MotoGPアメリカズFP2:COTAの“王”マルケス、ドライでも強さ示しトップ。中上貴晶が5番手

MotoGP第15戦アメリカズGPのフリー走行2回目が行なわれた。トップタイムを記録したのはマルク・マルケスだった。

MotoGPアメリカズFP2:COTAの“王”マルケス、ドライでも強さ示しトップ。中上貴晶が5番手

 サーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催中のMotoGP第15戦アメリカズGP。初日のフリー走行2回目が行なわれ、レプソル・ホンダのマルク・マルケスがトップタイムをマークした。

 午前中のFP1はウエットコンディションで行なわれたものの、同セッション中から既に青空が広がりつつあった状況で、FP2が開始される頃には路面は完全に乾き、セッションはドライコンディションで行なわれることになった。

 FP1では得意のCOTAということもあり、トップタイムを記録していたマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)。ドライとなったFP2でもマルケスは序盤からタイムシートトップに立った。

 同じくFP1で上位につけていたジャック・ミラー(ドゥカティ)もタイムを縮めて来るが、マルケスも毎周のようにタイムを更新し、トップの座を維持した。一方でウエットのFP1で苦戦していたファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)や、中上貴晶(LCRホンダ)は好調な走りで、特に中上はセッションを3番手で折り返した。

 MotoGPの予選組分けシステムでは、FP3までの総合タイムトップ10までが直接Q2へと進出するが、2日目FP3の時間帯は雨予報。そのため終盤は激しいアタック合戦が予想された。

 しばらくはアタックも控えめな状況が続いていたが、残り10分を切り終盤に入ると、徐々にアタックに向かうライダーが増加。フランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)がこの日初めての2分4秒台に入れ、トップタイムを更新した。ただその直後、中上が2分4秒612をマークし、トップは入れ替わった。

 そこからもアタックは続き、多くのライダーが自己ベストを更新。クアルタラロもその例に漏れずタイムを縮め、2分4秒366で中上のタイムを更新した。

 トップタイムの更新合戦には更にマルケスも参戦。セッション終了間際に2分4秒164でトップタイムを奪った。ジャック・ミラー(ドゥカティ)やポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ)も最後に最速タイム更新のペースを見せたが、わずかに届かなかった。

 そのため結局FP2もマルケスがトップタイムとなった。2番手はミラー、3番手はクアルタラロだ。なおマルケスのチームメイトであるエスパルガロが4番手に続いている。

 中上は最終的に5番手タイム。2日目FP3が雨となった場合、予選Q2へ直接進める位置だ。

 なおセッション終了後、アレックス・リンス(スズキ/9番手)がピットレーン入り口付近で動けなくなっていたところを、ミラーが後ろを押して送り届けるお馴染みの“ミラータクシー”が行なわれるシーンも見られた。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain マルク マルケス 17 2'04.164     159.843
2 Australia ジャック ミラー 17 2'04.179 0.015 0.015 159.824
3 France ファビオ クアルタラロ 17 2'04.366 0.202 0.187 159.583
4 Spain ポル エスパルガロ 16 2'04.552 0.388 0.186 159.345
5 Japan 中上 貴晶 16 2'04.612 0.448 0.060 159.268
6 Italy フランチェスコ バニャイヤ 16 2'04.663 0.499 0.051 159.203
7 Spain ホルヘ マルティン 15 2'04.677 0.513 0.014 159.185
8 France ヨハン ザルコ 15 2'04.723 0.559 0.046 159.127
9 Spain アレックス リンス 18 2'04.802 0.638 0.079 159.026
10 Italy エネア バスティアニーニ 16 2'04.836 0.672 0.034 158.982

シェア
コメント
MotoGPアメリカズFP1:マルケス、得意COTAをトップでスタート。ランク首位クアルタラロは雨に苦戦

前の記事

MotoGPアメリカズFP1:マルケス、得意COTAをトップでスタート。ランク首位クアルタラロは雨に苦戦

次の記事

マルケス「22年型バイクの変化はこれまででも最大」今季懸案のリヤグリップは改善へ

マルケス「22年型バイクの変化はこれまででも最大」今季懸案のリヤグリップは改善へ
コメントを読み込む