MotoGPカタルニアFP1:地元エスパルガロ兄弟が好調! 兄がトップタイム&弟3番手。中上11番手

MotoGP第7戦カタルニアGPのフリー走行1回目が行なわれた。トップタイムをマークしたのは、アプリリアのアレイシ・エスパルガロだ。

MotoGPカタルニアFP1:地元エスパルガロ兄弟が好調! 兄がトップタイム&弟3番手。中上11番手

 2021年のMotoGP第7戦カタルニアGP。初日のフリー走行1回目が行なわれ、アプリリアのアレイシ・エスパルガロがトップタイムをマークした。

 前戦イタリアGPからの連戦となるカタルニアGP。フリー走行1回目は天候晴れ、気温25℃、路面温度30度という穏やかなコンディションで開始された。

 FP1は序盤に1分40秒402をマークしたフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)がセッションの大半をリード。ポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ)とアレイシ・エスパルガロのバルセロナが地元の兄弟がそこに続いていた。

 残り時間が数分となってもアタックは本格化せず、ベストタイム更新を狙った走りはラスト2周となってからだった。またそのアタックでも大きくタイムを更新してくるライダーは現れなかった。

 最終的にトップタイムをマークしたのは、アレイシ・エスパルガロ。1分40秒378と、セッション序盤に記録されたモルビデリのタイムを、最後のアタックで僅かに上回った。

 2番手タイム(+0.024秒)はそのモルビデリ、3番手にはポル・エスパルガロ(+0.349秒)が続いている。

 カタルニアGPを前にクルーチーフ交代が発表されたマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ/+0.375秒)は4番手タイムを記録。チームメイトでポイントリーダーのファビオ・クアルタラロは6番手タイム(+0.475秒)だ。

 また第3戦ポルトガルで骨折して以来欠場の続いていたホルヘ・マルティン(プラマック)が、今戦から復帰。終盤のアタックでは他車のスリップを利用しつつではあるが、12番手タイム(+0.870秒)と復帰初戦からまずまずの位置につけてきた。

 LCRホンダの中上貴晶は、11番手タイム(+0.756秒)でFP1を終了。終盤のアタックではバレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT/15番手/+0.889秒)の後ろで詰まってしまっていた。

 なおカタルニアGPではスズキのアレックス・リンスが、レースウィークを前に骨折してしまったため、欠場を強いられている。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain アレイシ エスパルガロ 18 1'40.378     169.531
2 Italy フランコ モルビデリ 19 1'40.402 0.024 0.024 169.490
3 Spain ポル エスパルガロ 19 1'40.751 0.373 0.349 168.903
4 Spain マーベリック ビニャーレス 24 1'40.753 0.375 0.002 168.900
5 France ヨハン ザルコ 19 1'40.767 0.389 0.014 168.876
6 France ファビオ クアルタラロ 20 1'40.853 0.475 0.086 168.732
7 Portugal ミゲル オリベイラ 18 1'40.927 0.549 0.074 168.608
8 Spain ジョアン ミル 16 1'40.960 0.582 0.033 168.553
9 Australia ジャック ミラー 20 1'40.991 0.613 0.031 168.502
10 Italy フランチェスコ バニャイヤ 18 1'41.085 0.707 0.094 168.345

シェア
コメント
ビニャーレス、クルーチーフ変更で“最大ポテンシャル”発揮へ? 交代はヤマハの要望か
前の記事

ビニャーレス、クルーチーフ変更で“最大ポテンシャル”発揮へ? 交代はヤマハの要望か

次の記事

Moto3カタルニア初日:ロドリゴが初日総合トップ。日本勢は佐々木歩夢が5番手最上位に

Moto3カタルニア初日:ロドリゴが初日総合トップ。日本勢は佐々木歩夢が5番手最上位に
コメントを読み込む