初優勝よりもハッピー! ホルヘ・マルティン、初フラッグ・トゥ・フラッグで3位に喜びひとしお

プラマックのホルヘ・マルティンは、MotoGPオーストリアGPで獲得した3位表彰台が、前戦スティリアGPでの初優勝よりも嬉しいモノだったと語った。

初優勝よりもハッピー! ホルヘ・マルティン、初フラッグ・トゥ・フラッグで3位に喜びひとしお

 レッドブルリンクで行なわれたMotoGP第11戦オーストリアGP。その決勝レースで、プラマックのホルヘ・マルティンは3位フィニッシュし、前戦スティリアGPでの初優勝に続く、連続表彰台となった。

 そのマルティンは、初優勝よりも今回の3位フィニッシュのほうがより嬉しいものだったと語っている。

 オーストリアGPはレース開始時からごく僅かながら雨がぱらついていたため、レースはマシン乗り換えが許される“フラッグ・トゥ・フラッグ”で争われることとなった。

 マルティンは前半戦に怪我による欠場が続いていたため、フラッグ・トゥ・フラッグは今回が初。そのため神経質になっていたと彼は認めており、マシン交換の際には転倒しそうになったと彼は話している。

 終盤に雨が強まった際、マルティンはトップ集団とともにピットイン。ウエット用のマシンに乗り換えていくと、最終ラップには11番手で突入。そこからはウエットタイヤのアドバンテージを活かして、スリックタイヤで走り続けていたライバルを猛追。3位でフィニッシュすることに成功した。 

「雨が降り始めた時、僕は先頭集団を捉えるためにリスクをかなり冒したんだ」

 マルティンはレースをそう振り返った。

「ファビオ(クアルタラロ/ヤマハ)やペッコ(フランチェスコ・バニャイヤ/ドゥカティ)を追い抜いたけど、彼らも表彰台圏内を激しく争っていた」

「でも完全に雨が降る状態になったとき、マルケス(マルク・マルケス/レプソル・ホンダ)とペッコたちがピットに向かうのを見て、僕は『やってみるタイミングだ』と思ったんだ」

「フラッグ・トゥ・フラッグの乗り換えにはとても緊張した。ほとんど転倒しそうになっていたよ。ストッピーもしてしまったし、チームが問題ないことを祈っている。メカニックのひとりにちょっと痛みがあったみたいなんだ」

「でもとにかく、ピットを出た時、僕はまだ3番手にいたんだ」

「ウエットタイヤではバイクに乗り続けるのも難しかった。最終ラップには11番手で入ったけど、『クソッ、レースが台無しだ。スリックのままにするべきだったんだ』とも思っていたよ」

「でもターン1に向かうとすぐに、ターン3にライバル達がいるのが見えた。それで自分自身に『プッシュして、ベストを尽くす時間だ』と発破をかけた」

「ターン7で集団を捕まえて、そこから2つのコーナーで6、7台を追い抜いた」

「彼ら全員をよけていくのはちょっと大変だったけど、フィニッシュラインを越えて表彰台の位置で終えられたのはとても印象的だった。すごくハッピーだったよ。全く予期していなかったから先週の(優勝)よりもね」

「2連続表彰台と、2戦連続のポールポジション……ちょっと信じられないモノだから、受け入れるのにちょっと時間が必要だね」

 

Read Also:

シェア
コメント
〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:“納得”のMoto2初表彰台! 「ちゃんと表彰台で終わることができてよかった」

前の記事

〈アジアから“世界”へ〉小椋藍とIDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦:“納得”のMoto2初表彰台! 「ちゃんと表彰台で終わることができてよかった」

次の記事

王者ジョアン・ミル、タイトル防衛には少なくとも2勝が必要? 「それ無しに守れたら驚きだ」

王者ジョアン・ミル、タイトル防衛には少なくとも2勝が必要? 「それ無しに守れたら驚きだ」
コメントを読み込む