カタルニア決勝はタイヤ“温存”勝負に? モルビデリ「デグラデーションで厳しいレースになる」

ペトロナス・ヤマハSRTのフランコ・モルビデリは、MotoGP第7戦カタルニアGPの決勝レースではタイヤの消耗に苦しむことになると予想し、厳しい戦いを覚悟していると語った。

カタルニア決勝はタイヤ“温存”勝負に? モルビデリ「デグラデーションで厳しいレースになる」

 MotoGP第7戦カタルニアGPの予選で5番グリッドを獲得したペトロナス・ヤマハSRTのフランコ・モルビデリは、決勝レースでライバルも含めたライダー達がタイヤの消耗によって苦しい戦いに直面すると考えている。

Read Also:

 グランプリの舞台であるカタルニア・サーキットは、タイヤへの負担が厳しいコース。昨シーズンのレースにおいても、終盤までタイヤをセーブする走りができるかが、勝負の分かれ目となっていた。

 その状況は今シーズンも同じで、タフなレースになるだろうとモルビデリは語る。またタイヤ選択に関しては、リヤのハードを履いてもミディアムを履いても、あまり差が無いと感がているようだ

「レースは難しいものになるだろう。タイヤに関して多くのクエスチョンマークが残っているんだ」と、モルビデリは語る。

「適切な選択をすることが重要になってくる」

「ただ選択に関わらず、タイヤのデグラデーション(性能劣化)はあるし、パフォーマンスは低下していくことになる」

「だから特にレース終盤では、僕らは苦しむことになるだろうね」

「同じ様なペースのライダーがたくさんいるから、レースで具体的にどのポジションで終えるかは分からない」

「厳しく、タフなレースになってくるだろう」

 モルビデリはレースでの有力候補については、昨シーズンの勝者であり、今回もポールポジションを獲得したファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)を挙げており、それは他のライダーも同様に考えている。

 クアルタラロはFP4の連続周回で唯一1分39秒台をマークするなど好調ぶりを発揮した。ただ本人は余力があるわけではないと語っている。

「これ以上のモノは無いよ。FP4で1分39秒台の数字を見た時には凄く驚かされた。限界に近づいていたし、余力は無かったんだ」

 そうクアルタラロは語る。

「日曜のレースでは“プラスアルファ”を欲するし、もう少しできることがあるのも確かだ」

「だけど僕は、余力があるとは言えないね」

 クアルタラロの真のペースに関してジョアン・ミル(スズキ)は、ユーズドタイヤでのパフォーマンスにはまだ分からないところがあると指摘している。

「ファビオはFP4で素晴らしいペースを刻んでいたから分からないけど、僕らはよく分析する必要があると思う。このコースでは一度ピットに戻ってリスタートすると、何かが起こって1秒近く遅くなることが起こるんだ」

 そうミルは語る。

「だから彼は常に新タイヤで出ていこうとしているんだ。彼のペースが凄く良いのは事実だし、いい仕事をしているのも確かだけどね」

「でもまだハッキリとはしていない。彼がとても強いだろうことは確かだ。でも彼がレースで逃げていってしまうかどうかは分からないね」

 

Read Also:

シェア
コメント
ホルヘ・マルティン、怪我からの復帰戦は“完走”すら戦いに? 「レースは厳しいかも」と弱気
前の記事

ホルヘ・マルティン、怪我からの復帰戦は“完走”すら戦いに? 「レースは厳しいかも」と弱気

次の記事

「バイクは2020年から改善されていない」王者ジョアン・ミル、苦しい状況に不満

「バイクは2020年から改善されていない」王者ジョアン・ミル、苦しい状況に不満
コメントを読み込む