マルケスだって人の子です! 長期療養明けのレース復帰に「ナーバスになっている」と認める

MotoGP第3戦ポルトガルGPで復帰を果たすマルク・マルケスだが、彼は9ヵ月ぶりのグランプリに向けて“ナーバス”な状況にあると認めた。

マルケスだって人の子です! 長期療養明けのレース復帰に「ナーバスになっている」と認める

 アルガルヴェ・サーキットで行なわれる2021年のMotoGP第3戦ポルトガルGPでは、負傷により長期欠場が続いていたマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が復帰するが、彼は久しぶりのレースを前にナーバスになっているようだ。

 2020年7月、マルケスは第2戦スペインGPで激しいクラッシュを喫すると、右腕上腕骨を骨折。当初は手術を受けてすぐに復帰を目指したがそれは断念し、その後はさらに2度の手術が必要となりシーズン全体を欠場しなければならなかった。

 年が明け2021年となってもマルケスの療養は続き、開幕戦と第2戦も欠場していた。しかし第3戦ポルトガルGPで、ついにマルケスはレースへ復帰。9ヵ月ぶりに6度のMotoGP王者が現場へ帰ってくることになった。

 ポルトガルGPの木曜プレスカンファレンスに出席したマルケスは、レース復帰を前にナーバスになっていると認める。しかし初日FP1を終えればそれも消えるだろうと考えているようだ。

「ここに戻って、皆と一緒に居られるのは本当に素晴らしいよ。この9ヵ月間は本当に厳しく難しい期間だったからね」と、マルケスは言う。

「MotoGPバイクに再び乗ることになる明日(ポルトガルGP初日)は、リハビリテーションの中でも最も重要な一歩を踏む時となるだろう」

「僕がナーバスになっているのは事実だし、ソワソワしていて僕の普段どおりじゃないのも本当だ。でもFP1の後にはそうしたものは無くなると分かっているし、今はまたMotoGPバイクに乗ることを楽しむ時だ」

「今日はチームの全員、そして日本人スタッフ全員に会った。スペイン人スタッフとはプライベートテストでもう会っていたんだ」

「ただ日本のスタッフは本当にやる気に溢れていて、僕もすぐに『おっと、今週末には特に目標は掲げていないのを忘れないでよ』と言ってしまったよ」

「FP1から(以前の)マルクと同じなわけじゃない。時間が必要なんだ。僕は依然としてリハビリテーションの最中なんだ。肉体面だけじゃなく精神面でもね」

「そのプロセスが進行中だ。でもここに居られて本当に嬉しく思っているし、バイクに乗るのが楽しみでしょうがない」

 マルケスは準備ができていると感じながらも、医師の助言に従って欠場を選んだカタール戦を映像で眺めることは難しかったとも話している。

「本当に変な感じだった。特に最初はね。でも9ヵ月間の真ん中あたりから普通になっていて、テレビで観戦して楽しむファンのような感じでいたよ」

「もちろん(今季の)カタールでの2レースを欠場する決断は難しいものだった。僕は準備ができていると感じていたけど、100%ではないこともあって医師は止めることを選んだ」

「当然ながら僕はそのアドバイスに従ったけど、厳しかったね。この9ヵ月間も凄く厳しかったし、疑問もあった。またバイクに乗れるのかといった疑問だけではなく、普通の腕を取り戻せるのかという疑問もあった」

「だから厳しいものだったけど、僕は常に楽観的でいた。それが鍵だったんだ。周囲の人達も僕がモチベーションを保ち、再びバイクに乗るという目標を持つためにたくさん助けてくれたよ」

 

Read Also:

シェア
コメント
500cc王者クリビーレ、同郷マルケスの『即・復・活』を予想「2日目には先頭に居る」

前の記事

500cc王者クリビーレ、同郷マルケスの『即・復・活』を予想「2日目には先頭に居る」

次の記事

新型コロナ陽性でクルーチーフが隔離……王者ジョアン・ミル、第3戦ポルトガルへ向け痛手

新型コロナ陽性でクルーチーフが隔離……王者ジョアン・ミル、第3戦ポルトガルへ向け痛手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー マルク マルケス
執筆者 Lewis Duncan