予選から一転して超晴天の決勝日。朝のWUPはマルティン最速|MotoGP日本GP

MotoGP第16戦日本GPのMotoGPクラスウォームアップ走行が行なわれた。最速タイムを記録したのは、ホルヘ・マルティンだった。

予選から一転して超晴天の決勝日。朝のWUPはマルティン最速|MotoGP日本GP
Listen to this article

 いよいよ決勝レース日を迎えているMotoGP第16戦日本GP。午前中には各クラスのウォームアップ走行が行なわれた。

 MotoGPクラスは20分間のセッションが行なわれ、ホルヘ・マルティン(プラマック)が1分45秒085で最速となった。

 2日目はFP2、予選と雨に見舞われた日本GP。しかし決勝日は天候が回復し、晴れ晴れとした青空のもと、走行が始まった。

 ドライコンディションでの走行はFP1で行なわれたのみであるため、決勝レースに向けても重要となるこのセッションで、各ライダーは精力的に走行を重ねた。

 なお開始5分を前に、ポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ)がターン9で転倒。エスパルガロに怪我はなく、その後ピットに戻り、走行を再開している。

 また、チームメイトのマルク・マルケスも、セッションが終了しようかというタイミングで転倒。チームメイトと同じターン9での転倒だった。

 トップタイムを記録したのはマルティン。2番手にファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)、3番手にはジャック・ミラー(ドゥカティ)が続いている。

 3年ぶりPP獲得のマルケスは、前述の通り転倒はあったが、7番手タイムを記録している。

 なおタイトルを争うライダーであるフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)は予選で12番手と苦戦したが、ドライで行なわれたWUPでは4番手をマーク。アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)は8番手となった。

 日本人ライダーの中上貴晶(LCRホンダ)は19番手、ワイルドカード参戦の長島哲太(Team HRC)は24番手、代役参戦の津田拓也(スズキ)は25番手タイムだった。

 
Read Also:
順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain ホルヘ マルティン 11 1'45.085     164.472
2 France ファビオ クアルタラロ 11 1'45.370 0.285 0.285 164.027
3 Australia ジャック ミラー 11 1'45.391 0.306 0.021 163.995
4 Italy フランチェスコ バニャイヤ 12 1'45.432 0.347 0.041 163.931
5 Spain マーベリック ビニャーレス 11 1'45.509 0.424 0.077 163.811
6 Italy エネア バスティアニーニ 11 1'45.526 0.441 0.017 163.785
7 Spain マルク マルケス 9 1'45.583 0.498 0.057 163.696
8 Spain アレイシ エスパルガロ 10 1'45.584 0.499 0.001 163.695
9 France ヨハン ザルコ 11 1'45.636 0.551 0.052 163.614
10 Portugal ミゲル オリベイラ 11 1'45.643 0.558 0.007 163.603

シェア
コメント
【リザルト】MotoGP日本GP Moto2クラス決勝日WUP
前の記事

【リザルト】MotoGP日本GP Moto2クラス決勝日WUP

次の記事

ポールから1秒差。クアルタラロ、9番手に終わった日本GP予選に「マシンの感触は良いんだけどね……」決勝でも苦戦予想

ポールから1秒差。クアルタラロ、9番手に終わった日本GP予選に「マシンの感触は良いんだけどね……」決勝でも苦戦予想