MotoGP フランスGP

MotoGPオファーは別格? ペトルッチ、WSBKテストと日程被りでも「断るなんて無理だよ!」

ドゥカティからMotoGP第5戦フランスGPで代役参戦するダニーロ・ペトルッチは、たとえWSBKのテストと日程が重なっていてもMotoGP参戦を断ることはできなかったと語った。

Danilo Petrucci, Ducati Team

 MotoGP第5戦フランスGPでは、ダニーロ・ペトルッチが古巣のドゥカティからエネア・バスティアニーニの代役として参戦する。彼は代役参戦の要請を断ることは不可能だったと語っている。

 ペトルッチは長年ドゥカティ陣営でMotoGPに参戦してきたが、2021年限りでMotoGPのシートを喪失。以降はWSBKなどに活躍の場を移した。

 2023年もドゥカティ陣営からWSBKを戦っていたペトルッチだが、第5戦フランスGPでバスティアニーニが怪我の回復のために欠場することになり、代役参戦の白羽の矢が立ったのだ。

 ペトルッチにとってはスズキから急遽代役参戦した2022年タイGP以来のMotoGP参戦となる。

 3年ぶりにドゥカティのMotoGPウェアに袖を通したペトルッチ。今回の代役参戦にあたっての所感を問われると、たとえWSBKのテストと日程が重なっていても、MotoGP参戦のオファーを断ることはできなかったと語った。

「またこういう事があるなんて、生きていて予想していなかった。でも昨年も本当にいろいろなことをやってきたからね」

「今回も凄く誇らしいし、嬉しいことだと思っている。前にドゥカティと一緒に勝利を挙げた場所だし、とてもいい思い出がある」

「このチャンスを与えてくれたドゥカティには本当に感謝している。テスト無しでレースウィークに飛び入るのは凄く難しいミッションになるだろう」

「でも昨年のタイGPに比べれば、少しは楽だろうね。タイGPはコース以外は何もかもが初めてのことだった」

「少なくとも今回は1回ブリーフィングをしているし、かなり良い基盤が整っている。3年前からさらに改善されているとしても、僕はチームのことやバイクのことを知っているんだ」

「スーパーバイクのライダー達は今ミサノでテストをしているけど、昨年の世界選手権を制したバイクに乗ってくれるかと頼まれたら、断ることなんてできないよ」

 なお前戦スペインGPでは、2021年以来のMotoGP参戦となったダニ・ペドロサ(KTM)が、決勝で7位を獲得して周囲を驚かせた。

 ペトルッチはペドロサのような走りを、ル・マンで行なうことは容易ではないと語る。

「そうなれば良いんだけど、ダニはダニだからね」

「彼はヘレスでは、かなり走り込んでいたと思う。ヘレスのダニから学ぶのは難しいよ」

「彼は裏庭を走っているようだった。僕もここル・マンでは3年連続で表彰台を獲得しているけど、今のMotoGPライダーは本当に速いからね」

「分かっている部分だと、僕が3年前に使っていたセットアップも使えるみたいだ。バイクもその方向で進んでいる」

「僕の体格のせいで、既に3年前から僕はそういったセットアップの方向に進んでいたんだ」

 なおペトルッチによると3年ぶりのドゥカティのマシンではあるが、シートのポジションも大きな問題はなかったということだ。

 初日のプラクティス1でペトルッチはペドロサのようにいきなりのトップタイム……とはならなかったが、19番手で最下位は免れている。

 
関連ニュース:

前の記事 バニャイヤ、マルケスのペナルティ巡る騒動に同情「FIMがミスったのだからね。マルクの復帰を喜ばないと」
次の記事 ジャック・ミラー絶好調、初日プラクティスを完全制覇! 復帰戦マルケス攻めの姿勢でQ2進出もビッグクラッシュ|MotoGPフランスP2

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本