MotoGP フランスGP

ペトルッチ、古巣ドゥカティからMotoGP復帰に「言葉では言い表せない思いだ」と感激。優勝経験あるル・マンに挑む

MotoGP第5戦フランスGPでエネア・バスティアニーニの代役として参戦するダニーロ・ペトルッチは、優勝経験もあるル・マンでの戦いを楽しみにしている。

Danilo Petrucci, Ducati Team

 5月12日から開幕するMotoGP第5戦フランスGPでは、ダニーロ・ペトルッチがドゥカティからエネア・バスティアニーニの代役として参戦する。彼は古巣で再びMotoGPを戦うことを楽しみにしてるようだ。

 バスティアニーニは開幕戦ポルトガルGPのスプリントレースでルカ・マリーニ(VR46)と接触し、右肩肩甲骨を骨折し、第3戦まで欠場が続いた。

 その後第4戦スペインGPで一度復帰しているが、バスティアニーニは体調が万全とはいかず、2日目の予選から欠場することに。そして第5戦フランスGPも回復に専念するために欠場することを決断した。

 そこで代役として白羽の矢を立ったのがペトルッチだ。2021年までMotoGPに参戦していたペトルッチは、ドゥカティ陣営に長く所属し、2019~2020年にかけてドゥカティファクトリーチームで2勝も挙げている。

 特に、フランスGPはペトルッチが2020年に優勝を収めた思い出の地でもある。今回の代役も思い出の地に古巣から参戦するということで、彼としても非常に感慨深いようだ。

 フランスGPのプレビューで、ペトルッチは次のようにコメントした。

「ドゥカティ・レノボ・チームとMotoGPに再び復帰してレースをすることは、僕としても言葉では言い表せない思いだ」

「特に僕がMotoGPで最後の勝利を2020年挙げた、ここでのレースだからね」

「世界チャンピオンのバイクを試す栄誉を得られるんだ! 天候のことを考慮しても、簡単な週末にはならないだろう。でも過去にはウエットで僕は常に競争力があった」

「ただ目標は楽しむこと、そしてチームと上手くやることだ」

 
関連ニュース:

前の記事 ドゥカティ初王者ストーナーは憧れ……バニャイヤ「彼と自分の名が並ぶのは違和感」目指すは”ヤマハでのロッシ”のような象徴
次の記事 クアルタラロ、母国フランスで今度こそ好結果目指す「スペインのことは忘れた。ル・マンで巻き返すのが楽しみ」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本