MotoGP
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
14 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
1 days
R
カタルニアGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
8 days
18 6月
-
21 6月
Canceled
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
71 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
78 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
92 days
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
106 days
R
アラゴンGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
121 days
02 10月
-
04 10月
次のセッションまで……
128 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
141 days
R
オーストラリアGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
149 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
155 days
R
アメリカズGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
170 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
次のセッションまで……
177 days
R
バレンシアGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
184 days

MotoGP中止なら「クアルタラロともう1年一緒にやりたい」とペトロナス・ヤマハ

シェア
コメント
MotoGP中止なら「クアルタラロともう1年一緒にやりたい」とペトロナス・ヤマハ
執筆:
2020/04/09 9:04

ペトロナス・ヤマハSRT代表のラズラン・ラザリは、MotoGPの2020年シーズンが中止となった場合、2021年もファビオ・クアルタラロを起用したいと語った。

 新型コロナウイルスの影響によって、MotoGPの2020年シーズンは開幕から8戦が延期、または中止となった。そしてレースがいつ再開されるかは現在も不透明な状況にある。

 またシリーズを運営するドルナ・スポーツは最悪の場合シーズン全体の中止も検討する必要があると語っている。

 こうしてMotoGPは非常に厳しい環境に置かれているが、仮に2020年シーズンが中止となった場合、ペトロナス・ヤマハSRTのチーム代表であるラズラン・ラザリは2021年もファビオ・クアルタラロを継続起用したいと考えているようだ。

 クアルタラロは2019年にMotoGPへデビューすると類まれな才能を示し、何度も優勝を争った。そして今年1月には2021年からヤマハファクトリーチームへ移籍することが発表された期待の若手ライダーだ。

「我々はドルナと2020年にレースが行なわれなければ、何が起こるかについて話し合っている」

 ラザリ代表はTMCblog.comに対しそう語った。

「レースがなかった場合何が起こるだろうか。我々は2020年と同じ契約で2021年を戦いたいと考えている。それが我々の目指しているものだ。昨年は良いマシン、良いライダーを持っていた。我々は彼らとともに勝ちたいのだ」

「少なくとも1勝か2勝で十分だ。だが理論的には我々はチャンピオンシップを争うことができる」

「2020年にレースが開催されないと仮定すると、誰もが2020年の契約を維持しようとすると私は考えている」

 一方ヤマハのチームマネージャーを務めるマッシモ・メレガリは、こうしたラザリ代表の考えについて聞かれた際、軽くあしらっている。

「それ(ラザリ代表のコメント)は私も読んだ」

「全く意味のないアイデアだと言うつもりはないが、仮に2020年シーズンがレースが無いまま終了したとしても、2021年は予定通り始まるだろう」

 メレガリに、それはクアルタラロの契約について話しているのかと尋ねると、彼は「まさに」と答えた。

 

Read Also:

次の記事
MotoGPバーチャルレース第2弾の参戦ライダーが公表。ロッシも名を連ねる

前の記事

MotoGPバーチャルレース第2弾の参戦ライダーが公表。ロッシも名を連ねる

次の記事

「リンス&ミルのコンビを長く続けたい」スズキ、ライダーラインアップ維持に腐心

「リンス&ミルのコンビを長く続けたい」スズキ、ライダーラインアップ維持に腐心
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ファビオ クアルタラロ
チーム Drive M7 SIC Racing Team
執筆者 Lewis Duncan