MotoGPスティリアFP2:アプリリアのサヴァドーリがトップタイムをマーク。中上、雨のFP2は17番手

MotoGP第10戦スティリアGPのフリー走行2回目が行なわれた。トップタイムを記録したのはアプリリアのロレンソ・サヴァドーリだった。

MotoGPスティリアFP2:アプリリアのサヴァドーリがトップタイムをマーク。中上、雨のFP2は17番手

 MotoGP第10戦スティリアGPのフリー走行2回目が行なわれた。トップタイムはアプリリアのロレンソ・サヴァドーリ。2番手はヨハン・ザルコ(プラマック)、3番手はジョアン・ミル(スズキ)となった。

 午前のフリー走行1回目は晴天で行われたが、午後のコンディションは雨の降る中、気温22℃、路面温度24℃でセッションがスタートした。

 セッション開始直後真っ先にコースインしたのは雨を得意とするダニーロ・ペトルッチ(テック3)だった。

 セッション前半はマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が1分32秒841を記録し、ひとまずタイムシートのトップにつけた。

 後半になり雨が降り止んだところでコースに向かったのはヤマハのマーベリック・ビニャーレス。ビニャーレスは単独でラップをこなしていった。

 その後コースは徐々に乾き始め、ドライのレーシングラインが見えてきたところで各ライダーたちは前半のタイムを更新し始めた。

 動きがあったのは残り7分を切ったところだった。ザルコがトップタイムを更新すると直ぐさまフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)がトップを奪った。だがその2人を1分31秒304で抑えたのが、サヴァドーリだった。

 その後は区間タイムでトップタイムを更新する速さを示すライダーも見られたが、最終的なタイムには結びつかず、そのままサヴァドーリが自身初となるトップタイムをマークした。

 FP1でトップタイムを記録していた中上貴晶(LCRホンダ)は17番手タイム(+2.354秒)でFP2を終えた。

 5日(木)に現役引退を表明したバレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)はセッション途中に4コーナーでコースアウトする場面も見られ、FP2は22番手(+3.278秒)とタイムを計測したライダーの中では最下位となった。

 ロッシのチームメイトで負傷中のフランコ・モルビデリの代役として参戦しているカル・クラッチローは20番手(+2.650秒)だった。

 また、今回KTMからワイルドカード参戦しているダニ・ペドロサはセッション序盤に4番手につける場面もあったが、最終的には21番手(+2.650秒)でFP2を終えた。

 また初日FP1からFP2の総合トップ10はドライコンディションで行なわれたFP1の上位10名となる中上、ミル、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)、アレックス・リンス(スズキ)、ポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ)、マルク・マルケス、ビニャーレス、ファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)、ジャック・ミラー(ドゥカティ)という並びとなった。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Italy Lorenzo Savadori 19 1'31.304     170.568
2 France ヨハン ザルコ 21 1'31.458 0.154 0.154 170.281
3 Spain ジョアン ミル 18 1'31.566 0.262 0.108 170.080
4 Italy フランチェスコ バニャイヤ 21 1'32.182 0.878 0.616 168.944
5 Spain アレイシ エスパルガロ 12 1'32.231 0.927 0.049 168.854
6 Spain アレックス リンス 18 1'32.311 1.007 0.080 168.707
7 Spain アレックス マルケス 16 1'32.445 1.141 0.134 168.463
8 Spain イケル レクオーナ 20 1'32.543 1.239 0.098 168.285
9 Spain マーベリック ビニャーレス 13 1'32.685 1.381 0.142 168.027
10 Spain マルク マルケス 14 1'32.841 1.537 0.156 167.744

シェア
コメント
Moto2スティリア初日:総合トップはVR46のベッツェッキ。小椋藍も総合8番手をキープ
前の記事

Moto2スティリア初日:総合トップはVR46のベッツェッキ。小椋藍も総合8番手をキープ

次の記事

ロッシ「僕は10回目タイトルにも値したと思う」引退後は“アスリート生活”が恋しくなる?

ロッシ「僕は10回目タイトルにも値したと思う」引退後は“アスリート生活”が恋しくなる?
コメントを読み込む