ミラー、予選でエンジントラブル遭遇しアタック断念「ペースは良いけど、7番手なのがね」

ジャック・ミラーはMotoGPタイGPの予選Q2で、終盤にコースを出ることができなかった。その原因はエンジントラブルだったと彼は明かした。

ミラー、予選でエンジントラブル遭遇しアタック断念「ペースは良いけど、7番手なのがね」
Listen to this article

 MotoGP第17戦タイGPの予選で、ジャック・ミラー(ドゥカティ)は7番手タイムをマーク。彼はエンジントラブルによって影響を受けてしまったと話した。

 ミラーは前戦日本GPで独走優勝を果たし、勢いをつけて連戦のタイGPへ乗り込んでいた。しかし予選Q2では、終盤の重要なアタックをこなす前にピットイン。他のドゥカティ陣営のライダーに先を越されてしまった。

 予選後、ミラーは終盤にエンジントラブルが発生したことで、アタックを諦めざるを得なかったのだと説明した。

「2回目のアタックではエンジンに問題が出てしまったんだ。残念なことにね」

 ミラーはそう語る。

「ペースは良かったし、フィーリングも良い。だけど7番手スタートがどうなるか……様子を見てみよう」

「スタートでは上手くやれば何人かを追い抜くことができると思う。問題は、前方には僕と同じシステムを搭載している、何台ものドゥカティが並んでいることだ」

「FP4で18周して、そして問題が発生してしまった。でもエンジンに関しては、対策を導入してくれるだろうから、解決するだろう」

 そして、ミラーは決勝日朝のウォームアップ走行でさらにもう一歩前進したいと語った。

「明日に向けては、もう少しポテンシャルを発揮できると思う」

「コーナーエントリーで改善してきているんだ。より良い状態でコーナーを抜けられるようになっている」

 
Read Also:

シェア
コメント
エスパルガロ兄、”タイ”苦戦予選Q1敗退……「これ以上速く走れなかった」
前の記事

エスパルガロ兄、”タイ”苦戦予選Q1敗退……「これ以上速く走れなかった」

次の記事

小椋藍、劇的勝利の日本GPから連勝あるか!? 「予選は満足。優勝争いできる強さがある」

小椋藍、劇的勝利の日本GPから連勝あるか!? 「予選は満足。優勝争いできる強さがある」