MotoGPスペインFP2:バニャイヤ、ヤマハ勢を上回るトップタイム。一方師匠のロッシ21番手に沈む

MotoGP第4戦スペインGPのフリー走行2回目が行なわれた。トップタイムを記録したのはドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤだった。

MotoGPスペインFP2:バニャイヤ、ヤマハ勢を上回るトップタイム。一方師匠のロッシ21番手に沈む

 ヘレス・サーキットを舞台に行なわれている第4戦スペインGP。その初日フリー走行2回目はドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤがトップタイムをマーク。初日総合タイムでも首位に立った。

 バニャイヤは、終盤のアタック合戦のタイミングで大きくタイムを更新、1分37秒209というタイムをマークした。このタイムは2番手以下を引き離すものだったが、最後のアタックでファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)も負けじと自己ベストを記録し、0.178秒差の2番手に迫った。

 なおチームメイトのマーベリック・ビニャーレスは5番手、ペトロナス・ヤマハSRTのフランコ・モルビデリも4番手タイムとヤマハ勢は好調な結果となった。

 3番手はアプリリアのアレイシ・エスパルガロ。彼はFP1でも2番手と好調で、FP2でも序盤から積極的な走りでタイムシート上位につけていた。アレイシは今シーズン、表彰台獲得が可能だと考えているが、その説得力が増してきたと言えるだろう。

 LCRホンダの中上貴晶は、FP2を6番手タイムで終了。セッション終盤のアタックでは何度も各セクターで最速タイムをマークして2番手につけていたが、周囲の伸びもあり最終的にはこのポジションに留まった。

Read Also:

 KTM勢で最上位となったのはミゲル・オリベイラで、7番手タイム。スズキはアレックス・リンスが8番手で、王者ジョアン・ミルは13番手と予選組分けのQ2直接進出圏内からは漏れてしまっている状況だ。

 前戦ポルトガルGPで復帰を果たしたマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)は16番手タイム。総合タイムでも、FP1で自身の記録したタイムを超えることはなかった。

 ペトロナス・ヤマハSRTのバレンティーノ・ロッシは、FP1に引き続きタイムシート上位に顔を出せず、最終的に21番手タイムでセッションを終えている。

 また終盤のアタックでは、骨折の治療中であるホルヘ・マルティン(プラマック)の代役として起用されたティト・ラバトが最終コーナーで激しく転倒。ただ幸い怪我はなく、その後は走行に戻っている。

Read Also:

 
順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Italy フランチェスコ バニャイヤ 18 1'37.209     163.799
2 France ファビオ クアルタラロ 19 1'37.387 0.178 0.178 163.500
3 Spain アレイシ エスパルガロ 17 1'37.646 0.437 0.259 163.066
4 Italy フランコ モルビデリ 20 1'37.704 0.495 0.058 162.969
5 Spain マーベリック ビニャーレス 20 1'37.726 0.517 0.022 162.933
6 Japan 中上 貴晶 19 1'37.775 0.566 0.049 162.851
7 Portugal ミゲル オリベイラ 20 1'37.816 0.607 0.041 162.783
8 Spain アレックス リンス 19 1'37.847 0.638 0.031 162.731
9 France ヨハン ザルコ 17 1'37.888 0.679 0.041 162.663
10 South Africa ブラッド ビンダー 19 1'37.896 0.687 0.008 162.650

シェア
コメント
Moto2スペイン初日:ロウズ、4連続PPに向け首位発進。小椋21番手、代役参戦の羽田大河は31番手

前の記事

Moto2スペイン初日:ロウズ、4連続PPに向け首位発進。小椋21番手、代役参戦の羽田大河は31番手

次の記事

バレンティーノ・ロッシ、昨年表彰台のヘレスでまさかの初日21番手……でも“プレッシャー”は無い?

バレンティーノ・ロッシ、昨年表彰台のヘレスでまさかの初日21番手……でも“プレッシャー”は無い?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント スペインGP