MotoGPサンマリノFP1:ビニャーレス、アプリリアで初のトップタイム! 終盤の降雨でスッキリしないセッションに

MotoGP第14戦サンマリノGPのフリー走行1回目が行なわれた。トップタイムを記録したのはアプリリアのマーベリック・ビニャーレスだった。

MotoGPサンマリノFP1:ビニャーレス、アプリリアで初のトップタイム! 終盤の降雨でスッキリしないセッションに

 ミサノ・サーキットでMotoGP第14戦サンマリノGPのフリー走行1回目が行なわれた。トップタイムを記録したのは、アプリリアのマーベリック・ビニャーレスだった。

 サーキット周辺の気候は曇り。気温26℃ 路面温度25℃のコンディションでサンマリノGP最初のセッションが開始された。

 ヤマハに昇格し、さらに怪我からの復帰戦となるフランコ・モルビデリや、MotoGPへ復帰したアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ペトロナス・ヤマハSRT)なども次々とコースイン。どちらのライダーもブランクがあるためか、タイム的にはスローペース。慣熟走行といった具合だ。

 セッション序盤はアプリリアのマーベリック・ビニャーレスがリード。ただタイムは1分32秒966とまだまだ控えめなものだった。

 その後はドゥカティ勢2台がタイムを上げトップ2に並んでセッションは折返しを迎えた。

 そこから更にトップタイムを更新していったのは、ジョアン・ミル(スズキ)とビニャーレス。大きなトラブルも無く各ライダーが走行を重ねていったが、残り10分を目前としたタイミングで雨が降り始めてしまった。

 これで全員が一度ピットに戻ったが、残り5分頃にはレインタイヤへと履き替えたスズキ勢とレプソル・ホンダのポル・エスパルガロとマルク・マルケスらがコースイン。しかし雨が強く路面はヘビーウエットの状態で、様子見の走行に終始した。

 雨足は更に強まっていき、彼ら以外はコースに出ないままFP1が終了。トップタイムはビニャーレスとなった。2番手はミル、3番手はバニャイヤだ。

 復帰戦となったモルビデリは、最終的に16番手タイムを記録。同じく復帰戦のドヴィツィオーゾは最後尾となる24番手タイムだ。なおLCRホンダの中上貴晶は13番手タイムを記録している。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain マーベリック ビニャーレス 15 1'32.666     164.254
2 Spain ジョアン ミル 15 1'32.746 0.080 0.080 164.112
3 Italy フランチェスコ バニャイヤ 11 1'32.801 0.135 0.055 164.015
4 Australia ジャック ミラー 13 1'32.859 0.193 0.058 163.913
5 Spain アレックス リンス 18 1'32.885 0.219 0.026 163.867
6 Spain ポル エスパルガロ 16 1'33.019 0.353 0.134 163.631
7 France ファビオ クアルタラロ 16 1'33.024 0.358 0.005 163.622
8 Germany Stefan Bradl 11 1'33.047 0.381 0.023 163.581
9 Spain マルク マルケス 15 1'33.100 0.434 0.053 163.488
10 Spain アレイシ エスパルガロ 11 1'33.102 0.436 0.002 163.485

シェア
コメント
モルビデリ「ヤマハに“貸し”があるわけじゃないけど、昇格に値すると思っていた」

前の記事

モルビデリ「ヤマハに“貸し”があるわけじゃないけど、昇格に値すると思っていた」

次の記事

ロッシ、チームメイトとしてMotoGPに復帰するドヴィツィオーゾを歓迎「彼はMotoGPにとって重要な存在」

ロッシ、チームメイトとしてMotoGPに復帰するドヴィツィオーゾを歓迎「彼はMotoGPにとって重要な存在」
コメントを読み込む