ロッシのMotoGP『22年目』はあるのか? キャリア続行をシーズン中盤に判断

シェア
コメント
ロッシのMotoGP『22年目』はあるのか? キャリア続行をシーズン中盤に判断
2020/01/30 3:02

2021年から、ヤマハのファクトリーチームから外れることが決まったバレンティーノ・ロッシ。現役を続行するかどうか、シーズン中盤に判断することになる。

 MotoGPに参戦するヤマハは、ファビオ・クアルタラロと2年契約を締結。これにより、2021年からクアルタラロがファクトリーチーム入りすることとなった。

 ヤマハはすでに、マーベリック・ビニャーレスとの契約を更新しているため、バレンティーノ・ロッシは2020年シーズンが始まる前に、2021年のファクトリーチーム離脱が決まった形だ。

Read Also:

 とはいえ、世界選手権の最高峰クラス21年目を迎えるロッシの、今後の去就はまだ決まっていない。ロッシは2020年シーズン前半の競争力を評価してから、現役を続行するかどうか決めるようだ。

 これはヤマハとロッシが話し合いで決めたことであり、ロッシが現役続行を決断した場合、ヤマハはファクトリーバイクの供給とサポートの継続を約束している。

 ロッシは「今のライダー市場の状況から、将来について今年初めには答えを出すよう、ヤマハからお願いされていた」と、ヤマハのプレスリリースにコメントした。

「昨シーズン中にも言ったけど、僕としては決断を急がず、時間をかけて考えたいと思っている。ヤマハはそれを理解してくれて、進んでいた交渉をまとめた」

「僕の第一目標は、今季も競争力を高め、2021シーズンもMotoGPライダーを続けることなんだ。そのためには、サーキットでのレースでしか得られない答えが必要なんだ」

「僕が参戦継続することに決めた場合、ヤマハはファクトリー仕様のバイクと、ファクトリー契約を用意してくれている。ヤマハの全面サポートに感謝だ」

「まずは最初のテストで、チームと一緒にいい仕事をするためにベストを尽くし、シーズン開幕に備える」

 ヤマハのマネージングディレクターであるリン・ジャービスは、ロッシの決定を”全面的に尊重する”と語った一方、ドゥカティが獲得に動いていたとされるビニャーレスとクアルタラロを確保しておく必要があったという。

「2020シーズンの競争力を評価してから、2021年について決定するというロッシの決断を、我々ヤマハは全面的に尊重する。ロッシの才能、2020シーズンの競争力には十分期待できるが、ヤマハとしても今後の方針を立てる必要がある」

「昨今、MotoGPには6メーカーが参戦しており、若く速いライダーが求められている。そのため、ライダーとの契約は以前よりも早まっているのが実情だ。2021年のファクトリーチームにロッシの名前がない状態でシーズンをスタートするのは違和感があるが、ヤマハとしては彼の決断を待ちたいと思う」

 もしロッシが引退を決断した場合、ヤマハはロッシのVR46ライダーアカデミーやマスターキャンプとのコラボレーションを”拡大”していくと語った。

「ロッシが引退を決めた場合は、ブランドアンバサダーとしてヤマハVR46マスターキャンプの若手ライダー育成の活動等、ヤマハとの関係を継続、拡大していく予定だ」

「いずれにせよ、すべては未定だ。2020年シーズンはもうすぐ始まる。彼が最終的にレザースーツを脱ぐ時まで、100%サポートしていくことを保証する」

Read Also:

次の記事
ファビオ・クアルタラロ、2021年からヤマハファクトリー入りが決定。2年契約を締結

前の記事

ファビオ・クアルタラロ、2021年からヤマハファクトリー入りが決定。2年契約を締結

次の記事

バレンティーノ・ロッシ、ヤマハ・ファクトリーとの契約終了が意味するモノ

バレンティーノ・ロッシ、ヤマハ・ファクトリーとの契約終了が意味するモノ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー バレンティーノ ロッシ 発売中
チーム Yamaha Factory Racing