ドゥカティの22年型マシンはコーナリングが更に改善? マルティン「新フェアリングが良い感じ」

プラマックのホルヘ・マルティンは、ヘレステストで使用した新型のフェアリングが大きな前進を果たしていると評価した。

ドゥカティの22年型マシンはコーナリングが更に改善? マルティン「新フェアリングが良い感じ」

 2021年シーズンにMotoGPへデビューしたホルヘ・マルティン(プラマック)は、ドゥカティの2022年型マシンの進歩を高評価している。

 ルーキーイヤーながらポールポジションを4回獲得し、初優勝も記録したマルティン。彼は2022年も引き続きプラマックから参戦し、マシンは最新型が供給される。

 11月18~19日にヘレス・サーキットで行なわれたポストシーズンテストでは、ドゥカティをはじめ各メーカーが来季に向けた新パーツなどをテスト。マルティンはその中でも新型フェアリングを高評価している。

「初日に新フェアリングを試していて、2日目は新型バイクを試していたんだ」

 マルティンはそう語る。

「僕としては大きく改善されると思うから、一緒にやってみたいね。新しいフェアリングは大きく前進しているよ」

「今、僕らは上手く曲がれるようになっているし、良いコーナリングが出来ている。新型は僕らの弱点であるコーナー入り口をスムーズにする助けになってくれるだろう」

 マルティンはランキング9位と力強いルーキーシーズンを過ごし、MotoGP2年目へと臨むが、来シーズンに向けた目標は高く、ランキング“トップ5“を目指したいと語った。

「浮き沈みの激しいシーズンだった」と、マルティンは2021年を振り返る。

「(2021年は)4回のポールポジション、1勝を含む4回の表彰台を得た。自分は強いと感じているし、モチベーションも高い」

「2022年に向けた目標はまだわからないけど、トップ5でシーズンを終えていればいいだろうね。もちろん、常に表彰台を目指していくよ」

 
Read Also:

シェア
コメント
鈴鹿8耐、2022年は8月4~7日開催決定。新型コロナ影響で連続中止のため3年ぶり開催へ
前の記事

鈴鹿8耐、2022年は8月4~7日開催決定。新型コロナ影響で連続中止のため3年ぶり開催へ

次の記事

MotoGPも脱炭素に舵。2027年に完全な持続可能燃料導入を目指す

MotoGPも脱炭素に舵。2027年に完全な持続可能燃料導入を目指す
コメントを読み込む