KTM好調の鍵が“新型シャシー”だと思うのは間違い? オリベイラは“以前から強さあった”と主張

KTMは第7戦カタルニアGPで2021年初優勝を挙げパフォーマンスを上げている。彼らは新型シャシーを投入したタイミングで上向き始めたが、ミゲル・オリベイラは新型シャシーが“ゲームチャンジャー”なのではないと語った。

KTM好調の鍵が“新型シャシー”だと思うのは間違い? オリベイラは“以前から強さあった”と主張

 MotoGPの2021年シーズン、KTMは昨年まで享受していたコンセッション(優遇措置)適応の対象から外れ、ホンダやドゥカティ、ヤマハなどライバルと同じ条件で戦うことになった。

 KTMはシーズン序盤はしばらく結果の振るわないレースが続いた。しかし第6戦イタリアGPで新型シャシーを導入すると、ミゲル・オリベイラが2位を獲得。一気に調子を上向かせた。

 新型シャシーはミシュランのより柔らかくなった2021年のフロントタイヤでよく機能し、コーナーを脱出する上で効果を発揮することを目指して設計された。

 新シャシー導入後のオリベイラは好調が続いており、第7戦カタルニアGPでは今季初優勝。第8戦ドイツGPでも初日トップタイムを記録し、予選では2列目6番手を確保している。

 こうした結果からは新型シャシーに“革命的”な進化があったという見方が出ているが、オリベイラはこれを否定。小さな違いが最終的な結果の差を生んでいるのだと語った。

「KTMはいい仕事をしてくれていて、フレームは良い形で改善されている」とオリベイラは言う。

「どれくらいのモノかはわからないけど、個人的には新シャシーが全てとは思っていない」

「でも今のMotoGPでは細かな部分がとても重要になっていて、ライダーがそれらからどうやれば最大のパフォーマンスを引き出せるのかを理解することが、最終的な速さに繋がるんだ」

「現時点では他の皆より上手くできていると思う。でもそんなに大きなアドバンテージにはなっていない」

「新シャシーがKTMの命運を変えた、というのは間違った結論だ。みなさんは全てを分析できてはいないだろうからね。でも僕らは全てのセッションを分析している。凄くいいペースがあるし、多くのサーキットで速くなれるポテンシャルがある」

「色々なグランプリで僕らはフリー走行などで強さを見せていても、決勝では様々な理由で完走できなかったりもしていた。それがムジェロ戦で浮上したという“イリュージョン”に見せてしまっているんだ」

「でも実際にはそうじゃない。僕らはずっと影で仕事をしてきた。それムジェロで持ち込んだモノがゲームチェンジャーのように感じさせているんだろう」

「でもそうじゃない。(新シャシーが)助けにはなっていても、それだけが全てじゃないんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
MotoGPドイツ予選:ヨハン・ザルコ、初優勝の期待膨らむPP。アプリリア、復帰後初フロントロウ
前の記事

MotoGPドイツ予選:ヨハン・ザルコ、初優勝の期待膨らむPP。アプリリア、復帰後初フロントロウ

次の記事

PP獲得ヨハン・ザルコ「今から考えるのは楽観的すぎる」と初優勝チャンスにも慎重

PP獲得ヨハン・ザルコ「今から考えるのは楽観的すぎる」と初優勝チャンスにも慎重
コメントを読み込む