タイトル争い佳境のタイGPで、勝利は誰の手に…帰ってきたペトルッチ、雨で輝くかも?|MotoGPタイGP配信スケジュール

MotoGPは今週末第17戦タイGPが行なわれる。アジア・パシフィックラウンドの2戦目も大注目の一戦となりそうだ。ヨーロッパラウンドとは一変する配信スケジュールを改めてチェックしておこう。

タイトル争い佳境のタイGPで、勝利は誰の手に…帰ってきたペトルッチ、雨で輝くかも?|MotoGPタイGP配信スケジュール
Listen to this article

 MotoGPは9月30日から第17戦タイGPが開幕。アラゴンから続く3連戦の締めくくりとなる。

 今季のMotoGPは9月中旬からアラゴン-日本-タイの3連戦。25日にはアジア・パシフィックラウンドの初戦となる日本GPがモビリティリゾートもてぎで開催された。それから休む間もなくMotoGP一行はタイへと飛び、30日には早くもフリー走行がスタートする。なお日本GPとは異なり、フリー走行は通常のスケジュールかつFP1からFP4までフルで行なわれる予定だ。

 日本GPと同じく3年ぶり開催となるタイGPは、様々な注目点にあふれている。

 タイトル争いという面では、日本GPでアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)とフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)がノーポイントに終わったため、ファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)がリードを拡大。彼を追うライバル2人にとっては、負けられないレースとなる。

 また8月にオーストリアGPでクラッシュし足首を負傷したジョアン・ミルの代役として、スズキはダニーロ・ペトルッチを起用。ペトルッチは長年ドゥカティ陣営からMotoGPへ参戦してきたライダーだけに、驚きをもって迎えられた。なおペトルッチは今年、MotoGPは離れたもののダカール・ラリーでステージ優勝を果たし、MotoAmericaでランキング2位となるなど、精力的に活動を続けている。これまでV4エンジン搭載マシンに慣れ親しんできたペトルッチが、”青い”並列4気筒マシンにどんな適応を見せるのか、注目のポイントだ。

 さらに、LCRホンダの中上貴晶も右手の負傷で再手術が必要となったため欠場。HRCの長島哲太が代役として起用される。長島は初MotoGPクラスとなった日本GPは転倒で終わってしまったため、リベンジのまたとないチャンスと言えるだろう。

 なお舞台となるチャーン・インターナショナル・サーキット周辺は、週末を通じて雨予報となっている。雨で強さを見せるライダーの躍進、タイトル争いでリスクを負えない上位陣らの思惑が入り混じって、スペクタクルに溢れたレースとなる可能性もあり、そういった意味でも注目の一戦となるだろう。

 またMotoGP第17戦タイGPは東南アジアで行なわれるため、ヨーロッパラウンドとは各セッションの実施時間が異なっている。日本との時差は2時間となっているため、間違わないように今一度スケジュールのチェックをおすすめする。

■MotoGP公式配信:日本時間

9月30日(金)
11時00分: Moto3 / フリー走行1(40分間)
11時55分: Moto2 / フリー走行1(40分間)
12時50分: MotoGP / フリー走行1(45分間)
15時15分: Moto3 / フリー走行2(40分間)
16時10分: Moto2 / フリー走行2(45分間)
17時05分: MotoGP / フリー走行2(4 0分間)

10月1日(土)
11時00分: Moto3 / フリー走行3(40分間)
11時55分: Moto2 / フリー走行3(40分間)
12時50分: MotoGP / フリー走行3(45分間)
14時35分: Moto3 / Q1(15分間)
15時00分: Moto3 / Q2(15分間)
15時30分: Moto2 / Q1(15分間)
15時55分: Moto2 / Q2(15分間)
16時25分: MotoGP / フリー走行4(30分間)
17時05分: MotoGP / Q1(15分間)
17時30分: MotoGP / Q2(15分間)

10月2日(日)
12時00分: Moto3 / ウォームアップ走行(10分間)
12時20分: Moto2 / ウォームアップ走行(10分間)
12時40分: MotoGP / ウォームアップ走行(20分間)
14時00分: Moto3 / 決勝レース(22ラップ)
15時20分: Moto2 / 決勝レース(24ラップ)
17時00分: MotoGP / 決勝レース(26ラップ)

[日テレジータス]
予選 10月1日(土) 14:30~18:45
決勝 10月2日(日)13:45~19:00

[BS日テレ]

10月2日(日) 24:00~25:00

 
Read Also:

シェア
コメント
小椋藍、日本GP優勝の勢いでタイへ! 「いつもどおり全力をキープしていく」
前の記事

小椋藍、日本GP優勝の勢いでタイへ! 「いつもどおり全力をキープしていく」

次の記事

マルケス、日本GP終了後は「回復に予想より時間がかかった」タイGP雨ならまた大活躍か?

マルケス、日本GP終了後は「回復に予想より時間がかかった」タイGP雨ならまた大活躍か?