MotoGP
24 7月
イベントは終了しました
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
21 8月
イベントは終了しました
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
11 9月
イベントは終了しました
18 9月
イベントは終了しました
R
カタルニアGP
25 9月
次のセッションまで……
4 days
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
18 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
24 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
25 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
32 days
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
46 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
53 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

MotoGPスティリア決勝:中上貴晶、“悔しすぎる”7位……初表彰台は幻に。優勝はオリベイラ

シェア
コメント
MotoGPスティリア決勝:中上貴晶、“悔しすぎる”7位……初表彰台は幻に。優勝はオリベイラ
執筆:

オーストリアのレッドブルリンクでMotoGP第6戦スティリアGPの決勝レースが行なわれた。赤旗中断となるまでは中上貴晶が首位を争ったが、再スタート時に出遅れ、結局7位。ミゲル・オリベイラ(テック3・KTM)が初優勝を果たした。

 MotoGP第6戦スティリアGPの決勝レースが行なわれ、ミゲル・オリベイラ(テック3・KTM)が初優勝を果たした。中上貴晶(LCRホンダ)は終始上位を争ったものの、表彰台獲得とはならなかった。

 オーストリアのレッドブルリンク連戦の2レース目となったスティリアGP。上空は黒い雲がかかりつつあったが、決勝レーススタート時刻となってもドライコンディションが保たれた。気温22℃、路面温度36℃というコンディションである。

 スターティンググリッドは、ポル・エスパルガロ(KTM)がポールポジションを獲得し、2番手にはLCRホンダの中上貴晶が初のフロントロウにマシンを並べた。3番手にはヨハン・ザルコ(アビンティア)がペナルティによりピットレーンスタートとなったため、繰り上がったジョアン・ミル(スズキ)が並んだ。

 スタートからターン1に向けてはポジションが大きく入れ替わった。ジャック・ミラー(プラマック)が先頭に立つ中、中上は一時は5番手に落としてしまう。しかし彼のペースは良く、すぐに3番手にまでポジションを戻して1周目を終えた。

 レースはミラー、ミル、中上という並びで先頭3台を形成。少し間を空けてポル・エスパルガロ、アレックス・リンス(スズキ)が続いた。

 5周目にはミルがトップに浮上し、若干抜け出す形に。中上はそれを逃すまいと2番手のミラーへのプレッシャーを強めていったが、オーバーテイクには至らない展開が続いた。

 以降はトップ3はコンマ3秒ほどの僅差で並び、4番手のエスパルガロは1秒以上離れた……表彰台争いは上位3台に絞られつつあった。

 ミル、ミラー、そしてそれを追う中上のペースは良く、4番手以下をジリジリとさらに引き離し、13周目には2秒と大きなギャップが築かれた。更にミルと2番手のミラーの間でも1秒のギャップが広がり、争いはまた別の段階に入りつつあった。

 レースを半分以上消化した14周目、ついに中上がアクションを起こした。最終セクターでミラーを交わして2番手に浮上したのだ。ミラーもすかさずやり返すが、中上は返す刀でオーバーテイク。2番手のポジションを固めた。

 しかし17周目、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)がターン1でクラッシュ。マシンは全く減速せず、ビニャーレスは200km/h以上の速度が出ている状態で飛び降りる形となった。バイクは勢いよくエアフェンスに衝突し、その場で炎上。結果としてレッドブラッグが掲示され、レースは中断された。これが、レース結果を大きく左右することになる。

 エアフェンスは素早く修復され、レースは15分ほどの中断を挟み、残り12周で再スタートとなった。なおビニャーレスはここでリタイアとなった。

 再スタートではポールポジションのミルがトップをキープ。一方で2番手スタートの中上は5番手までポジションを落としてしまった。

 1周目はミラーがトップ、ミル、ポルという並びで、ミゲル・オリベイラ、ブラッド・ビンダー(KTM)とKTM勢が上位につけた。中上はさらに順位を落とし、7番手だ。

 ミラーは1分23秒台のハイペースを示しており、上位3台はそのまま抜け出す展開に。ただポルもペースは良く、4周目にはミルをオーバーテイクして2番手に浮上してミラーを追った。

 ミルは再スタート後のペースが上がらず、オリベイラにも追い抜きを許して4番手にまで後退した。

 レース6周目、ポルがついにミラーを捉え、最終コーナーでオーバーテイク。先頭に躍り出た。

 ポル、ミラーそしてオリベイラのトップ3の並びは変わること無くレースは最終ラップに突入する。しかしターン1でポルはインにつくことができず、ミラーが一気にオーバーテイク。トップが入れ替わった。

 そしてミラー、ポルのふたりは勝負の最終セクションに横並びで突入。だがミラーとポルが最終コーナーでワイドになってしまったところを、オリベイラが加速重視のラインドリで一気にインから刺し、そのままトップでチェッカー。キャリア初優勝を記念すべき最高峰クラス900戦目で記録した。またポルトガル人としてのMotoGPクラス初優勝でもある。

 2位はミラー、3位にはポル・エスパルガロが並んだ。なお赤旗中断前に首位を独走していたミルは、最終的に4位となった。

 中上は再スタート後は苦戦してしまい、7位でフィニッシュ。赤旗中断前は初表彰台はおろか初優勝の可能性も見えていただけに、悔やまれる結果となった。

Read Also:

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Portugal ミゲル オリベイラ 12         25
2 Australia ジャック ミラー 12 0.316       20
3 Spain ポル エスパルガロ 12 0.540       16
4 Spain ジョアン ミル 12 0.641       13
5 Italy アンドレア ドヴィツィオーゾ 12 1.414       11
6 Spain アレックス リンス 12 1.450       10
7 Japan 中上 貴晶 12 1.864       9
8 South Africa ブラッド ビンダー 12 4.150       8
9 Italy バレンティーノ ロッシ 12 4.517       7
10 Spain イケル レクオーナ 12 5.068       6

Moto2スティリア決勝:長島4位。首位ゴールのマルティン、コース外走行で優勝逃す

前の記事

Moto2スティリア決勝:長島4位。首位ゴールのマルティン、コース外走行で優勝逃す

次の記事

悔し過ぎる7位に中上貴晶、怒りと失望。赤旗後の苦戦は「新品タイヤが無かった……」

悔し過ぎる7位に中上貴晶、怒りと失望。赤旗後の苦戦は「新品タイヤが無かった……」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント スティリアGP
執筆者 永安陽介