MotoGPスペインFP3:中上貴晶、本領発揮のトップタイムでQ2進出! マルケス兄転倒

MotoGP第4戦スペインGPのフリー走行3回目が行なわれた。トップタイムをマークしたのは、LCRホンダの中上貴晶だった。

MotoGPスペインFP3:中上貴晶、本領発揮のトップタイムでQ2進出! マルケス兄転倒

 ヘレス・サーキットで行なわれているMotoGP第4戦スペインGP。予選組分けを決するフリー走行3回目が行なわれると中上貴晶(LCRホンダ)がトップタイムをマーク。Q2への直接進出を決めた。

 中上はこのセッション、唯一の36秒台となる1分36秒985をマーク。終盤のアタック合戦において、並み居るライダーを下してトップタイムとした。中上は初日に総合6番手をマークするなど好調ぶりを示していたが、2日目もそれは変わらなかった。なお彼は初日走行で新旧シャシーの比較を行なっており、旧型シャシーのフィーリングが良いものだったと語っていた。

 2番手タイムにはヤマハのファビオ・クアルタラロが入った。3番手にはホンダのテストライダーであるステファン・ブラドルが中上から0.041秒差で並んでいる。

 4番手にはスズキのジョアン・ミル。チームメイトのアレックス・リンスも10番手タイムでQ2へ揃って駒を進めている。

 なおレプソル・ホンダのマルク・マルケスは、終盤のアタックで自己ベストを刻んでいたラップでクラッシュ。時速約180キロメートルと速度の乗るターン7で転倒したマルケスは、そのままバリアへと衝突してしまった。

 昨年の右腕骨折から復帰を果たしたばかりでのクラッシュには、ガレージも騒然となったが、彼はクラッシュ後に立ち上がると右腕を動かし無事な姿を見せ、そのままピットへと戻った。なおその後、彼は検査のためメディカルセンターへと向かっている。

※追記 後にチームはマルケスがさらなる検査のため病院へ向かったと報告。ただしこれは予防的な措置でありマルケスが痛みなどを覚えているわけではないと記している。

 FP3までの総合トップ10が予選Q2に直接進出できることから、このセッションは毎回激しいタイムアタックが展開されるが、今回も非常にタイトな争いとなっており、トップタイムの中上から、7番手のフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)までがわずか0.10秒以内に収まる接戦となった。

 スペインGPで好調な走りを見せているアプリリアのアレイシ・エスパルガロはFP3でも5番手タイムをマーク。Q2直接進出となった。

 ドゥカティ勢ではフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)が最速の8番手タイム。彼は初日トップタイムだったが、FP3でのタイム更新は小幅なものに留まった。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Japan 中上 貴晶 19 1'36.985     164.177
2 France ファビオ クアルタラロ 18 1'37.010 0.025 0.025 164.135
3 Germany Stefan Bradl 18 1'37.026 0.041 0.016 164.108
4 Spain ジョアン ミル 20 1'37.036 0.051 0.010 164.091
5 Spain アレイシ エスパルガロ 16 1'37.049 0.064 0.013 164.069
6 Spain マーベリック ビニャーレス 22 1'37.083 0.098 0.034 164.012
7 Italy フランコ モルビデリ 20 1'37.083 0.098 0.000 164.012
8 Italy フランチェスコ バニャイヤ 20 1'37.136 0.151 0.053 163.922
9 France ヨハン ザルコ 20 1'37.157 0.172 0.021 163.887
10 Spain アレックス リンス 21 1'37.178 0.193 0.021 163.851

シェア
コメント
アプリリア衝撃の“スピード”にエスパルガロ兄驚愕!? ヘレス初日3番手で表彰台挑戦に現実味か
前の記事

アプリリア衝撃の“スピード”にエスパルガロ兄驚愕!? ヘレス初日3番手で表彰台挑戦に現実味か

次の記事

Moto3スペイン予選:鈴木竜生、”得意のヘレス”でポールポジションを獲得! 佐々木歩夢8番手

Moto3スペイン予選:鈴木竜生、”得意のヘレス”でポールポジションを獲得! 佐々木歩夢8番手
コメントを読み込む