表彰台逃す転倒リタイア、“予感“があった! アレックス・リンス「ミスで少しだけラインを逸れていた」

スズキのアレックス・リンスはMotoGP第18戦バレンシアGPで転倒リタイア。当時のライン取りがわずかに膨らんでいたため、転倒するかも知れないと思っていたと明かした。

表彰台逃す転倒リタイア、“予感“があった! アレックス・リンス「ミスで少しだけラインを逸れていた」

 MotoGP2021年シーズンの最終戦バレンシアGPで、スズキのアレックス・リンスは転倒リタイアで終了。彼はこの転倒には予感があったと語っている。

 リンスは決勝を2列目6番手からスタート。序盤から積極的にポジションを挙げる走りを見せ、6周目には2番手にまで浮上。プラマックのホルヘ・マルティンを追って表彰台を争っていた。

 その後ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤに追い抜きは許してしまったが、依然として表彰台圏内にとどまっており、イギリスGP以来の表彰台も期待された。

 しかしリンスは11周目にターン6で転倒。最終戦を苦い形で終えることとなった。

「バレンシアは、確かにアンラッキーなレースだったね」

 そう語るリンスだが、彼は当時の状況から、自身が転倒する可能性を予見していたという。

Alex Rins, Team Suzuki MotoGP crash

Alex Rins, Team Suzuki MotoGP crash

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

「こうした形でシーズンを終了させてしまったことは、とても残念だ。ペースは備わっていただけにね」

「僕はミスを犯した。少しだけラインを逸れてしまって、ワイドになっていた。良いラインをとれていなかったから、クラッシュする前にはその予感があったよ」

「でもそれが結果だ。それにペッコ(バニャイヤの愛称)とマルティンの後ろはかなり厳しかった」

「でもシーズンは終了した。ヘレステストに向かって、新バイクを試してみて、来年は戦えるかどうかを確かめたい」

 リンスの2021シーズンの転倒リタイアは、今回で5度目。そして、そのどれもが良いポジションを走行しているときに発生している。

 こうした”悪癖”を根治するために、オフシーズンで何ができるかを彼に訊くと、リンスは次のように答えている。

「重要なことは、何故クラッシュしたのかをボックスで分析し、その理由を見つけたことだ」

「最終的にどうなるかは分からないけど、今年の転倒からたくさんのことを学んで、来年に進んでいくんだ」

「(今回の転倒では)僕は適切なラインを進んでいなかった。ブレーキのかけ具合は良かったけど、ちょっとだけ傾けすぎていたんだ」

 リンスは2021年シーズンに99ポイントを獲得し、ランキング13位で終了。表彰台は1度のみと、厳しいシーズンとなった。

 なおチームメイトで2020年王者のジョアン・ミルは、ランキング3位。優勝はできなかったが表彰台獲得は6回とリンスを上回っている。

 
Read Also:

シェア
コメント
MotoGPを去るロッシに、16年共にした愛機YZR-M1がラブレター。タイトル4回、56勝を記録
前の記事

MotoGPを去るロッシに、16年共にした愛機YZR-M1がラブレター。タイトル4回、56勝を記録

次の記事

【MotoGPコラム】“46”がMotoGPから去った日……現役引退レースの「明るい終わり方」にロッシの象徴を見る

【MotoGPコラム】“46”がMotoGPから去った日……現役引退レースの「明るい終わり方」にロッシの象徴を見る
コメントを読み込む