19日にかけてはヘレス・サーキットで最初のテストが行なわれており、ガードナーは初日をトップから2.8秒差で終えている。

 彼はMoto2マシンからMotoGPマシンへの乗り換えにおいて、もっとも適応が難しいこととして、電子制御と加速を挙げている。またガードナーは第17戦アルガルヴェGPでの転倒で肋骨を折ってしまっているため、フィジカル的にもかなり厳しい状態だったと話している。

「電子制御に多く解決しないといけない課題がある」と、テスト初日を終えたガードナーは語った。

「実際になにか修正が必要というわけじゃない。でもチームと正しい方向に向かうように、説明したり言い換えたりすることが今は難しいね」

「でももしかしたら、それが一番難しいのかも知れない」

「ブレーキングはより難しくなっているけど、僕としては加速時にフロントタイヤが持ち上がってしまうのを抑えるために、前に荷重をかけ続けていくことが難しいよ」

「でも2日目か、テスト終了後にはどの筋肉を鍛えないといけないかは分かってくると思う」

 
Read Also:

シェア
コメント
ホンダMotoGP、新型RC213V準備完了からは”まだ遠い”。方向性ポジティブがプラス材料か
前の記事

ホンダMotoGP、新型RC213V準備完了からは”まだ遠い”。方向性ポジティブがプラス材料か

次の記事

ダリン・ビンダー、初MotoGPテスト終える。”問題児”の昇格には異論も「プレッシャーは感じていなかった」

ダリン・ビンダー、初MotoGPテスト終える。”問題児”の昇格には異論も「プレッシャーは感じていなかった」
コメントを読み込む