MotoGPサンマリノFP3:前戦優勝のバニャイヤがトップタイム。中上貴晶は11番手で予選Q1スタート

MotoGP第14戦サンマリノGPのフリー走行3回目が行なわれた。トップタイムを記録したのはフランチェスコ・バニャイヤだった。

MotoGPサンマリノFP3:前戦優勝のバニャイヤがトップタイム。中上貴晶は11番手で予選Q1スタート

 ミサノ・サーキットで行なわれているMotoGP第14戦サンマリノGP。2日目のフリー走行3回目でトップタイムを記録したのは、ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤだった。

 サンマリノGPの初日はFP1終盤に降雨が始まり、FP2もウエットコンディションで行なわれたが、2日目は天候が回復。予選組分けを決するFP3はドライコンディションで開始された。

 FP3が開始されると、ライダーたちは積極的な走りを見せ、序盤からFP1で記録されたタイムは次々と更新されていった。

 10分が経過した段階で、バニャイヤが初日総合トップだったマーベリック・ビニャーレス(アプリリア)のタイムを更新。雨のFP2で苦戦していたファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)も、バニャイヤに続く2番手タイムを記録してきた。

 ビニャーレスは2日目も好調が続いているようで、セッション中盤には1分32秒200をマークし、再びトップへと浮上。また初日に苦戦していた中上貴晶(LCRホンダ)も5番手にまで上げてくるなど、初日からは若干勢力図も変わっている様子だ。

 セッション残り時間が10分を切るころからアタックに向かうライダーが増加。予選Q2への直接進出となる総合トップ10を懸けた争いの口火を切ったのはクアルタラロで、彼がこの段階では唯一の1分31秒台をマークした。

 その後ドゥカティ勢もアタックに入ると、バニャイヤがクアルタラロを超えるタイムを記録し、暫定トップに浮上した。

 タイム更新は続いたが、結局このタイムを超えるライダーは現れないまま、セッションは終了。前戦アラゴンGPで初優勝を挙げたバニャイヤが、FP3トップタイムとなった。2番手はクアルタラロ、3番手はバニャイヤのチームメイトであるジャック・ミラーだ。 

 なおセッション終盤はマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)やテック3のダニーロ・ペトルッチとイケル・レクオナらが次々と転倒。イエローフラッグの影響でタイム抹消が頻発した。中上もタイム取り消しを受けて11番手まで後退、予選Q1からの出走となった。

 予選Q2へ直接進出となる総合トップ10は、FP3のトップ10と同じ並びとなっている。中でも注目なのは、ビニャーレスが5番手で予選Q2へ進んだ点だろう。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Italy フランチェスコ バニャイヤ 19 1'31.936     165.558
2 France ファビオ クアルタラロ 21 1'31.975 0.039 0.039 165.488
3 Australia ジャック ミラー 21 1'32.089 0.153 0.114 165.283
4 Spain ジョアン ミル 23 1'32.136 0.200 0.047 165.199
5 Spain マーベリック ビニャーレス 21 1'32.200 0.264 0.064 165.084
6 Spain アレックス リンス 22 1'32.324 0.388 0.124 164.862
7 France ヨハン ザルコ 20 1'32.364 0.428 0.040 164.791
8 Spain ポル エスパルガロ 19 1'32.416 0.480 0.052 164.698
9 Spain ホルヘ マルティン 20 1'32.427 0.491 0.011 164.679
10 Italy ミケーレ ピッロ 15 1'32.432 0.496 0.005 164.670

シェア
コメント
ビニャーレス、サンマリノ初日首位も「落ち着いて、しっかりとした歩みで進まないと」
前の記事

ビニャーレス、サンマリノ初日首位も「落ち着いて、しっかりとした歩みで進まないと」

次の記事

Moto3サンマリノ予選:フェナティが今季3度目のポール獲得。日本勢は佐々木が最上位13番手

Moto3サンマリノ予選:フェナティが今季3度目のポール獲得。日本勢は佐々木が最上位13番手
コメントを読み込む