MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
ドイツGP
18 6月
-
21 6月
Canceled
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
2 days
R
アンダルシアGP
24 7月
-
26 7月
次のセッションまで……
9 days
R
チェコGP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
22 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
29 days
R
スティリアGP
21 8月
-
23 8月
次のセッションまで……
37 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
57 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
65 days
R
カタルニアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
72 days
02 10月
-
04 10月
Canceled
09 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
86 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
92 days
R
アラゴンGP
16 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
93 days
R
オーストラリアGP
23 10月
-
25 10月
Canceled
R
テルエルGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
100 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
-
08 11月
次のセッションまで……
114 days
13 11月
-
15 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
121 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
Canceled

ロッシにもおすすめ! クアルタラロ「ペトロナス・ヤマハは素晴らしいチームだ!」

シェア
コメント
ロッシにもおすすめ! クアルタラロ「ペトロナス・ヤマハは素晴らしいチームだ!」
執筆:
協力: Oriol Puigdemont
2020/06/09 3:14

バレンティーノ・ロッシは来季の所属チームが決まっていないが、ファビオ・クアルタラロは自身の所属するペトロナス・ヤマハSRTが素晴らしいチームだとロッシに加入を勧める理由を語った。

 2020年1月にヤマハは2021年のライダーラインアップを発表。バレンティーノ・ロッシをファクトリーチームから降ろし、ファビオ・クアルタラロを加入させることを明かした。

Read Also:

 残念ながら新型コロナウイルスの影響によってシーズンが中断してしまったため、ロッシは自身のポテンシャルを確かめることができないままに、現役を続けるかどうかを判断せねばならなかったが、最終的に彼は現役続行の意思を示した。

 ロッシの来季の行き先はクアルタラロの昇格で空いたペトロナス・ヤマハSRTのシートが有力だ。まだ発表などは行なわれていないが、契約に近づいていると見られている。

 ロッシが現役を続ける場合には完全なファクトリーサポートが供給されるとヤマハは明言しているが、クアルタラロとしては現在自身が所属しているペトロナス・ヤマハSRTには、ロッシが加わるだけの価値があると考えている。

「このチームは“家族”と言えるだろう」

 クアルタラロはmotorsport.comの独占インタビューに、チームについてそう語った。

「僕は仕事をしている時、やるべきことに100%集中する人間だ」

「10時間フルでやらなくちゃいけなくても、問題はない。でもそれが終わった時、僕は仕事に戻らなくちゃいけない時まではブラブラしている。そのプロフェッショナリズムと良い感じのヴァイブスの組み合わせが僕らのチームを特徴づけているんだ」

「ファクトリーチームがどう取り組んでいるのかはわからないけど、僕らよりもプロフェッショナルだとは思えない」

 昨シーズンはルーキーながら表彰台7回、ポールポジションを6回獲得と非常に優秀な成績を残したクアルタラロ。ヤマハファクトリーチームのライダーを破ることも多々あった。

 そして当然クアルタラロには今シーズンも同じようなパフォーマンスを発揮することが期待されている。

 ただ彼はファクトリーチームのライダーに勝つことを重要視しているわけではないと語った。

「そのことが重要だとは言わないよ。なぜならファクトリーチームのふたりのライダーを倒すのは良いことだし、モチベーションも与えてくれるものだけど、珍しいことじゃないんだ」

「去年、僕はマシンのエンジン回転の上限が他のヤマハ勢より500rpm低かったし、カーボンフォークも始めは装備されていなかった。少しずつそれらを獲得していったんだ。僕の目標は、自分がファクトリーチームととても接近していて、時には上回ることを示すことだったんだ」

 

Read Also:

次の記事
「アプリリアかKTMに移籍したい」ドゥカティ放出のペトルッチ、希望は叶う?

前の記事

「アプリリアかKTMに移籍したい」ドゥカティ放出のペトルッチ、希望は叶う?

次の記事

なぜホンダはポル・エスパルガロを起用する? マルケス弟にとって悪い話ではない理由とは

なぜホンダはポル・エスパルガロを起用する? マルケス弟にとって悪い話ではない理由とは
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー ファビオ クアルタラロ , バレンティーノ ロッシ 発売中
チーム Drive M7 SIC Racing Team
執筆者 Lewis Duncan